Select Language

【Panasonic】巾着田を撮る。

[ Category: Panasonic|掲載日時:2019年10月12日 09時00分]


日高市内を流れる清流、高麗川(こまがわ)の蛇行により長い年月をかけてつくられ、
その形がきんちゃくの形に似ていることから、巾着田(きんちゃくだ)と呼ばれるようになりました。

ここ数年、通い続けて少しワンパターン化してきてしまったかな。
と思い行くのを躊躇していたのですが
そういえばまだやったことがない事がある、と思って今年も行ってきました。

というわけで
Panasonic GH5 x LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8
焦点距離: 560mm 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200


2019 巾着田を超望遠で撮る です。



使用機材は
Panasonic GH5 x LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8
+ DMW-TC14 です。

35mm判換算 400mm、テレコンを付けて 560mm。
今までは中望遠135mmで撮るのが一番長い焦点距離でした。
というか超望遠自体が初めての試み。
というわけで最後の最後まで感覚を掴めたのか掴めていないのかわからない作例ばかりですが、ご参考程度にご覧ください。

一枚目はテレコン付き 開放での撮影。
さすがは超望遠といったところでしょうか。
前ボケ、後ボケどちらもすごいです。

Panasonic GH5 x LEICA DG ELMARIT <br />
200mm F2.8
焦点距離: 560mm 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:200


500万本。
巾着田に咲いているという曼珠沙華の数です。

私達人間の目線から見ると赤い絨毯のように見えるのですが
少ししゃがんで同じ目線になると、背の高さがそれぞれ違うのがわかります。
その目線から少し背が高かったり陽が射して輝く一輪だけを見つけて撮るのが好きです。
目線を変えるだけでこの赤の世界を作り込む一輪一輪の個性が見えてきます。

しかしこれほど黒バックが映える、というか雰囲気に合う花というのも面白いです。
「地獄花」、「幽霊花」など異名が多いこの花。
初めて見た時は自分の「花」のイメージからはかけ離れていて驚きました。
こうして撮っているとそんな異名も妙に納得してしまうのが不思議です。

Panasonic GH5 x LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8
焦点距離: 560mm 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:200


この子はまだ花咲く前。
この子が咲くころには周りは枯れてしまっているのか。。と
1人少しさびしい気持ち。

超望遠で最短撮影距離から大ボケを出すのもいいですが
足を踏み込むことの出来ない世界を切り撮る、これがとても楽しいです。
こればかりは望遠、超望遠でしか見れない世界だからです。

Panasonic GH5 x LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8
焦点距離: 560mm 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:200


Panasonic GH5 x LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8
焦点距離: 560mm 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:200


まるで五線譜のような蜘蛛の巣。
妖しい世界への雰囲気作り、ではないですが曼珠沙華と蜘蛛の巣は妙に合います。
人の立ち入れない世界、こういうとさらに妖しい雰囲気です。

Panasonic GH5 x LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8
焦点距離: 560mm 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:200


Panasonic GH5 x LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8
焦点距離: 560mm 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:200


ちなみにこのレンズ。
フードを付けた状態でフルサイズのナナニッパ(70-200mmF2.8)相当のサイズ。
マイクロフォーサーズにしてフルサイズのナナニッパを携帯する、と考えるととても大きく重く感じるかもしれません。
が、しかしフルサイズの600mmF4のサイズを見直すと、「。。。あぁ、小さいんだ。」と1人納得してしまいました。
600mmF4クラスの重量は約4㎏。
かたや LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8はフード、テレコン含め約1.4㎏。
重さ約三分の一くらいで、軽く感じてきます。
実際しゃがんだ時の長さは気になりましたが(フード付きだとしゃがむと地面に当たる)ずっと肩掛けストラップで持ち歩けました。

Panasonic GH5 x LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8
焦点距離: 560mm 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/450秒 / ISO:200


超望遠というとプロ、上級者向け。のようなイメージを持っている方は少なくないと思います。
正直私も「敷居が高い」と思っていました。
でも今は超望遠域もなるべくサイズや重量を抑えて挑む方法がいくつもあるなぁと気づきました。

今回の私のようにマイクロフォーサーズに200mmF2.8とテレコン。
LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4.0-6.3なら換算800mmも可能です。
ただ、まず初めてみたい。という方には
APS-Cセンサーのカメラにコンパクトな70-300mm、100-400mmを付けるのが現実的で理想的かもしれません。
Panasonic GH5 x LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8
焦点距離: 560mm 絞り:F7.1 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200


超望遠でしか見れない世界。
楽しくてハマってしまうと危険なジャンルだと思って手を出さずにいたのも本音です。

一度この世界を覗いてしまった人がこれからどうなるのか、
それはまた別のお話、、、







[ Category: Panasonic|掲載日時:2019年10月12日 09時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!17票


Panasonic LUMIX DC-GX7MK3 + Panasonic LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2 ASPH. POWER O.I.S.

【街で見つけた形にフォーカス】光と影が織りなすかたち【Panasonic】[2020年01月09日]

形にも様々なものがあります。 マル・サンカク・シカクと言った人工的な幾何学模様や、 どの形にも属さない少し歪な自然の形。 形を探しながら撮影するというのは童心に帰った気分で、 中々楽しいものです。 今回は光の形。 目に見えているようで、見えていない様な形に少し注目して見ようかと思います。 駐輪している自転車をモノクロで撮影。 明暗差が車輪に一本の線を作り出して...
続きを読む
【Panasonic】 LUMIX S1H特集Vol.3l

【Panasonic】 LUMIX S1H特集Vol.3 「LUMIX DC-GH5SとS1Hを検証」[2019年12月22日]

  LUMIX S1H特集の第三弾 今回はLUMIX DC-GH5SとS1Hの検証動画となります。 記録方式:MOV形式、4K [3840×2160]、29.97p、400Mbps(4:2:2,10bit ALL-I)、S1H V-Log /GH5S V-Log L Log撮影とは Log撮影をする事で通常の撮影ガンマに比べて幅広いダイナミックレンジを得ることができ、色の再現域も広く記録出来ます。この特徴を活かして編集時のグレーディングと合わせることで、制作者のイメー...
続きを読む
GM5

【Panasonic】LUMIX G 20mm F1.7 と行く三都物語【カメラを愉しむ vol.7】[2019年12月21日]

仕事の休憩中に『京都で紅葉の撮影がしたい!』 そんな衝動に。 しかしながらカメラも自宅、着替えも自宅、車も自宅。 一度○○をしたいと考えると実現しなくては気がすまない性格の私は、休憩時間が終わるまでに「中古カメラ」と「深夜バス」の予約を済ませておりました。 そこでセレクトした機材は『Panasonic GM5』と『Panasonic LUMIX G 20mm F1.7(初代)』。 使いたい時だけ中古...
続きを読む
【Panasonic】 LUMIX S1H特集Vol.2「6Kを活用しよう!6K撮影のメリットとは?」

【Panasonic】 LUMIX S1H特集Vol.2「6Kを活用しよう!6K撮影のメリットとは?」[2019年12月02日]

今回紹介する「LUMIX S1H」は、従来の4K動画よりも大きい解像度「6K」での撮影に対応しました。 6Kカメラと聞くと「6Kも解像度は必要か?」と言った考えを持つ方も多いのではないでしょうか。 実際、4Kカメラが一般化した現在も我々が目にするテレビ番組・WEB動画・Blu-ray等の動画コンテンツはフルHD(1920x1080px)が多く使われています。 しかし、納品フォーマットがフルHDであっても制作者の...
続きを読む
【Panasonic】 LUMIX S1H特集Vol.1「シネマクオリティを個人でも」

【Panasonic】 LUMIX S1H特集Vol.1「シネマクオリティを個人でも」[2019年11月18日]

皆様は動画撮影をどのように楽しまれているでしょうか。 動画撮影をされる方の多くは憧れの作品や「こんな感じの映像を作りたい!」など目標にする映像作品があると思います。 その中でも映画のような映像を目指して撮影する方も多いのではないでしょうか。 しかし、映画撮影に使われるシネマカメラは高嶺の花、民生機でいかにして映画らしさを表現するか・・・ そんな中「シネマクオリティ」...
続きを読む