Select Language

【Nikon】15年目のフラッグシップ

[ Category: Nikon|掲載日時:2019年10月06日 20時00分]

先日ニコンより、デジタル一眼レフカメラ「D6」の開発が発表されました。
発売時期、販売価格などの詳細は未定とされていますが、来年のオリンピックに向けて登場することは間違いないでしょう。
そんな楽しみなニュースですが、別の意味で驚きもありました。

昨年登場したフルサイズミラーレスのZシリーズ。
性能にこだわった「S-Lineレンズ」の相次ぐ投入により、ニコンの主軸はミラーレスに移行してしまったと感じていたからです。
思い出されるのは今から15年前。そうフィルム一眼レフカメラの「F6」の登場を聞いた時と似た感覚なのです。FもDも共に「6」というのも何かの縁なのでしょうか?

2004年10月22日に発売されたNikon F6。今では唯一の現行フィルム一眼レフAFカメラで、間も無く15年目を迎えるロングセラーモデルです。
当時のデジタルカメラはというと、コストパフォーマンスの高いD70が発売されたデジタルカメラの成長期。翌年1月には1240万画素のD2Xも登場し高画素化も一気に進んだ時代です。フィルムカメラの衰退の想像は容易で、F6の登場には誰もが驚きました。
と言いつつ、そのF6を手にしてしまうのですが…。

前置きが長くなりましたが、もうすぐ15歳の誕生日を迎えるF6を久しぶりに使ってみました。

いざ出掛けようと、防湿庫の扉を開けると悲しい出来事が…。
「レンズが無い!」
ここ数年、デジタルカメラしか使っていなかったので、そのシステムに合わせレンズも入れ替えてしまったのです。
所有レンズの大半が電磁絞り機構搭載の”Eタイプ(F6非対応)”になっていた中で、唯一残っていたのが高倍率ズームの「AF-S NIKKOR 28-300mm F3.5-5.6G ED VR」でした。


Nikon F6 +AF-S 28-300mm

一見、アンバランスな組み合わせに見えますが、レンズを選ばないF6の握りやすいグリップと、ズーム幅の広い速写性から相性はバッチリ!使い勝手は最高でした。

撮影は近くのお寺で満開の彼岸花を撮影しました。
現像に出して数日後、今度はブログに掲載するため、フィルムから画像をデータ化する作業が待ってます。
最近はフィルムをデジタルカメラで撮影してデータ化する便利な「フィルムデジタイズアダプター ES-2」が発売されていますが、ここでデジタルカメラを使ってしまったら、「最初からデジタルカメラで良かった…」となってしまうので、ここはあえてフィルムスキャナーで取り込みます。

F6登場時の純正スキャナーの「Nikon SUPER COOLSCAN 5000 ED」(2003年11月発売)
添付のドライバーソフトは現OS(64bit)に非対応、既にサポートも終了しているため、スキャンソフト「VueScan 9」で使用しました。


VueScan


Photoshop等に直接取り込めない不便さはありますが、ネガフィルムのプリセットも豊富に用意されており、使いやすいソフトです。
期限切れのフィルムでもちゃんと写っていてホッとしました。



Nikon F6 +AF-S 28-300mm
焦点距離:180mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/50秒 / 使用機材:Nikon F6 + AF-S 28-300mm F3.5-5.6G ED VR


F6は標準装備のマルチコントロールバックで、フィルムのコマ間に焦点距離やF値などの撮影設定の記録を残すことができます。
フィルム画像を振り返る際、これが本当に便利で、この機能があるからこそ未だ使い続けられていると言っても過言ではありません。



Nikon F6 +AF-S 28-300mm
焦点距離:72mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/13秒 / 使用機材:Nikon F6 + AF-S 28-300mm F3.5-5.6G ED VR


黄色や白い花も見られました。フィルムならではの独特なトーンがノスタルジーさを演出します。



Nikon F6 +AF-S 28-300mm
焦点距離:300mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/10秒 / 使用機材:Nikon F6 + AF-S 28-300mm F3.5-5.6G ED VR


彼岸花が密集する場所には入れないため、歩道から望遠で狙います。強力な手ぶれ補正と300mmの超望遠が大活躍です。



Nikon F6 +AF-S 28-300mm
焦点距離:300mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/60秒 / 使用機材:Nikon F6 + AF-S 28-300mm F3.5-5.6G ED VR


アゲハチョウが飛んでいたのでこれを狙うも、シャッター速度が追いつかず被写体ブレに。
デジタルカメラに慣れすぎてしまうと、高感度でシャッタースピードが稼げないのが唯一の弱点でしょうか。



Nikon F6 +AF-S 28-300mm
焦点距離:170mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/640秒 / 使用機材:Nikon F6 + AF-S 28-300mm F3.5-5.6G ED VR


コスモスも咲いていたので1枚。なかなか綺麗なボケ味です。

撮り直しが可能なデジタルカメラと比べ、1枚1枚が勝負のフィルムカメラで撮影すると36枚撮り1本でも十分な満足感が得られます。
写真の腕は別として、写りも上々。フィルム撮影の楽しさが十分に味わえました。

F6のカタログに書かれていた「その価値は時代を超えて、受け継がれて行く」のキャッチフレーズ。
15年経ったこれからも続くことでしょう。



今回の使用機材はこちら







〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: Nikon|掲載日時:2019年10月06日 20時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!23票


D610 24-85mm

【Nikon】新しい地図のつくりかた Vol.1 地下神殿[2019年11月12日]

秋になり、過ごしやすくなりました。 普段なら行かないような場所も、不思議と行きたくなります。 今回は普段行かないような、とある施設に行ってきました。 その施設とは・・・ 〈首都圏外郭放水路〉 通称、地下神殿とも呼ばれています。 今回はこの施設の見学ツアーに参加してきました。 首都圏を洪水から守るために作られた施設として近年話題になっています。 いくつかのツアー...
続きを読む
F2

【Nikon】大事にしているフィルムカメラのこと[2019年11月10日]

Nikon F2が手元にあります。 しばらく使っていなかった為、動きが悪くなってしまっていましたが調整に出してみたところ、快調に動くようになりました。 レンズはAi Nikkor 50mm F1.4S、フィルムはコダックのモノクロフィルムを愛用しています。 使用する頻度は高くはありませんが、旅行する際には必ず持って行き撮影を楽しんでいます。 目についたちょっとしたことを撮っています ...
続きを読む
D610 24-85mm

【Nikonの話】フルサイズカメラを持って海の上に散歩に出る話[2019年11月06日]

鳥を撮りに行きませんか! 羽ばたく鳥を撮影してみませんか! それも触れるくらい間近で!! 久しぶりに千葉の港に散歩に来てみました。 千葉市は私が住んでいるところからは少し離れたところになりますが 大きな公園や立ち寄れる飲食施設などが充実しているので時々散歩に立ち寄る街になります。 さて、千葉の港は日本一なのです! といっても、あまりイメージが湧かないかもしれませ...
続きを読む
Nikon  Z50 体験レポート

【Nikon】Z50 体験レポート in ニコンプラザ新宿[2019年10月29日]

マップカメラから徒歩約5分の場所にある「ニコンプラザ新宿」に11月22日発売予定の『Z50』が先行展示されているとの情報を聞きつけ、さっそく新製品を見に行ってきました。 展示台の上に乗せられた「Z50」を見て思わず出た第一声は「小さっ!」既に公表されていたスペックから、小さいという情報は得ていたものの、実際に目にするとその小ささに驚きます。 Zシリーズの小型版というよりは、Nik...
続きを読む
【飛行機を撮ろう】航空科学博物館でパイロット気分

【飛行機を撮ろう】航空科学博物館でパイロット気分[2019年10月23日]

飛行機撮影と聞くと大きな望遠レンズが必要なイメージがありますが、今回訪れた場所は標準レンズでも十分に飛行機撮影が楽しめる場所です。 今年8月にリニューアルした「航空科学博物館」は、成田空港のA滑走路の南側にあり、滑走路と並行するエントランスには滑走路と同じ「34L」表示があります。誰も見てなければ、思わず両手を広げて走りたくなる場所です。 さっそく館内に入ってみましょう。...
続きを読む