Select Language

【Leica】Silky Monochrome

[ Category: Leica|掲載日時:2019年10月08日 15時00分]



Leica (ライカ) Mモノクローム(Typ246)+MS-Optics(エムエスオプティックス) SONNETAR M73mm F1.5 MC
M Monochrome(Typ246) + MS-Optics SONNETAR M73mm F1.5 MC


絹のような、と言い表すのが適切でしょうか。
滑らかで情緒たっぷりな描写が魅力のレンズ。
今回お届けするのは宮崎光学のSONNETAR M73mm F1.5です。

Leica (ライカ) Mモノクローム(Typ246)+MS-Optics(エムエスオプティックス) SONNETAR M73mm F1.5 MC
M Monochrome(Typ246) + MS-Optics SONNETAR M73mm F1.5 MC

持ち出す前に簡単に試写した際に
これはモノクロの方が映えそうだという事でM Monochrome(Typ246)をチョイスしました。
光と影が織りなす何気ない一枚を撮影して、やはり正解であったなと独り言ち。

Leica (ライカ) Mモノクローム(Typ246)+MS-Optics(エムエスオプティックス) SONNETAR M73mm F1.5 MC
M Monochrome(Typ246) + MS-Optics SONNETAR M73mm F1.5 MC

佳いレンズで写真を撮っているとさながら美味しい日本酒を飲んでいる様だなあと感じる事があります。
シャドウが締まりすぎず穏やかなコントラスト、細やかに線を描き込みつつハイライトは伸びやかで気持ちよくフレアを纏います。

Leica (ライカ) Mモノクローム(Typ246)+MS-Optics(エムエスオプティックス) SONNETAR M73mm F1.5 MC
M Monochrome(Typ246) + MS-Optics SONNETAR M73mm F1.5 MC

旨みとフルーツの様な薫り、多少のえぐみを含みつつ軽やか。
冷やして飲むと美味しい、そんな吟醸酒を彷彿とさせるレンズです。

Leica (ライカ) Mモノクローム(Typ246)+MS-Optics(エムエスオプティックス) SONNETAR M73mm F1.5 MC Monochrome(Typ246) + MS-Optics SONNETAR M73mm F1.5 MC

SONNETARの名前にあるようにSonnar(ゾナー)タイプの構成をとっている本レンズですが
このタイプのレンズに多い、ピント面を抜けたところから急速にボケていくというクセがあまり強くなく
前後共にボケが大変美しいレンズであると感じます。

Leica (ライカ) Mモノクローム(Typ246)+MS-Optics(エムエスオプティックス) SONNETAR M73mm F1.5 MC
M Monochrome(Typ246) + MS-Optics SONNETAR M73mm F1.5 MC

絞りを開けた状態だと軟調でピント面も柔らかい一面を持ちますが
冒頭の写真しかり、少し絞ってやるとかなりスッキリとした描写になります。
このあたりの二面性は宮崎光学のレンズにはよくあるのですが、
その中でもモダンとクラシックの両立が高いレベルで楽しめるレンズだなと感じます。

なんとなくレンズの素性が見えてきたところで今回は締めさせていただきます。
次回はカラーでも撮影してみたいと思わせてくれる一本でした。
それではまた。





〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: Leica|掲載日時:2019年10月08日 15時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!6票


ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.4「50mmノ比較 その①」[2019年11月05日]

We are Summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十...
続きを読む
null

【Leica】北欧への旅[2019年11月02日]

9月中旬に北欧へ旅行に行ってきました。 中判カメラをもっていこうとも考えたのですが7日間の旅行ということもありなるべくコンパクトにと、 M9-PとズマロンM35mm F2.8、ズマロン M28mm F5.6のレンズ2本をもっていきました。 最低気温が一桁まで下がり非常に寒い朝でしたが天気が良く、 ヘルシンキで宿泊したホテル前の公園から綺麗なグラデーションの朝焼けが見れました。 ヘルシ...
続きを読む
ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.3 ~繋がる夢~[2019年10月29日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の...
続きを読む
hektor7.3cmf1.9

雨ときどき曇り、迷子の日[2019年10月25日]

街でも木の葉は色づき、黄昏も徐々に 黄金色から朱みを帯びてまいりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 さて、秋色を語った手前ではございますが 撮り貯めたモノクロフイルムが ちょうど収穫時だったようなので この度は豊穣祭のかわりとして 全篇白黒でお送りしたいと存じます。 またお付き合いいただけると幸いです。 どちらかという...
続きを読む
ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.2 ~Apochromat~[2019年10月22日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性...
続きを読む