Select Language

【Leica】Silky Monochrome

[ Category: Leica|掲載日時:2019年10月08日 15時00分]



Leica (ライカ) Mモノクローム(Typ246)+MS-Optics(エムエスオプティックス) SONNETAR M73mm F1.5 MC
M Monochrome(Typ246) + MS-Optics SONNETAR M73mm F1.5 MC


絹のような、と言い表すのが適切でしょうか。
滑らかで情緒たっぷりな描写が魅力のレンズ。
今回お届けするのは宮崎光学のSONNETAR M73mm F1.5です。

Leica (ライカ) Mモノクローム(Typ246)+MS-Optics(エムエスオプティックス) SONNETAR M73mm F1.5 MC
M Monochrome(Typ246) + MS-Optics SONNETAR M73mm F1.5 MC

持ち出す前に簡単に試写した際に
これはモノクロの方が映えそうだという事でM Monochrome(Typ246)をチョイスしました。
光と影が織りなす何気ない一枚を撮影して、やはり正解であったなと独り言ち。

Leica (ライカ) Mモノクローム(Typ246)+MS-Optics(エムエスオプティックス) SONNETAR M73mm F1.5 MC
M Monochrome(Typ246) + MS-Optics SONNETAR M73mm F1.5 MC

佳いレンズで写真を撮っているとさながら美味しい日本酒を飲んでいる様だなあと感じる事があります。
シャドウが締まりすぎず穏やかなコントラスト、細やかに線を描き込みつつハイライトは伸びやかで気持ちよくフレアを纏います。

Leica (ライカ) Mモノクローム(Typ246)+MS-Optics(エムエスオプティックス) SONNETAR M73mm F1.5 MC
M Monochrome(Typ246) + MS-Optics SONNETAR M73mm F1.5 MC

旨みとフルーツの様な薫り、多少のえぐみを含みつつ軽やか。
冷やして飲むと美味しい、そんな吟醸酒を彷彿とさせるレンズです。

Leica (ライカ) Mモノクローム(Typ246)+MS-Optics(エムエスオプティックス) SONNETAR M73mm F1.5 MC Monochrome(Typ246) + MS-Optics SONNETAR M73mm F1.5 MC

SONNETARの名前にあるようにSonnar(ゾナー)タイプの構成をとっている本レンズですが
このタイプのレンズに多い、ピント面を抜けたところから急速にボケていくというクセがあまり強くなく
前後共にボケが大変美しいレンズであると感じます。

Leica (ライカ) Mモノクローム(Typ246)+MS-Optics(エムエスオプティックス) SONNETAR M73mm F1.5 MC
M Monochrome(Typ246) + MS-Optics SONNETAR M73mm F1.5 MC

絞りを開けた状態だと軟調でピント面も柔らかい一面を持ちますが
冒頭の写真しかり、少し絞ってやるとかなりスッキリとした描写になります。
このあたりの二面性は宮崎光学のレンズにはよくあるのですが、
その中でもモダンとクラシックの両立が高いレベルで楽しめるレンズだなと感じます。

なんとなくレンズの素性が見えてきたところで今回は締めさせていただきます。
次回はカラーでも撮影してみたいと思わせてくれる一本でした。
それではまた。





〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: Leica|掲載日時:2019年10月08日 15時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!19票


ライカ ブティック 7周年

LEICA Boutique ~MapCamera Shinjuku~ 7th Anniv.[2020年02月20日]

ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン7周年を迎えることとなりました。 これもひとえに、たくさんのお客様のご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一同一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 今回、7周年の感謝を込めて、...
続きを読む
【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~

【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~[2020年02月18日]

皆さま、こんにちは。 MapCameraの店舗のある新宿は暖かいなぁと感じる日がだんだんと多くなってきました。 さて、今回はLeica M10-PとNOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VMを使って写真を撮ってきました。 VMとはVoigtlander Mマウントの略です。 VoigtlanderのBessaシリーズをはじめとしてM型ライカのカメラにも装着することが出来ます。 まずは開放F1.5。優しいピント面からなだら...
続きを読む
【Laica】ひだまりの暗箱、詠う蛹

【Leica】ひだまりの暗箱、詠う蛹[2020年02月15日]

のぼる朝日は靄を帯びて、 窓からのぞく歩道は白く歪んでみえます。 鼻をすする声と軽快な足音が入り混じる街は 少し早めの春の訪れを感じさせます。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 この度はライカブティック 7周年にあやかりまして 7枚の御手と少しのおまけを 撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 『愛昧』 さて、いきなりで大変恐縮ですが ...
続きを読む
Leica(ライカ) R9 アンスラサイト + Leica(ライカ)ズミクロン R50mm F2(ROM) + Kodak Ektar100

【Leica】手放せないカメラはありますか。[2020年02月08日]

2月に入り東京もグッと寒さが増してきました。 カメラを握る手も悴みます。 唐突ですが皆さんはフイルムカメラを使用しますか。 私は初めてカメラを持った時からデジタルでしたので、デジタルカメラの方が馴染み深いです。 たまの気分転換や、長く記録に残したいものがある時にフイルムを使用することはあります。 気分転換という意味で言うと、フイルム写真は出来上がりを見るまでの緊張感が格...
続きを読む
日常の気配

【Leica】日常の気配[2020年02月07日]

最近、心身ともに健康になりたく乗馬を始めました。 馬はかなり敏感な動物で、ちょっとした音にもすぐ驚きます。 感覚が鋭い故に馬は人の気配を感じ取って動くそうです。 かなり空気の読める賢い動物なんですね。 わたしたち人間も気配を感じ取ることができますが、 みなさんどうですか、最近"気配"感じ取ってますか? わたしは特に代わり映えのない日をなんとなく過ごして 「やっ...
続きを読む