Select Language

『逍遥』PENTAX 67

[ Category: PENTAX RICOH|掲載日時:2019年10月16日 11時00分]





『逍遥』PENTAX 6×7


『逍遥(しょうよう)』とは、気ままにぶらぶら歩くこと、
つまりは散歩です。

たとえば、天気の良い日に洗濯物を干していて、ふと出かけたくなり、ちょっとそこまで散歩をする。

こういったことを『逍遥』と呼ぶのだと個人的に解釈しています。

散歩よりもちょっとかっこいい存在です。

今回は筆者が『逍遥』に持ち出したカメラ、
PENTAX67をご紹介します。




ウッドグリップがあるとよりどっしりとした印象を受けます。
少し重量が増えますが、
このカメラ自体非常に重たいので、この際あまり気になりません。




このカメラはファインダーの覗き窓が金属で出来ており、
メガネに大きなダメージを与えてしまいます。
筆者は別売りのラバーアイカップをつけて、防いでいます。

今回は、主にsmc PENTAX 67 90mm F2.8を付け、
Kodak PORTRA 400を使用してみました。

海に行きたい!という強い気持ちがあったため、
予備のフィルムももちろん待っていきました。


PENTAX 67 + smc PENTAX 67 75mm F4.5


出陣前に、待ちきれずに一枚。
こちらはsmc PENTAX 67 75mm F4.5をつけて撮影したものですが、
硬すぎず、ほど良いボケを映し出してくれました。


PENTAX 67 + smc PENTAX 67 90mm F2.8


念願の海です。
9月の由比ガ浜海水浴場は、じりじりと暑くまだ海で遊ぶことができる気候でした。


PENTAX 67 + smc PENTAX 67 90mm F2.8


海を見て嬉しくなり、ついついシャッターを切ってしまいます。


PENTAX 67 + smc PENTAX 67 90mm F2.8


ゆるやかなボケが大変気持ちよく映りました。
今回使用した、90mmのレンズは35mm判でいえば約44mmと海を写真に収めるのにちょうど良い選択であったと感じます。


さて、由比ガ浜について数十分でフィルム1ロール(10枚)を使い切ってしまいました。
残すところフィルムはあと2本。


PENTAX 67 + smc PENTAX 67 90mm F2.8


古いレンズながらも、服のしわまでしっかりと描写しています。


PENTAX 67 + smc PENTAX 67 90mm F2.8


少し日が傾き始めたころ、江ノ島に向かいました。


PENTAX 67 + smc PENTAX 67 90mm F2.8


気配を感じブロック塀を覗き込むとそこにはふわふわとした何かが!
海とともに写真に残したかった、かわいらしいねこです。
ふわふわとした毛の描写、立体感、非常によく描写されています。


PENTAX 67 + smc PENTAX 67 90mm F2.8


日が暮れてくると饅頭屋さんの湯気も雰囲気を放ちます。


PENTAX 67 + smc PENTAX 67 90mm F2.8


最後の一枚は夕日を収めたいと思っていました。
階調豊かに情景を映し出しています。

今回はちょっとそこまでのつもりだったのですが、しっかりと丸一日楽しんでしまいました。
しかし、そんな『逍遥』も良いのかもしれません。


今回の反省点としては、120mmフィルム3本では足りなかったということに尽きます。

皆さまも中判カメラを持ち出す際には充分なご準備を。


▼今回使用した機材はこちら▼





〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓



[ Category: PENTAX RICOH|掲載日時:2019年10月16日 11時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!35票


pentax k-7

【街で見つけた形にフォーカス】我が街【PENTAX】[2020年01月10日]

『形にフォーカス』ということで、愛機片手に街に繰り出しました。 街に到着して早速、面白い光景を目にしました。7色の光が壁に。今日の撮影は幸先がいい!とテンションが上がります。 昔からドラム缶は形としてのパワーが強い。なんだかホッとする形状です。 ビルの先端に大きな丸い穴。昔からなんでこんな穴があいているのか不思議に思っていました。写真を見るとパラボナアンテ...
続きを読む
大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-

大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-[2019年12月03日]

PENTAX67、通称"バケペン"と呼ばれるこのカメラ。 一眼レフカメラをそのまま巨大化させたフォルムがまるで お化けの様だと例えられ、長く愛される6x7の中判機。 その中でも今回取り上げる67IIは、 AEファインダーと併用する事によって絞り優先モードの 使用が可能なところが最大のポイント。 これが実際に使ってみると…「コレ無くしては…!」と考えてしまう程に テンポ良く速写が可能...
続きを読む
Pentaxlx

【11月30日はカメラの日】父の使ったフィルムカメラ PENTAXLX[2019年11月23日]

11月30日はカメラの日という事で、 私が紹介するカメラはPENTAX LXです。 ふと、昔父の使っていたカメラが実家の屋根裏にあるのではないかと探してみたところ、 長い事使われておらず埃を被った状態のフィルムカメラ、PENTAX LXを見つけました。 フィルムの入れ方も知らなかった私ですが、このカメラで撮影をしてみたいと、 近所でフィルムとボタン電池を買い、初めてのフィルムカメラ...
続きを読む
THETA V

【RICOH】地下探検 THETA V[2019年10月20日]

本日は、我が愛機と共にとある地下道へと散策してきました。 緊張した面持ちでいざ地下道探検に出発です。 地下道に入るとそこは別世界。 天井からわずかに光差す薄暗い道を奥へ奥へと進んでいきます。 人とすれ違う様子はありません。そもそもここは誰かが通った形跡もありません。 また、奥までずいぶん続いているようです。 先はまだ長く、 途中、雰囲気の変わった通...
続きを読む
『逍遥』PENTAX 6×7

『逍遥』PENTAX 67[2019年10月16日]

『逍遥』PENTAX 6×7 『逍遥(しょうよう)』とは、気ままにぶらぶら歩くこと、 つまりは散歩です。 たとえば、天気の良い日に洗濯物を干していて、ふと出かけたくなり、ちょっとそこまで散歩をする。 こういったことを『逍遥』と呼ぶのだと個人的に解釈しています。 散歩よりもちょっとかっこいい存在です。 今回は筆者が『逍遥』に持ち出したカメラ、 PENTAX67をご紹介します。 ...
続きを読む