Select Language

【Canon】11月、秋風に手を振って ー憧れー

[ Category: Canon|掲載日時:2019年11月12日 19時00分]



待っていました。頬撫でる風に秋の匂いが混ざるこの時を。
待っていました。憧れ続けたこのカメラを使えるその時を。

キヤノンユーザーならば一度は使ってみたいと思うカメラ、「EOS-1DX MarkⅡ」。左肩には誇らしげに輝く「D」のバッジを配し、日本の、ひいては世界の報道やスポーツ現場の“今”を伝え続けたメッセンジャー。
そのカメラに「EF85mm f1.2L Ⅱ USM」を装着し、夢の島へ行ってまいりました。
長年の夢だった組み合わせで撮影する場所が「夢の島」だなんて、素敵な偶然もあったものです。久しぶりの潮風も、なんだか祝福してくれているかのよう。カメラの重量は普段よりずっと増えているのに、私の足取りは軽やかなのでした。


EOS-1DX MarkⅡ+EF85mm f1.2L Ⅱ USM
さて、1Dシリーズには専用の高電圧なバッテリーが搭載されています。それによりレンズのオートフォーカスが高速化するという利点があり、今回まさにそのことを実感できました。エスカレーターに乗りながらとっさにAFを駆動させたのですが、迷うことなく合焦。
これが愛用のEOS 6D MarkⅡでは、間に合わなかったと思います。同じレンズなのに、明らかに動作が違う。
「どうだい?」という得意げな声が、カメラから聞こえてくるようです。


EOS-1DX MarkⅡ+EF85mm f1.2L Ⅱ USM
行き交う人の波を通り抜け、静かなヨットハーバーへやってきました。
スケッチの方々が描いている素敵なキャンパスを横目で盗み見ながら、彼らの世界を壊さぬようそっとシャッターを切ります。
そっと・・・。
「ガシャン!」
・・・。
今日の私の相棒は、どこまでも元気なカメラなのでした。




EOS-1DX MarkⅡ+EF85mm f1.2L Ⅱ USM
さて、素敵な植物園を見つけたので広角レンズに変更し訪れてみます。この日はだいぶ涼しかったので、温室の中は冷えた体に丁度良い温度でした。
つい先日まで「早く冬に」と体中で訴えていたはずなのに、もう「あの夏に帰りたい…」と思ってしまう。困ったものです。
EOS-1DX MarkⅡ+EF16-35㎜ f4L IS USM

EOS-1DX MarkⅡ+EF16-35㎜ f4L IS USM
しかしこの植物園、なんだか見覚えがあると思ったら、小学校の遠足で訪れた場所でした。まさかこんなすごいカメラをぶら下げて再訪するだなんて、あの頃の自分は全く想像もできないでしょう。
友達とふざけた場所や、先生に怒られた場所を通り過ぎるたびに
「いつか過ぎ去る日々だと知っていれば、もっと慈しんだのにな…」と思います。
時は思い出っていう手荷物にして初めて、その重さが分かります。



なんだかしんみりとしてしまったので、敢えて人混みの中に戻りました。騒がしい光に彩られたザ・都会。被写体は無限にあります。右へ左へ、上へ下へ。たまに腹ごしらえを挟みながらシャッターを切る。
EOS-1DX MarkⅡ+EF85mm f1.2L Ⅱ USM
秋風、秋空、秋うらら…。なんだか素敵な一日です。



そんなこんなで斜光の時間に。今日はもう大分長い事カメラを首から下げて歩いていますが、疲れは全く感じません。
感動というエサを食べ続けたせいでしょうか。足にはまだまだエネルギーが残っています。せっかくなので、階段を使って高いところに登ってみました。
85ミリをこういった用途で使うことはあまりないのですが、程よい遠近感で少しだけミニチュア風に。
EOS-1DX MarkⅡ+EF85mm f1.2L Ⅱ USM
この切り取る感じ、癖になりそう…。広角レンズを使っていると、やはりどうしても綺麗な景色やフォトジェニックな場所に頼った撮影になりがちですが、中望遠なら。
EOS-1DX MarkⅡ+EF85mm f1.2L Ⅱ USM



「この広い世界のどこを切り取るか?」

「どの絞り値で切り取るか?」

選択肢が数多く用意され、自分でいかようにも変えられる悦びをたっぷり味わえる。少しばかりパープルフリンジが目立ちますが、それもf4くらいまで絞り込めば大人しくなります。
室内でさえ立体感を失わないその描写の前では、些細な欠点など無きに等しいでしょう。


EOS-1DX MarkⅡにEF85mm f1.2L Ⅱ USMの組み合わせは、今となってはスペック的に特筆すべきところがありません。
でもカメラ選びは、数字だけで決まらない。
「自分の中のどの部分を満たしておけば、本当に幸せになれるのか」
私が尊敬する方の言葉ですが、これに尽きると思います。
心の底からの憧れに気づけたとき。その時こそ幸せへの道が拓かれるのでしょう。


↓使用した機材とおすすめ商品です↓








〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓



[ Category: Canon|掲載日時:2019年11月12日 19時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!14票


楽器を撮る。

【Canon】楽器を撮る。[2019年12月06日]

楽器を演奏する姿はかっこいい。 カメラを手にしてから、一番に撮りたいと思っていたのが、バンドのライブ写真だった。 私がギターを弾くという事もあり、自然に浮かんだ被写体だったからだ。 ひとつひとつのバンドが個性的で、撮影している時はとても楽しく、過ぎる時間はあっという間だ。 ライブ写真の中で、ギターに注目して今回のブログを書いてみた。 新品のギターも好きだが...
続きを読む
null

【SIGMA】しぐまびより Part33[2019年12月05日]

ひかり。 背の高いビルが立ち並ぶ街の日向と日陰のコントラストは一層強く、 その時その時にしか見れない街の風景の連続だったりする。 あとで撮ろうと思っていたらチャンスを逃してしまう、なんてことは何度も経験しています。 同じ街に何回足を運ぼうが、同じ顔を見れることはない。 何度も何度も通ったからこそ見れる瞬間があるのだと思います。 強くて明るい光と淡くて柔ら...
続きを読む
写真展のご案内 〜『BRITONS images of my memory』

写真展のご案内 〜『BRITONS images of my memory』 KENJI NAKAMURA PHOTO EXHIBITION 2019~[2019年12月04日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 『BRITONS images of my memory』 NAKAMURA PHOTO EXHIBITION2019 です。 是非足をお運び下さい。 会期:2019年12月7日(土)& 12月8日(日)12:00〜21:00 会場:吉祥寺・オルレアカメラ ギャラリー 東京都武蔵野市吉祥寺本町3-12-3
続きを読む
Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR

【飛行機を撮ろう】バイバイ レコンファントム ~午前の部~【Nikon Z50】[2019年12月04日]

Nikon Z50 × 令和元年度百里基地航空祭 【1/200 |F8 | ISO100 | Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR】 12月1日(日)は茨城県にて、 令和元年度百里基地航空祭が催されました。 百里基地の名物、 航空自衛隊の偵察機RF-4E/EJは今年度で運用が終了し、 来年度中には同基地のF-4EJ/EJ改も運用が終了するので、 往年の名機「ファントム」を満喫できる最後の航空祭となりました。 行ってみた方も...
続きを読む
大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-

大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-[2019年12月03日]

PENTAX67、通称"バケペン"と呼ばれるこのカメラ。 一眼レフカメラをそのまま巨大化させたフォルムがまるで お化けの様だと例えられ、長く愛される6x7の中判機。 その中でも今回取り上げる67IIは、 AEファインダーと併用する事によって絞り優先モードの 使用が可能なところが最大のポイント。 これが実際に使ってみると…「コレ無くしては…!」と考えてしまう程に テンポ良く速写が可能...
続きを読む