Select Language

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.2 ~Apochromat~

[ Category: Leica|掲載日時:2019年10月22日 16時00分]



ぼくらのズミクロン日記


We are summicron!!

この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。
1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。
今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。
十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。

Leica (ライカ) SL(Typ601)+アポズミクロン SL50mm F2.0 ASPH.
Leica SL(Typ601) + APO-SUMMICRON SL 50mm F2.0 ASPH.
ss1/320 F2.0 ISO100
お届けします第2回は『Mマウントレンズの頂点』とも呼べるあの1本にしよう、と思っていたのですが...先日Leica SL用のアポズミクロン50mmを試す機会があり素晴らしい描写にすっかり虜になってしまいました。
というわけで第2回はKasyapa for Leicaでもお届けいたしました「アポズミクロン SL 50mm F2.0 ASPH.」でお送りします。
このレンズが気になっている皆様、きっと作例見足りないですよね???

まずはショーウインドウのマネキンを一枚パシャリ。
深緑のコートにカラフルなワンピースが印象的ですが、ガラスを一枚隔てた状態でも前後の関係性が見える分離の良さと色が濁ることなく描写するのはさすがの一言。

Leica (ライカ) SL(Typ601)+アポズミクロン SL50mm F2.0 ASPH.
Leica SL(Typ601) + APO-SUMMICRON SL 50mm F2.0 ASPH.
ss1/6400 F2.0 ISO100


Leica (ライカ) SL(Typ601)+アポズミクロン SL50mm F2.0 ASPH.
Leica SL(Typ601) + APO-SUMMICRON SL 50mm F2.0 ASPH.
ss1/250 F2.0 ISO100

通常のレンズであれば葉のエッジの部分に嫌な緑や紫が見えてきそうなものすが、全くその気配がありません。
白は白く、しかし色々な白が写ります。そして色滲みがない事で画としての立体感がより感じられるようになります。


Leica (ライカ) SL(Typ601)+アポズミクロン SL50mm F2.0 ASPH.
Leica SL(Typ601) + APO-SUMMICRON SL 50mm F2.0 ASPH.
ss1/8000 F2.0 ISO100

Kasyapa for Leicaの方でも紹介されていた水辺の写真の別カット。
水底のタイルにも光が反射してかなりギラギラとしたハイライトが生まれていますが、こちらもなんのそのといった感じです。
被写界深度が欲しかったのでもう少し絞るべきだったか...と感じてはいますが、決して「もっとシャープネスが欲しいから」とか「色滲みが気になるから」といった理由ではありません。そう感じた事に後から気付いて、このレンズの根源的性能の高さに感嘆しました。
またボケ味もピント面を抜けた所から急激に崩れていくのではなく、ゆるやかに拡散していく滑らかさを持ち合わせています。



Leica SL(Typ601) + APO-SUMMICRON SL 50mm F2.0 ASPH.
ss1/320 F2.0 ISO100

ゴーストが綺麗だったり、フレアが綺麗だったり、ボケが独特だったりと光を捉える楽しみ方も様々ですが、ここまで懐が広くどんな光も気持ちよく掬い上げてしまうレンズはなかなか珍しいのではないかなと思います。

Leica (ライカ) SL(Typ601)+アポズミクロン SL50mm F2.0 ASPH.
Leica SL(Typ601) + APO-SUMMICRON SL 50mm F2.0 ASPH.
ss1/640 F2.0 ISO100

光と影が織りなす世界を一粒残らず捉え、今そこに在るものを克明に描けるレンズ。
"レンズの味"が介在せず、心地よいLeicaのトーンと共に一枚ヴェールを取り払った純真無垢な写真を楽しめる一本。
シンプル故に奥が深い、これもまたLeicaレンズのレジェンドであると感じるのでした。

ぼくらのズミクロン日記






〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: Leica|掲載日時:2019年10月22日 16時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!18票


Nikon Z7 × NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct をZ7に装着してみました【カメラを愉しむ vol.8】[2020年01月21日]

2019年10月12日に受注を開始した受注生産モデルの「新生Noct」。 ノクトニッコールと言えば1977年(昭和52年)に発売された「Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct」。 Nocturne=夜想曲から命名されたと言われ、中古相場では今でも状態の良い個体で60万円近い価格で取引されている伝説のレンズだ。 この伝説のノクトニッコールの歴史を現代に受け継いだZシリーズ用レンズ。 これが今回ご紹介す...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】monochrome 【SONY】[2020年01月21日]

皆さんこんにちは。 今月は「街で見つけた形にフォーカス」をテーマに綴っております。 昔聞いたことのある話なのですが一般的に男性は形や空間認識能力に優れ、女性は色彩感覚に優れているのだそうです(あくまで一般的に、なので逆の人もいれば両方共優れている人もいるのだとか。) となると今回のテーマは一般的(?)に言えばまさに男性が得意な被写体と言えるのでしょうか。実際どのスタッフが書...
続きを読む
【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】

【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】[2020年01月20日]

今回の掲載写真は「SONY α7S」にマウントアダプター「LA-EA3」を使い Aマウントレンズ「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM」で撮影しました。 こちらは東京・浅草周辺を歩いている時に見つけた面白い形の白い大きなオブジェ 側面に穴が開いており、穴からはスカイツリーが見えます。 スカイツリーの隠れ撮影スポットを発見しました。 穴の中にカメラを入れるとオブジェの内側を覗く事がで...
続きを読む
D780

【発売直前】 D780とはどんなカメラ?[2020年01月20日]

Nikon D780とはどんなカメラ? 待っていた方も多いのではないでしょうか。 2014年に登場し、 ミドルレンジのフルサイズデジタル一眼レフとして長年多くのユーザに愛されてきたD750。 時代の移り変わりとともに、 Nikon一眼レフの金字塔D850が登場したり、 待望のフルサイズミラーレスZシリーズが誕生してきましたが、 それとは別に、今の時代ならではの新しい技術を取り入れつつも 安心して使...
続きを読む
カタチから過去を振り返る

【街で見つけた形にフォーカス】カタチから過去を振り返る【FUJIFILM】[2020年01月19日]

FUJIFILMといえば最近は専ら『X-Pro3』の話題で持ちきりですが、 『X-Pro2』も捨てたものではありません。 今回、街で見つけた形にフォーカスということで、 その『X-Pro2』を片手に今まで撮影してきたものを振り返ります。 私の中で丸といえば、なぜか道路標識が優先度高めに出てきます… 最初の写真は福岡にいたときに撮影したもので、こちらは東京丸の内で撮影。 同じような被写体...
続きを読む