Select Language

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.2 ~Apochromat~

[ Category: Leica|掲載日時:2019年10月22日 16時00分]



ぼくらのズミクロン日記


We are summicron!!

この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。
1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。
今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。
十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。

Leica (ライカ) SL(Typ601)+アポズミクロン SL50mm F2.0 ASPH.
Leica SL(Typ601) + APO-SUMMICRON SL 50mm F2.0 ASPH.
ss1/320 F2.0 ISO100
お届けします第2回は『Mマウントレンズの頂点』とも呼べるあの1本にしよう、と思っていたのですが...先日Leica SL用のアポズミクロン50mmを試す機会があり素晴らしい描写にすっかり虜になってしまいました。
というわけで第2回はKasyapa for Leicaでもお届けいたしました「アポズミクロン SL 50mm F2.0 ASPH.」でお送りします。
このレンズが気になっている皆様、きっと作例見足りないですよね???

まずはショーウインドウのマネキンを一枚パシャリ。
深緑のコートにカラフルなワンピースが印象的ですが、ガラスを一枚隔てた状態でも前後の関係性が見える分離の良さと色が濁ることなく描写するのはさすがの一言。

Leica (ライカ) SL(Typ601)+アポズミクロン SL50mm F2.0 ASPH.
Leica SL(Typ601) + APO-SUMMICRON SL 50mm F2.0 ASPH.
ss1/6400 F2.0 ISO100


Leica (ライカ) SL(Typ601)+アポズミクロン SL50mm F2.0 ASPH.
Leica SL(Typ601) + APO-SUMMICRON SL 50mm F2.0 ASPH.
ss1/250 F2.0 ISO100

通常のレンズであれば葉のエッジの部分に嫌な緑や紫が見えてきそうなものすが、全くその気配がありません。
白は白く、しかし色々な白が写ります。そして色滲みがない事で画としての立体感がより感じられるようになります。


Leica (ライカ) SL(Typ601)+アポズミクロン SL50mm F2.0 ASPH.
Leica SL(Typ601) + APO-SUMMICRON SL 50mm F2.0 ASPH.
ss1/8000 F2.0 ISO100

Kasyapa for Leicaの方でも紹介されていた水辺の写真の別カット。
水底のタイルにも光が反射してかなりギラギラとしたハイライトが生まれていますが、こちらもなんのそのといった感じです。
被写界深度が欲しかったのでもう少し絞るべきだったか...と感じてはいますが、決して「もっとシャープネスが欲しいから」とか「色滲みが気になるから」といった理由ではありません。そう感じた事に後から気付いて、このレンズの根源的性能の高さに感嘆しました。
またボケ味もピント面を抜けた所から急激に崩れていくのではなく、ゆるやかに拡散していく滑らかさを持ち合わせています。



Leica SL(Typ601) + APO-SUMMICRON SL 50mm F2.0 ASPH.
ss1/320 F2.0 ISO100

ゴーストが綺麗だったり、フレアが綺麗だったり、ボケが独特だったりと光を捉える楽しみ方も様々ですが、ここまで懐が広くどんな光も気持ちよく掬い上げてしまうレンズはなかなか珍しいのではないかなと思います。

Leica (ライカ) SL(Typ601)+アポズミクロン SL50mm F2.0 ASPH.
Leica SL(Typ601) + APO-SUMMICRON SL 50mm F2.0 ASPH.
ss1/640 F2.0 ISO100

光と影が織りなす世界を一粒残らず捉え、今そこに在るものを克明に描けるレンズ。
"レンズの味"が介在せず、心地よいLeicaのトーンと共に一枚ヴェールを取り払った純真無垢な写真を楽しめる一本。
シンプル故に奥が深い、これもまたLeicaレンズのレジェンドであると感じるのでした。

ぼくらのズミクロン日記






〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: Leica|掲載日時:2019年10月22日 16時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!23票


桜の季節。

【Canon】桜の季節[2020年03月29日]

少し前に桜の開花がニュースで流れた。 桜の前に立ち止まり、思い思いに写真を撮る人は多い。自分もそんな一人で、休日の空き時間に桜が咲いている場所へ足を運んだ。 使用機材:Canon EOS 5D Mark III + EF15mm F2.8フィッシュアイ 使用機材:Canon EOS 5D Mark III + EF15mm F2.8フィッシュアイ 使用機材:Canon EOS 5D Mark III + EF15...
続きを読む
日録新卒カメラvol6

日録新卒カメラvol.5 ~Nikon D800~[2020年03月28日]

「日録新卒カメラ」は、昨年の春に入社した新卒による短期連載ブログです。 マップカメラで働き始めてから早いものでもうすぐ1年。 入社前から大切に同じ機材を持ち続けている人。 初めて自分のカメラを購入した人。 システムがガラッと変わった人。 いろんなカメラをたくさん集めた人。 十人十色、様々なカメラへの向き合い方があった1年間です。 この連載では各々が持っている機材や、...
続きを読む
M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

【OLYMPUS】お気に入りのレンズで根津神社・桜を撮る[2020年03月28日]

今回は東京都文京区にある根津神社に参拝と撮影に行ってまいりました。 いわゆる「谷根千」(谷中、根津、千駄木)と呼ばれる地域に行くのは今回が初めてです。 また、根津神社は特段、桜の名所というわけでもなく、境内に数本の桜があるだけなのですが、この時期に撮りたい被写体と言えばやはり桜。「桜の写真が撮りたい」「行ったとことのない所で撮影をしたい」という二つの動機から、行き当たりばった...
続きを読む
null

【Canon】日々の写真を覗いてみました[2020年03月28日]

だんたん暖かくなってきて外に出てのんびり歩きたいと感じておりますが それもなかなか難しい日々。 ふと手元のスマートフォンの画像を見返してみました。 毎日持ち歩き日々を一緒に過ごしておりますが、記録として撮って そのままで見返すことも少ないかもと気が付きました。 「Canon iNSPiC ZV-123」を持ち出してみました。 このカメラ、スマートフォンのプリンターとして使うことが...
続きを読む
Nikon F2

日録新卒カメラvol.4 ~Nikon F2~[2020年03月27日]

『日録 新卒カメラ』は、昨年の春に入社した新卒による短期連載ブログです。 マップカメラで働き始めてから早いものでもうすぐ1年。 入社前から大切に同じ機材を持ち続けている人。 初めて自分のカメラを購入した人。 システムがガラッと変わった人。 いろんなカメラをたくさん集めた人。 十人十色、様々なカメラへの向き合い方があった1年間です。 この連載では各々が持っている機材や...
続きを読む