Select Language

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.2 ~Apochromat~

[ Category: Leica|掲載日時:2019年10月22日 16時00分]



ぼくらのズミクロン日記


We are summicron!!

この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。
1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。
今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。
十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。

Leica (ライカ) SL(Typ601)+アポズミクロン SL50mm F2.0 ASPH.
Leica SL(Typ601) + APO-SUMMICRON SL 50mm F2.0 ASPH.
ss1/320 F2.0 ISO100
お届けします第2回は『Mマウントレンズの頂点』とも呼べるあの1本にしよう、と思っていたのですが...先日Leica SL用のアポズミクロン50mmを試す機会があり素晴らしい描写にすっかり虜になってしまいました。
というわけで第2回はKasyapa for Leicaでもお届けいたしました「アポズミクロン SL 50mm F2.0 ASPH.」でお送りします。
このレンズが気になっている皆様、きっと作例見足りないですよね???

まずはショーウインドウのマネキンを一枚パシャリ。
深緑のコートにカラフルなワンピースが印象的ですが、ガラスを一枚隔てた状態でも前後の関係性が見える分離の良さと色が濁ることなく描写するのはさすがの一言。

Leica (ライカ) SL(Typ601)+アポズミクロン SL50mm F2.0 ASPH.
Leica SL(Typ601) + APO-SUMMICRON SL 50mm F2.0 ASPH.
ss1/6400 F2.0 ISO100


Leica (ライカ) SL(Typ601)+アポズミクロン SL50mm F2.0 ASPH.
Leica SL(Typ601) + APO-SUMMICRON SL 50mm F2.0 ASPH.
ss1/250 F2.0 ISO100

通常のレンズであれば葉のエッジの部分に嫌な緑や紫が見えてきそうなものすが、全くその気配がありません。
白は白く、しかし色々な白が写ります。そして色滲みがない事で画としての立体感がより感じられるようになります。


Leica (ライカ) SL(Typ601)+アポズミクロン SL50mm F2.0 ASPH.
Leica SL(Typ601) + APO-SUMMICRON SL 50mm F2.0 ASPH.
ss1/8000 F2.0 ISO100

Kasyapa for Leicaの方でも紹介されていた水辺の写真の別カット。
水底のタイルにも光が反射してかなりギラギラとしたハイライトが生まれていますが、こちらもなんのそのといった感じです。
被写界深度が欲しかったのでもう少し絞るべきだったか...と感じてはいますが、決して「もっとシャープネスが欲しいから」とか「色滲みが気になるから」といった理由ではありません。そう感じた事に後から気付いて、このレンズの根源的性能の高さに感嘆しました。
またボケ味もピント面を抜けた所から急激に崩れていくのではなく、ゆるやかに拡散していく滑らかさを持ち合わせています。



Leica SL(Typ601) + APO-SUMMICRON SL 50mm F2.0 ASPH.
ss1/320 F2.0 ISO100

ゴーストが綺麗だったり、フレアが綺麗だったり、ボケが独特だったりと光を捉える楽しみ方も様々ですが、ここまで懐が広くどんな光も気持ちよく掬い上げてしまうレンズはなかなか珍しいのではないかなと思います。

Leica (ライカ) SL(Typ601)+アポズミクロン SL50mm F2.0 ASPH.
Leica SL(Typ601) + APO-SUMMICRON SL 50mm F2.0 ASPH.
ss1/640 F2.0 ISO100

光と影が織りなす世界を一粒残らず捉え、今そこに在るものを克明に描けるレンズ。
"レンズの味"が介在せず、心地よいLeicaのトーンと共に一枚ヴェールを取り払った純真無垢な写真を楽しめる一本。
シンプル故に奥が深い、これもまたLeicaレンズのレジェンドであると感じるのでした。

ぼくらのズミクロン日記






〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: Leica|掲載日時:2019年10月22日 16時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!22票


ライカ ブティック 7周年

LEICA Boutique ~MapCamera Shinjuku~ 7th Anniv.[2020年02月20日]

ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン7周年を迎えることとなりました。 これもひとえに、たくさんのお客様のご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一同一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 今回、7周年の感謝を込めて、...
続きを読む
【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~

【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~[2020年02月18日]

皆さま、こんにちは。 MapCameraの店舗のある新宿は暖かいなぁと感じる日がだんだんと多くなってきました。 さて、今回はLeica M10-PとNOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VMを使って写真を撮ってきました。 VMとはVoigtlander Mマウントの略です。 VoigtlanderのBessaシリーズをはじめとしてM型ライカのカメラにも装着することが出来ます。 まずは開放F1.5。優しいピント面からなだら...
続きを読む
【Laica】ひだまりの暗箱、詠う蛹

【Leica】ひだまりの暗箱、詠う蛹[2020年02月15日]

のぼる朝日は靄を帯びて、 窓からのぞく歩道は白く歪んでみえます。 鼻をすする声と軽快な足音が入り混じる街は 少し早めの春の訪れを感じさせます。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 この度はライカブティック 7周年にあやかりまして 7枚の御手と少しのおまけを 撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 『愛昧』 さて、いきなりで大変恐縮ですが ...
続きを読む
Leica(ライカ) R9 アンスラサイト + Leica(ライカ)ズミクロン R50mm F2(ROM) + Kodak Ektar100

【Leica】手放せないカメラはありますか。[2020年02月08日]

2月に入り東京もグッと寒さが増してきました。 カメラを握る手も悴みます。 唐突ですが皆さんはフイルムカメラを使用しますか。 私は初めてカメラを持った時からデジタルでしたので、デジタルカメラの方が馴染み深いです。 たまの気分転換や、長く記録に残したいものがある時にフイルムを使用することはあります。 気分転換という意味で言うと、フイルム写真は出来上がりを見るまでの緊張感が格...
続きを読む
日常の気配

【Leica】日常の気配[2020年02月07日]

最近、心身ともに健康になりたく乗馬を始めました。 馬はかなり敏感な動物で、ちょっとした音にもすぐ驚きます。 感覚が鋭い故に馬は人の気配を感じ取って動くそうです。 かなり空気の読める賢い動物なんですね。 わたしたち人間も気配を感じ取ることができますが、 みなさんどうですか、最近"気配"感じ取ってますか? わたしは特に代わり映えのない日をなんとなく過ごして 「やっ...
続きを読む