Select Language

【飛行機を撮ろう】航空科学博物館でパイロット気分

[ Category: Nikon|掲載日時:2019年10月23日 10時45分]


航空科学博物館


飛行機撮影と聞くと大きな望遠レンズが必要なイメージがありますが、今回訪れた場所は標準レンズでも十分に飛行機撮影が楽しめる場所です。
今年8月にリニューアルした「航空科学博物館」は、成田空港のA滑走路の南側にあり、滑走路と並行するエントランスには滑走路と同じ「34L」表示があります。誰も見てなければ、思わず両手を広げて走りたくなる場所です。
さっそく館内に入ってみましょう。


B747展示

館内に入り順路に沿って西棟へ進むとジャンボ機の愛称で親しまれた「ボーイング747型」をメインとした展示がお出迎え。
大型模型の周囲には胴体断面やエンジンの展示も。断面からは意外とシンプルな構造だったことに驚きます。大きな機体を浮かすわけですから、軽量化と丈夫さを追求した作りなのでしょう。
2階へ上がり飛行機の遍歴毎に並べられた小さな模型を見た後は、新設された体験館へ。


737シミュレーター


体験館ではボーイング737や777型のシミュレーターで飛行体験をすることができます。
空いている時間帯であれば、体験しなくても装置を見学させてもらえます。複数のモニターにはいろんな情報が満載。1度説明を聞いた位ではとても覚えられません。


747の先頭部


体験館と中央棟を結ぶ渡り廊下から見える747型機の先頭部とトーイングカー。
追加料金を払えば元パイロットの方の解説付きで747型機の中が見学できます。


747のコックピット


これが747型機のコックピット。先ほど見た737や777型機で見られた液晶モニターはなく、アナログな計器が並びます。
それもそのはず。747型機の初飛行は50年前の1969年で、この機体は比較的初期の頃に作られた「747クラッシック」と呼ばれる機体です。
コンピューターが今ほど小型で優秀でなかった時代、クラッシック機には現在コンピュータが管理する部分を担う航空機関士が搭乗していたとのこと。


航空機関士席


エンジンや燃料系統などチェックする航空機関士の席にも沢山の計器が。4機の大型エンジンを搭載したジャンボ機だけあって計器も4つずつ並んでいます。
性能上、飛んでしまえば1機のエンジンでも航行できるらしいのですが、太平洋横断など長距離を飛ぶには万が一に備え、多くのエンジンが必要だったと言われています。
燃費が悪いと言われている747型機ですが、複数のエンジンが同時に機能しなくなることは、まず考えられませんので、エンジン数が多い分、安全性の高い飛行機だと言えるかもしれません。


展望スペースから望む成田空港


展示スペースに戻り、空港の施設を紹介する展示を見ながら展望室へ上がると、成田空港の第一ターミナル側を望むことができます。運良く目の前には、現役の747型機が駐機してました。
望遠レンズがあれば離着陸する飛行機の撮影も可能ですが、博物館の展示を楽しむのであれば、少しでも身軽な方がおすすめです。
他にも屋外展示スペースではヘリコプターやセスナ機の展示もあり見どころ満載。ここで飛行機の知識を高めれば、より飛行機撮影が楽しくなることでしょう。


今回の使用機材はこちら







〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: Nikon|掲載日時:2019年10月23日 10時45分]

面白いと思ったらコチラをClick!7票


X-PRO3×Voigtlander

【FUJIFILM】X-PRO3 夜の新宿をVoigtlanderで撮る【カメラを愉しむ vol.1】[2019年11月11日]

噂の名機「FUJIFILM X-PRO3」で早速夜の新宿を撮影! 組み合わせるレンズは「Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical VM (ライカM用)」と接写撮影を可能にするアダプター「Voigtlander マウントアダプター ライカMレンズ/フジXボディ用(VM-X クローズフォーカスアダプター)」。 純正レンズの性能が高く、魅力的なレンズばかりなのは言うまでもないがなぜ私がこのレンズをセレクトしたのか。 「写真と言う原点」をフィルム時代のように楽しみたい。 と言う思いからだ。 液晶モニター部分に「フィルムホ...
続きを読む
a7riv

【SONY】F0.95レンズに挑戦[2019年11月11日]

 ようやく秋を感じることができる気温になってきました。  この季節になると、紅葉が色づき、航空祭のイベントが多く開催されています。  他にも、夕日が沈むの早くなり、夜が長くなり、夜景も気軽に撮れ始める時期でもあります。  撮る素材はあふれており、撮影対象を選ぶこともひとつの楽しみです。  そのほかにも、どの時間帯に撮影するのか、どこで撮影するのか・・・・撮影することに対しての選択肢は様々です。  カメラの設定をあれこれ変えて撮影してみるのもひとつの面白さだと私...
続きを読む
新品・中古デジタルカメラ人気ランキング

2019年10月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング[2019年11月11日]

新品デジカメ10月ランキング 1位 SIGMA fp ミラーレス一眼カメラ 2位 SONY Cyber-shot DSC-RX100M7 コンパクトデジタルカメラ 3位 Nikon Z6 ミラーレス一眼カメラ 4位 SONY α7RIV ミラーレス一眼カメラ 5位 Canon EOS RP ミラーレス一眼カメラ 6位 Canon IXY 200 コンパクトデジタルカメラ 7位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ ...
続きを読む
null

【MapTimes】One More Times!! vol.8【紅葉】[2019年11月10日]

THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 今回のキーワードは「紅葉」 東京はまだ少し先になりそうですが 日本各地で美しい紅葉が見れる時期になってまいりました。 秋は一番好きな季節なのですが、気付くとあっという間に 過ぎてしまっていて、ススキの見頃も過ぎてしまっていて少し悲しかったです...
続きを読む
F2

【Nikon】大事にしているフィルムカメラのこと[2019年11月10日]

Nikon F2が手元にあります。 しばらく使っていなかった為、動きが悪くなってしまっていましたが調整に出してみたところ、快調に動くようになりました。 レンズはAi Nikkor 50mm F1.4S、フィルムはコダックのモノクロフィルムを愛用しています。 使用する頻度は高くはありませんが、旅行する際には必ず持って行き撮影を楽しんでいます。 目についたちょっとしたことを撮っています 旅先の記録 プラットホーム 光の滲み 旅先では天気が悪くても、楽しいもの ...
続きを読む