Select Language

【飛行機を撮ろう】航空科学博物館でパイロット気分

[ Category: Nikon|掲載日時:2019年10月23日 10時45分]


航空科学博物館


飛行機撮影と聞くと大きな望遠レンズが必要なイメージがありますが、今回訪れた場所は標準レンズでも十分に飛行機撮影が楽しめる場所です。
今年8月にリニューアルした「航空科学博物館」は、成田空港のA滑走路の南側にあり、滑走路と並行するエントランスには滑走路と同じ「34L」表示があります。誰も見てなければ、思わず両手を広げて走りたくなる場所です。
さっそく館内に入ってみましょう。


B747展示

館内に入り順路に沿って西棟へ進むとジャンボ機の愛称で親しまれた「ボーイング747型」をメインとした展示がお出迎え。
大型模型の周囲には胴体断面やエンジンの展示も。断面からは意外とシンプルな構造だったことに驚きます。大きな機体を浮かすわけですから、軽量化と丈夫さを追求した作りなのでしょう。
2階へ上がり飛行機の遍歴毎に並べられた小さな模型を見た後は、新設された体験館へ。


737シミュレーター


体験館ではボーイング737や777型のシミュレーターで飛行体験をすることができます。
空いている時間帯であれば、体験しなくても装置を見学させてもらえます。複数のモニターにはいろんな情報が満載。1度説明を聞いた位ではとても覚えられません。


747の先頭部


体験館と中央棟を結ぶ渡り廊下から見える747型機の先頭部とトーイングカー。
追加料金を払えば元パイロットの方の解説付きで747型機の中が見学できます。


747のコックピット


これが747型機のコックピット。先ほど見た737や777型機で見られた液晶モニターはなく、アナログな計器が並びます。
それもそのはず。747型機の初飛行は50年前の1969年で、この機体は比較的初期の頃に作られた「747クラッシック」と呼ばれる機体です。
コンピューターが今ほど小型で優秀でなかった時代、クラッシック機には現在コンピュータが管理する部分を担う航空機関士が搭乗していたとのこと。


航空機関士席


エンジンや燃料系統などチェックする航空機関士の席にも沢山の計器が。4機の大型エンジンを搭載したジャンボ機だけあって計器も4つずつ並んでいます。
性能上、飛んでしまえば1機のエンジンでも航行できるらしいのですが、太平洋横断など長距離を飛ぶには万が一に備え、多くのエンジンが必要だったと言われています。
燃費が悪いと言われている747型機ですが、複数のエンジンが同時に機能しなくなることは、まず考えられませんので、エンジン数が多い分、安全性の高い飛行機だと言えるかもしれません。


展望スペースから望む成田空港


展示スペースに戻り、空港の施設を紹介する展示を見ながら展望室へ上がると、成田空港の第一ターミナル側を望むことができます。運良く目の前には、現役の747型機が駐機してました。
望遠レンズがあれば離着陸する飛行機の撮影も可能ですが、博物館の展示を楽しむのであれば、少しでも身軽な方がおすすめです。
他にも屋外展示スペースではヘリコプターやセスナ機の展示もあり見どころ満載。ここで飛行機の知識を高めれば、より飛行機撮影が楽しくなることでしょう。


今回の使用機材はこちら







〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: Nikon|掲載日時:2019年10月23日 10時45分]

面白いと思ったらコチラをClick!19票


D850と宝登山

【Nikon】D850と宝登山[2020年02月21日]

2月も半ばになり、少しずつ暖かくなってきました。 今回は【Nikon D850】と 【TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2】を持って、 秩父郡長瀞町にある宝登山に行って来ました。 バイクに跨って走ること1時間。 宝登山の登山口に到着。 準備を整えて登山開始します。 この日の天気は快晴。 綺麗な景色が見れそうです。 標高は497mと低く登山道は綺麗に整備されて...
続きを読む
【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”

【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”[2020年02月19日]

皆様一眼レフ使っていらっしゃいますか? ここ最近はミラーレスの隆盛ですっかり影をひそめてしまった一眼レフですが、ここにきてニコンから待望のビッグネームが登場しました。 その名もD780!名機と名高いD750の後継機です。 今回の記事では、カタログスペックでは解らない細かい所について掘り下げます。 せっかくなので、わが愛機であり直接のライバルとなるであろうCanon EOS 6D MarkⅡとの...
続きを読む
D780徹底レポート!

【D780徹底レポート!】第二回 魅惑のDタイプレンズ[2020年02月12日]

この度発売となったD780、その魅力をマップカメラNikon担当スタッフがご紹介するブログ連載の第二弾。 第二弾でご紹介するのはDタイプとも呼ばれる、カメラ内蔵モーターによってAFを駆動させるレンズ3種とD780の組み合わせです。 DタイプレンズはZシリーズでもマウントアダプターFTZを介することで装着することができますが、内蔵モーターがないためAFは駆動しません。しかし、Fマウントを受け継い...
続きを読む
D780 + 24-85/3.5-4.5G VR

【D780徹底レポート!】第一回 鉄板標準ズームでお散歩[2020年02月05日]

Nikon D780 × AF-S NIKKOR 24-85mm F3.5-4.5G ED VR 【 1/640 | f4.5 | ISO 100 】 今年のNikonは年明け早々からカメラ業界を賑やかしてくれました。 およそ6年の間を空け、 ミドルレンジのデジタル一眼レフとして待望の新型機が登場しました。 D780。 760でも770でもない、圧倒的な進化を遂げた最新機。 このD780の魅力をいろんな視点からレビューすべく、 マップカメラ本館のNikon担当フロ...
続きを読む
null

【Nikon】開放F値1.2!1977年生まれの元祖ノクトの作例[2020年01月24日]

先日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。本日は、元祖ノクトニッコールを最新のボディであるZ7と組み合わせて、すべて開放F値1.2で撮影してきました。1977年(昭和52年)生まれの実力やいかに! ショーウインドウに飾られたスパンコールが付いたバッグ。ベージュ系の優しい色合いの服飾に似合うやわらかい描写です。 街角に貼られたステッカー群。目が合った気がして...
続きを読む