Select Language

『FUJIFEST GLOCAL 2019 東京』イベントレポート

[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2019年10月28日 12時00分]

2019年10月26日、東京・上野 東京国立博物館敷地内にある表慶館にて富士フイルムの新製品『X-Pro3』を紹介するイベント『FUJIFEST GLOCAL 2019 東京』が開催されました。その会場の様子と『X-Pro3』の魅力についてレポートいたします。

イベント会場である表慶館は、明治42年(1909年)に開館した日本初の本格的な美術館とのことで、作りも雰囲気も素晴らしい洋風建築です。(設計者は現在の迎賓館を手がけた宮廷建築家の片山東熊氏)入り口を通ると大きなドーム天井の吹き抜けがあり、来場した皆さんの心と写欲を鷲掴みにします。

入り口からまっすぐ進んだ部屋のにタッチ&トライのコーナーが設けられており、今回の主役『X-Pro3』の実機に触れることができます。
『X-Pro3』の大きな特徴として、トップカバーとベースプレートの素材にチタンが使われていること。そのチタンをさらに強い素材にするため、施されたのが“デュラテクト”という表面加工技術です。金属の風合いを残しつつも、カッターなど刃物で削ろうとしても傷がつかない堅牢性が特徴で、プロカメラマンがハードに使用しても耐えうる材質だということです。

そのデュラテクト仕様のボディカラーがブラックとシルバーで用意されており、筆者が案内された台にはデュラテクトシルバーに輝く『X-Pro3』が置かれていました。会場で撮影した写真だと照明の関係もあって金色っぽく見えてしまいますが、実際はもっと黄色味が少ないシルバー寄りの色です。例えるならコンタックスGシリーズよりシルバーに近く、どちらかというとTX-1の色に近い印象で、より金属らしさを感じる色と風合いです。

そして話題のカメラ背面。メモリ液晶の小窓に現在設定してあるISO感度とフィルムシミュレーションがビジュアル化されて表示されます。賛否を呼んだこの仕様ですが、個人的には「よくこれを製品化してくれた!」と拍手喝采したいくらい大好きです。おそらく他の国内メーカーでは「不便」という理由で没になる仕様でしょう。写真の歴史を作り上げてきた富士フイルムが、写真を撮る行為そのものを真剣に考えたからこそ製品化することができたカメラだと感じました。

また、写真の液晶に表示されている『CLASSIC Neg.(クラシックネガ)』は「第4の感色層」がキャッチコピーだったネガフィルム、SUPERIA(スペリア)をモデルに作られた新しいフィルムシミュレーションとのこと。ノスタルジックな雰囲気を引き立ててくれる色味はエモーショナルな作風にぴったりの表現です。

背面はチルト液晶になっており、開くと大きなモニターが登場します。最大180度まで開きますので、いざという時にハイアングル、ウエストレベル、ローアングルも大丈夫。あくまで補助的な意味が強い開閉式のモニターは「シャッターチャンスを逃さないよう、撮影に集中できるように」という『X-Pro3』の強い思いが感じられます。

タッチ&トライのコーナーには『VM-X クローズフォーカスアダプター』を発売したコシナブースもありました。
数あるラインナップから『X-Pro3』に装着してもっともカッコイイと感じたのが『Voigtlander ULTRON 35mm F2 Aspherical Vintage Line VM』です。クラシカルなルックスはもちろんですが、切れ味のある現代的な描写と滑らかなボケ味、そして換算52.5mmの画角は『X-Pro3』との相性抜群です。
また、これは妄想の組み合わせなのですが、デュラテクトシルバーのボディにクローズフォーカスアダプターを装着し、アダプター専用に開発された『Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM』の組み合わせもカッコイイはず。デュラテクトシルバーはニッケルメッキの色にも近いので様々なオールドルックのレンズに合いそうです。






会場では様々な催しも用意されていました。こちらはXシリーズの愛機のシャッター回数を調べてくれるというサービス。今までの富士フイルムのイベントでは無かった試みです。



こちらはおなじみのクイックメンテナンスサービス。

表慶館2階にも行ってみましょう。階段や吹き抜けなど、とてもフォトジェニックです。

こちらはプロカメラマンが撮影したギャラリースペース。機材は全て『X-Pro3』です。

こちらはシアタースペース。撮影時はムービーが始まる前だったので空いていましたが、上映時にはほぼ満員に。Xシリーズのこだわりと、カメラとしてのアイデンティティを強く持つメーカー側と、世界中のフォトグラファーの意見を取り入れて誕生した『X-Pro3』の開発秘話は非常に見応えがあり、大変感銘を受けました。

実際に『X-Pro3』を使用したフォトグラファーの声や、カメラとしての『X-Pro3』の魅力について話を聞けるトークショーなど、今回も内容盛りだくさんのイベントでした。

最後は富士フイルム商品企画担当の上野隆氏にデュラテクトブラックの『X-Pro3』を持っていただきました。
撮影の合間に「このデュラテクトブラックは手で触った後が馴染んでくると、鈍く光る感じと色に深みが出て、たまらなくカッコいいんですよ」と教えてくださいました。

『X-Pro3』ブラックは11月28日、デュラテクトシルバー/デュラテクトブラックは12月中旬の発売を予定しています。デュラテクト加工は製造工程に時間がかかるとのことで発売時期が少しだけ後になりますが、その分素晴らしいカメラになることでしょう。

ブレない信念を持ち、妥協なく作られたプロダクトは大変カッコよくて美しいものです。実機に触れ、話を聞き『X-Pro3』とXシリーズが更に好きになるイベントでした。



※本文中に紹介したDURATECT(デュラテクト)は、シチズン時計株式会社の商標、または登録商標です。






[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2019年10月28日 12時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!30票


日録新卒カメラvol.1

日録新卒カメラvol.1 ~FUJIFILM GFX50R~[2020年03月24日]

「日録新卒カメラ」は、昨年の春に入社した新卒による短期連載ブログです。 マップカメラで働き始めてから早いものでもうすぐ1年。 入社前から大切に同じ機材を持ち続けている人。 初めて自分のカメラを購入した人。 システムがガラッと変わった人。 いろんなカメラをたくさん集めた人。 十人十色、様々なカメラへの向き合い方があった1年間です。 この連載では各々が持っている機材や、そ...
続きを読む
ACROSII

【FUJIFILM】フィルムを使ってみよう-モノクロフィルム篇-[2020年03月14日]

前回の 記事 に引き続き、フィルムを使ってみよう、の続編。 モノクロフィルム篇です。 モノクロフィルムといえば、自身で現像からプリントをして 楽しんでいた方も多いかと思います。 カラーフィルムと比べて処理がしやすく、現像やプリントの 段階で撮影者の意図が反映できる幅が広いのが、モノクロ フィルムで撮影する楽しさの1つではないでしょうか。 今回は ネオパン 100 A...
続きを読む
X100V

【FUJIFILM】ネガったりかなったり[2020年03月11日]

FUJIFILM X100V 【 1/60 | F2 | ISO 800 | クラシックネガ 】 今年は「待望の」という言葉がよく似合う商品がいっぱい登場する年のようです。 FUJIFILM Xシリーズのレンズ交換式カメラがここ数年で劇的な進化をしていくなかで、 果たしてX100シリーズの後継はどうなるのか、注視していた方も多いと思います。 「防塵防滴仕様になって欲しい」「背面液晶はどうなるのか」 さまざまな思いがファン...
続きを読む
X-Pro1とゆったりとした日々

【FUJIFILM】X-Pro1とゆったりとした日々[2020年02月29日]

先日発売開始となった「X100V」やついに発表された「X-T4」など、魅力的な機種が絶えないフジフイルムのXシリーズ。 様々な機種があるXシリーズの中でも、特に「X-Pro」シリーズは「X-Pro1」「X-Pro2」「X-Pro3」とそれぞれの機種に根強いファンがいるカメラなのではないかと思います。 そんな私も「X-Pro1」を愛用しているのですが、ゆったりとした気分で撮影ができる楽しいカメラだなと感じて...
続きを読む
PRO 400H

【FUJIFILM】フィルムを使ってみよう-カラーネガフィルム篇-[2020年02月29日]

旅行のお供として、季節毎の撮影に、持って行くのはデジタルカメラばかり。 久しぶりにフィルムカメラを使って、写真を撮ってみようと思い FUJIFILM PRO 400H を使って撮影をしてきました。 まだまだ寒いと思っていても 春らしくなっていますね 仕事終わりに、寄り道でも 感度は400 手持ちのカメラとレンズには手振れ軽減の機能なんてありません。 夜に...
続きを読む