Select Language

【RICOH】今日も今日とて、GR1S

[ Category: etc.|掲載日時:2019年10月30日 11時00分]



RICOH GR1S


秋が深まりつつある昨今。
一日ずつ日捲り進んでいく日付と共に、葉が色づき、落ち、やがてまた新しい花が芽吹きます。
日本は比較的四季がはっきりしている国なので、そういった季節の移ろいを写真におさめてる方は多くいらっしゃると思います。
毎日が毎日、きっと特別な日ばかりではないかもしれません。
でも、その毎日を写真として切りとれば、あとから振り返るときに、きっときらきらと輝いて見えるはずです。
写真の本質である「記録」には、しかるべき人がその写真を見たときにだけ付加される価値があります。
そのように、日々をかみしめるように写真を撮る方におすすめしたいのが、RICOH GRシリーズ。
今回は過去を顧みるように、少し昔に立ち返って、フィルムカメラのGR1Sで切り取った日々をご覧いただきたく思います。



RICOH GR1S
(Kodak Portra400)

GR1S
(Kodak Portra400)


写真を論じる言葉のひとつとして、度々言われるのは、「写真の本質は記録」であるということ。
私は一介の写真を趣味とする人間でしかありませんので、写真というものに対して培われた様々な見識の一つとして、その言葉を享受しています。


RICOH GR1S
(Kodak Ektachrome100)

RICOH GR1S
(Kodak Portra400)



もちろん、私個人は、抽象的な、記録写真というにはいささか何を記録したいのか分からないような写真も撮りますので、(格好良く言えば芸術的な視点を志したい写真・・・)私の写真撮影がこと記録のみに終始しているわけではありません。


RICOH GR1S
(FUJIFILM 業務用100)

RICOH GR1S
(Kodak Ektachrome100)



しかしながら、写真は、その時撮影者が見ていた視界を記録しているという、その本質はきっと違わないものです。それらの写真は、年月と共に記憶の奥底に沈み行くものですが、実際に自分がふと見返した時に、その場の景色が、確かに思い出されるものだと思います。
例えば、その時の、暑さ・寒さ、香りや、その時の気持ち。
だからこそ、普遍的な日常を切り取ることが、そしてそれを後から見返すことが、かけがえの無い、誰かと過ごしてきた時間が、とてもいとおしいと感じます。


RICOH GR1S
(Kodak Portra400)

RICOH GR1S
(Kodak Ektachrome100)



私にとって、普遍的な日常を記録するカメラは、普遍的に持ち歩けるカメラであるのが望ましいです。
実際、これは私だけの経験だったらお恥ずかしいのですが、写真を撮るぞ、という気概で機材を組むと、どうしても「あまり写真的に映えないモノ」をマスキングしてしまいます。
「逡巡するヒマがあったら、シャッターを切れ」と、かつて恩師に教わったこともありました。その景色を撮ることができるのは、その時だけなのですから、当然です。


RICOH GR1S


そういった意味で、GR1Sは非常に合理的でした。
GRシリーズの、デジタルカメラに至るまで継承されたそのコンパクトさは、「とりあえず持っていこうかな」、という気分にしてくれるもの。
シリーズ通しての28mm相当の画角は、記録にも、なんだかよく分からないものを撮るにも、スナップにも、ポートレートにも、絶妙な焦点距離だということがよくわかります。
その描写性能も、プロカメラマンの懐刀とされた実績から見ても、確かなものがあります。
メイン機材にかかりっきりで、細かい操作さえも億劫な時は、カメラまかせの設定にしてとりあえずシャッターを押せば、写真が取れるのですから、こんなにありがたいことはありません。
一つだけ気がかりなのは、フィルムカメラのGR1シリーズを中古で探す場合、経年劣化でどこかしら不具合を抱えてる個体が多いということ。
代表的なのは、上面液晶パネルの表示不良や、レンズ内・ファインダー内のクモリです。
故に、もしフィルムGRが欲しくて、貴方の目の前に状態の良い個体が現れたら、その時こそがお買い時です。
中古商品は一期一会。是非ご検討ください。

フィルムカメラってなんだか難しそう・・・や、コストの面で・・・といった方には、デジタルカメラのGRがオススメです。
最新モデルのRICOH GR IIIはシリーズとして育まれてきた機能がしっかり落とし込まれ、なおかつコンパクト。
どんな機種かご興味のある方は、是非MapCamera本館3階の店頭でお試しください。

私は、小さくてひんやりとした金属ボディで、すこし控えめながら、しっかりと駆動していることが分かるAF音を響かせ、パチっと小気味よくシャッター音を鳴らすGR1Sが大好きです。

今日も今日とて、相棒のGR1Sで、記録を残そうと思います。



↓今回ご紹介したカメラはコチラ↓











〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: etc.|掲載日時:2019年10月30日 11時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!28票


【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】

【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】[2020年01月20日]

今回の掲載写真は「SONY α7S」にマウントアダプター「LA-EA3」を使い Aマウントレンズ「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM」で撮影しました。 こちらは東京・浅草周辺を歩いている時に見つけた面白い形の白い大きなオブジェ 側面に穴が開いており、穴からはスカイツリーが見えます。 スカイツリーの隠れ撮影スポットを発見しました。 穴の中にカメラを入れるとオブジェの内側を覗く事がで...
続きを読む
D780

【発売直前】 D780とはどんなカメラ?[2020年01月20日]

Nikon D780とはどんなカメラ? 待っていた方も多いのではないでしょうか。 2014年に登場し、 ミドルレンジのフルサイズデジタル一眼レフとして長年多くのユーザに愛されてきたD750。 時代の移り変わりとともに、 Nikon一眼レフの金字塔D850が登場したり、 待望のフルサイズミラーレスZシリーズが誕生してきましたが、 それとは別に、今の時代ならではの新しい技術を取り入れつつも 安心して使...
続きを読む
カタチから過去を振り返る

【街で見つけた形にフォーカス】カタチから過去を振り返る【FUJIFILM】[2020年01月19日]

FUJIFILMといえば最近は専ら『X-Pro3』の話題で持ちきりですが、 『X-Pro2』も捨てたものではありません。 今回、街で見つけた形にフォーカスということで、 その『X-Pro2』を片手に今まで撮影してきたものを振り返ります。 私の中で丸といえば、なぜか道路標識が優先度高めに出てきます… 最初の写真は福岡にいたときに撮影したもので、こちらは東京丸の内で撮影。 同じような被写体...
続きを読む
D780 体験レポート

【Nikon】D780 体験レポート in ニコンプラザ新宿[2020年01月18日]

先日、速報としてお伝えした『Nikon D780』の先行展示。 今回改めて、ニコンプラザ新宿で新製品の注目ポイントを伺ってきました。 2台用意されていた展示機の内、1台は「AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8 G ED」と「フィルムデジタイズアダプター ES-2」のセット。 ES-2は、マイクロレンズとの組み合わせで、35mm判フィルムを手軽にデータ化できる便利なアクセサリーですが、ネガフィルムをパソコン...
続きを読む
X-E3 レンズキット ブラック

【街で見つけた形にフォーカス】南町田【FUJIFILM】[2020年01月18日]

街で見つけた形にフォーカスということで、 新しい形を探しに新しいショッピングモールにいってまいりました。 2019年11月13日に開業した新しい大型商業施設です。 駅の名前まで「ショッピングモール名」に変わって町田市の本気をうかがえます。      目的は登山用品店mont-bellの大型店。 どこに行っても私の後ろを着いてくるだけの妻が、 登山店だけはフラフラと店内に消えていきます...
続きを読む