Select Language

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.4「50mmノ比較 その①」

[ Category: Leica|掲載日時:2019年11月05日 16時00分]








We are Summicron!!

この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。
1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。
今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。
十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。


今回ご紹介するのはズミクロン50mmF2。
「ライカ レンズ おすすめ」などと検索すると上位にヒットするレンズなのではないでしょうか。

たくさんありすぎて選べない…!そんなあなたに。
「50mmノ比較 その①」では開放F2での各レンズの描写を比較していきます。

We are summicron!!
まずはズミクロンM50mm F2 沈胴(ちんどう)です。
1954年生まれ、65歳のレンズですがその描写力は今なお多くのライカファンに愛されています。最短撮影距離は1m。
「沈胴」といってレンズがコンパクトに収納できる仕様になっています。固定鏡胴のモデルもあり、それは後期型とも言われたりします。
海外ではそれぞれ「Collapsible」「Rigid」と呼ばれています。

ズミクロン M50mm F2 沈胴
ズミクロン M50mm F2 沈胴(F2 SS1/1000 ISO200)
今回はうっすらとクモっている弊社コンディションでいう薄クモリの個体で撮影しています。


続いてズミクロンM50mm F2 2ndです。1969年-1979年まで製造されました。最短撮影距離が0.7m(70cm)まで短縮。
ズミクロン M50mm F2 2nd
ズミクロン M50mm F2 2nd(F2 SS1/1000 ISO200)
カラーフィルムの使用を意識した設計になりました。先程のレンズと比べると少しコントラストがついています。
固すぎず、優しさの残る描写にファンが多いレンズです。

続いてズミクロンM50mm F2 3rdです。ピントリングにノブが付きました。個人的には一番形が好きです。
ズミクロン M50mm F2 3rd
ズミクロン M50mm F2 3rd(F2 SS1/1000 ISO200)
画は少しキリッとした印象。実はこの時代から設計にコンピューターが用いられるようになり、
周辺減光(四隅が暗くなってしまう現象)や歪みを適切に補正できるようになりました。

続いてズミクロンM50mm F2 4thです。1994年から現代まで製造の続けられている現行タイプです。
レンズ構成などは3rdと殆ど変わりませんが、フードを組込むために後群のレンズを少しずらしています。
ズミクロン M50mm F2 4th
ズミクロン M50mm F2 4th(F2 SS1/1000 ISO200)※諸事情により撮影環境が変わっています…。
コーティングが良くなり、コントラストの向上、逆光耐性が良好になっています。
私がこのレンズを初めて使った感想は「F2でこんなに写るのか」でした。

…一通り撮り終えたあとにピントをPCで確認していたら4thだけ少し前ピンになっていました。とほほ。
せっかく同じ環境で撮ったのでボケ味などを確認して頂ければと思いますので、お恥ずかしいですが公開致します。

こちら。
ズミクロン M50mm F2 4th
他の写真と比べるとすこ~しだけぼやけて見えます。
その分ピント面がものすごくシャープなのでしょう。


続いてアポズミクロンM50mm F2 ASPH.です。
APO-Summicron50mm F2 ASPH.

アポズミクロンM50mm F2 ASPH.(F2 SS1/1000 ISO200)
一目見て思ったことが「後ろのボケが綺麗!」
スカッと抜けていて端麗な印象。
こんなコンパクトなレンズにフローティング機構や、組込フード等
ありとあらゆる技術が使われています。

続きまして【番外編】
ズミクロンC40mm F2です。ライカとミノルタと共同開発された、
Leica CLというフィルムカメラの為に作られたレンズです。
1973-1977年製造。最短撮影距離0.8m
C40mmF2

※距離計に「傾斜カム」というM型レンズとは異なる形状を採用しています。個体により異なりますが、私の使っている40mmはM6使用時に無限遠が合わないです。今回使用したM10ではライブビュー機能を使いピントを合わせました。
個人的な感想だと無限でなければ大体ピントが合うと思います。
フィルター径はS5.5という少し変わったサイズ。専用のラバーフードをつけ、11251というリングで挟み込む形でフィルターを装着します。また、サードパーティではS5.5→39mm(E39)へのステップアップリングなどもあり、それを使えば39㎜フィルターを装着させることも可能です。
※装着時にきつく締め付け過ぎると前玉が回ってしまう場合がございます。ご注意くださいませ。

いかがでしたでしょうか。
その②では初代ズミクロンでは最大の解像力になると言われたF4とF8での作例をご紹介!

現在、鋭意制作中。次の更新をお待ちください。

ちなみにこの植物は塊根植物の「ステファニア・エレクタ」です。
夏はこのぽやっとした雰囲気の葉っぱがすくすく育ちます。
寒くなってくると葉っぱが枯れてジャガイモのような出で立ちになります。
それがまた…。長くなりそうなのでここまでにします。


ご覧いただきありがとうございました。

それではまた。

ぼくらのズミクロン日記


↓使用した機材とおすすめ商品です↓












〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category: Leica|掲載日時:2019年11月05日 16時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!23票


Shinjuku

【街で見つけた形にフォーカス】NikonのライカLレンズをSONYで撮る[2020年01月27日]

ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Nikon W Nikkor 3.5cm F2.5 (L39) マウントアダプター:K&F Concept KF-LME - Voigtlander L/Mリング 35/135用  NikonのLレンズ?と思った方もいると思います。今回使用したのは、NikonのL39マウントレンズ、Nikkor 3.5cm F2.5です。今回は、コンパクトながらも準広角レンズであり、F2.5とスナップとしては十分な明るさをもつ、『W Nikkor 3.5cm F2.5』を使用して撮影を...
続きを読む
ねずみ年とRP

【街で見つけた形にフォーカス】ねずみ年とRP【Canon】[2020年01月26日]

2020年。 早くも1ヵ月が過ぎようとしています。 2020年の干支はねずみ。 ねずみの形を探してみようかと考えましたが私の頭に浮かんだねずみは一つでした。 入門向けのフルサイズミラーレスEOS RPと使い勝手に定評のあるRF24-105/F4を携えて、とあるテーマパークへ行ってきました。 まず使用してみて感じたことは『軽い』と言う事。 筆者は2019年に発売されたフルサイズミラー...
続きを読む
α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z

【街で見つけた形にフォーカス】曇天から斜陽【SONY】[2020年01月25日]

街で見つけた形にフォーカス。 あっという間に令和2年目を迎えた1月の中旬、曇天模様の空の下、多摩センター駅周辺を散策することにしました。 この辺りは昔からの生活県内であり見慣れた街なのですが、ファインダーを通し新たな「形」の発見を期待して来たのでした。 雨が降らないことを祈りつつ、散策を始めます。 駅を出てすぐ、六角形のガラス張りの天蓋が二基。 あいにくの曇り空です...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

【街で見つけた形にフォーカス】気ままにスナップin下北沢【OLYMPUS】[2020年01月25日]

今回の撮影場所は下北沢です。小田急線の地下化工事が終わり、ここ5年程の間に周辺の開発が進み、地上の景色もだいぶ様変わりしてきました。 そんな下北沢でカメラを手に、お散歩スナップして参りました。気になるものに気ままにフォーカス。短いひと時でしたが、楽しい撮影でした。 以前にも似たようなことを書きましたが、真冬の撮影は日の傾きが思いのほか早く、ちょうどよく...
続きを読む
null

【Nikon】開放F値1.2!1977年生まれの元祖ノクトの作例[2020年01月24日]

先日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。本日は、元祖ノクトニッコールを最新のボディであるZ7と組み合わせて、すべて開放F値1.2で撮影してきました。1977年(昭和52年)生まれの実力やいかに! ショーウインドウに飾られたスパンコールが付いたバッグ。ベージュ系の優しい色合いの服飾に似合うやわらかい描写です。 街角に貼られたステッカー群。目が合った気がして...
続きを読む