Select Language

【FUJIFILM】新たな世界をX-A7で

[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2019年11月08日 12時30分]


FUJIFILM X-A7+XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ

今回は10月25日に新発売したFUJIFILM X-A7を使用した写真をご紹介いたします。
ご紹介する写真はすべてキットレンズで撮影した写真で、撮ってから編集・レタッチは一切せず、そのまま載せております。

FUJIFILM X-A7+XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ
Aモード 1/52 F5 ISO1000 PROVIA/スタンダード

こちらの機種にはFUJIFILMでは数少ないモードダイヤルがついているため、はじめての方でも簡単に撮影することが出来ます。

また、X-A7の特徴は通常よりも横に広い3.5インチの16:9大型液晶モニターが搭載されています。
非常に見やすく、とても新鮮な気持ちで楽しく撮影が出来ました。
その特徴を生かし、今回は16:9で撮影してみました。

私がとても驚き、良き点だと思ったところは、新たに作られたタッチパネルメニューの使いやすさです。
はじめてカメラを使う方はもちろん、他のカメラを持っている人でも、迷わず直感的に操ることが出来ると感じました。
実際に私がはじめて使用する際も、迷うようなことはなく、すぐに撮影を楽しむことができました。

FUJIFILM X-A7+XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ
Pモード 1/420 F11 ISO200 Velvia/ビビッド

数あるカメラメーカー中でなぜFUJIFILMを選ぶのか…。
その理由のひとつは、FUJIFILMがこだわり続ける色の表現。
FUJIFILMの色作りは純粋な発色をしつつ、どこか気分を明るくしてくれるような色付けをしてくれるので、私はとても気に入っています。
なにより、フィルム製造メーカーだからこそ出来る、他メーカーには真似できない色の表現だと思います。
そのフィルムのような色合いを忠実に再現してくれる「フィルムシミュレーション」も非常に人気です。

FUJIFILM X-A7+XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ
夜景モード 1/40 F4 ISO1000 PROVIA/スタンダード

上記の写真は、撮影モードを夜景モードに変更し、そのまま撮った写真です。
簡単に撮影できたにも関わらず、とてもキレイな写真が撮れました。

FUJIFILM X-A7+XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ
Aモード 1/42 F4.5 ISO1250 Velvia/ビビッド

レンズキットでついてくるXC15-45mmのレンズもとても魅力的です。
丸ボケが美しく、写真を引き立ててるキレイな描写をしてくれました。
この描写力もさることながら、コンパクトかつ軽量ですので、持ち運びに便利で、気軽に持ち出すことができます。

FUJIFILM X-A7+XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ
アドバンストフィルター 1/42 F4.5 ISO1250 モノクロ(近赤外風)

FUJIFILM X-A7+XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ
アドバンストフィルター 1/42 F4.5 ISO1600 ソフトフォーカス

また、上記2枚は喫茶店で最初に出てきた水をオシャレに撮ってみようと
アドバンスフィルターモードに切り替え、2つのフィルターで撮り比べしてみました。
同じ被写体とは思えないほどの印象が違う写真の仕上がりになりました。どちらもそれぞれ魅力を感じます。
全14つもあるフィルターで撮り比べしてみるのも面白いかもしれません。
是非お気に入りのアドバンスドフィルターを探してみてください。

FUJIFILM X-A7+XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ
Aモード 1/38 F4.5 ISO1600 Velvia/ビビッド

最後に、スマートフォンで簡単に画質が良い、キレイな写真を撮れるようになった今、
カメラにお金を出し、カメラを持っている、もしくは持ってみたいと思うキッカケは何でしょうか。
持っていることがかっこいいから、旅行で写真をたくさん撮りたいから、背景をボカして撮りたいから、
オシャレな写真が撮れるから、スマートフォンでは撮れない景色があるから…など、さまざまな理由があると思います。

どんな理由でもステキだと私は思います。ぜひカメラを所有し、撮る喜びを多くの方が知っていただけると幸いです。

FUJIFILM X-A7+XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ
Pモード 1/30 F4.7 ISO3200 ブラック

ちなみに、私が思う「カメラを持つ」理由のひとつに、カメラを構えることでしか撮れない写真がある、というのがあります。
X-A7はレンズ交換式カメラですので、慣れてきたら、新しい表現を目指してレンズを買い足してみる楽しさもあります。
レンズを1本変えただけでガラッと写る世界が変わるので、写真の魅力にどんどんはまっていってしまうかもしれません。

FUJIFILM X-A7+XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ
Aモード 1/8 F5.6 ISO3200 ASTIA/ソフト

今回の撮影を通して、はじめての方に非常におすすめできる1台であると、改めて感じました。
画質も操作性も文句なしのX-A7+XC15-45mmのセットから、
カメラ・FUJIFILMデビューに挑戦してみてはいかがでしょうか。

FUJIFILM X-A7 デビューキャンペーン

▼今回使用した機材はこちら▼




〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2019年11月08日 12時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!22票


【FUJIFILM】X-T4 ついに発表!

【FUJIFILM】X-T4 ついに発表! [2020年02月26日]

富士フイルムより待望の新製品『X-T4』がついに発表されました!一眼レフスタイルの『X-Tシリーズ』は様々な撮影シーンに対応できるフラッグシップ機として、世界的な人気を誇るシリーズです。噂のボディ内手振れ補正はどうなったのか!?新たなフィルムシミュレーションの追加は!?など、マップカメラ的に気になる進化点をご紹介いたします。 5軸手ブレ補正 最大6...
続きを読む
【D780徹底レポート!】第四回 休日の相棒

【D780徹底レポート!】第四回 休日の相棒[2020年02月26日]

マップカメラ本館3階 Nikonフロアスタッフが綴るD780徹底レポート、 第四回となる今回は、機能面やスペックなどの深堀りのお話ではなく、 単純に、筆者のとある休日で写真を楽しんだブログをお送りいたします。 実を言いますと、筆者はプライベートでは新品で5年以上前に買ったカメラを未だ愛用しております。 最新を購入しなくとも、昔のカメラのスペックで充分楽しめると考えてしまう人間で...
続きを読む
【Leica】みんなのライカ

【Leica】みんなのライカ[2020年02月25日]

ライカブティックMapCamera Shinjuku は、2月20日にオープン7周年を迎えることとなりました。 これもひとえに、たくさんのお客様のご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一同一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 さて、今日は本館地下スタッフの...
続きを読む
ACROS IIで撮る鎌倉

【FUJIFILM】ACROSⅡで撮る鎌倉[2020年02月25日]

去年の11月に発売された富士フイルムのネオパン100 ACROS II。富士フイルムは、需要の減少と原材料の入手困難により、2018年秋に全ての黒白フィルムの販売を終了していましたが、販売継続を望む声が多く寄せられたことを受けこの度ACROSⅡとして復活したのです!価格高騰や生産終了などのニュースが相次ぐ中、この復活はとてもうれしいニュースです。 今回はそんなACROSⅡを使って鎌倉で撮影をしてき...
続きを読む
SIGMA fp + SIGMA MC-21 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD

【SIGMA】しぐまびより Part35[2020年02月25日]

SIGMA fp から使えるようになった「ティールアンドオレンジ」 Quattroから使えるようになったアスペクト比「21:9」と 合わせることがすっかりマイブームになりました。 現像ソフト「Adobe Lightroom」に SIGMAの カラーモードを反映できるプリセットが用意されるようになってから最近はこちらで現像しています。 「ティールアンドオレンジ」のみだけでなく「サンセットレッド」なども使えま...
続きを読む