Select Language

【SIGMA】しぐまびより Part32

[ Category: SIGMA|掲載日時:2019年11月07日 13時35分]




SIGMA fp 発売から約2週間。
ユーザーの方達も撮影を楽しんでいらっしゃると思います。

今回は fp に Lマウントレンズの
SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG DN と
MC-21 で Art 70mm F2.8 DG MACRO を装着して
撮影したブログをご紹介させていただきます。

SIGMA fp x Art 14-24mm F2.8 DG DN


Art 14-24mm F2.8 DG DN はその超広角からのスペックから考えると
驚くほど小ぶりで軽量なレンズです。

冒頭の一枚目は Art 14-24mm F2.8 DG DN で撮影。
ただまっすぐ上を見上げただけですが、超広角の画角が
ダイナミックに演出してくれました。

ちなみにとても秋色っぽいのですが実際にはまだ緑色の木々。
実はこれカラーモードを「T&O」に設定しています。
このカラーモードで緑を撮ると季節感まで変わります。
気持ち早めに秋気分。。

SIGMA fp x Art 14-24mm F2.8 DG DN


超広角ならではの一点への収束と迫力。
グググっと引き寄せられるような感覚。

SIGMA fp x Art 14-24mm F2.8 DG DN


これはガラスに反射した光が地面を照らしていてその照り具合が素敵だったので撮りました。
ここに人がいたらより良いアクセントになったでしょうか。
これだけでは印象が薄くても超広角でダイナミックに撮ると
意外に画になったり、、しているといいのですが。

SIGMA fp x Art 14-24mm F2.8 DG DN


いい斜光があったので一枚。
この写真はSPPで現像、FillLightをマイナス調整しました。
この距離で撮影しても壁の質感の細かさまで描写しているのに驚きました。
fpはFOVEONセンサーではないはずなのに、時折FOVEONの描写を感じます。

SIGMA fp x Art 14-24mm F2.8 DG DN


影のグレートーンがとても魅力的です。
Art 14-24mm F2.8 DG DN は最新式のレンズだけあって
空に向けて撮ってもコントラストばっちりの素晴らしいレンズです。
その上、こういう光の機微もしっかり捉えてくれる。
fpに装着してもバランスの崩れないとても良いレンズでした。

------------------------------------------------------


さて、次は「Art 70mm F2.8 DG MACRO」
実はハーフマクロはよく使っていたのですが(というかdp3)
等倍マクロレンズでじっくり撮影したのは今回が初めてです。

SIGMA fp x Art 70mm F2.8 DG MACRO


んーーー、なんというのでしょう。
マクロレンズ撮影の魅力にはまってしまう方達の気持ちがとても良く分かります。
このレンズが写しだす世界にゾクゾクしてしまいました。

SIGMA fp x Art 70mm F2.8 DG MACRO


SIGMA fp x Art 70mm F2.8 DG MACRO


私達が普段何気なく見ていた世界を覗き込む感覚。
「没頭する」というのがマクロの魅力なのかなと思いました。
そして同時にその撮影のシビアさにしびれました。
私達が感じることもないような少しの風で揺れる被写体。
三脚でじっくり撮る必要性も感じました。
今回は手持ちで頑張るしかなかったので何枚も同じ写真を撮りながら当たりを探しました。

SIGMA fp x Art 70mm F2.8 DG MACRO


SIGMA fp x Art 70mm F2.8 DG MACRO


かつて「カミソリマクロ」と呼ばれた伝説の 70mm MACROが
Artとして生まれ変わったのですが、モニター越しでもわかる写りの良さ。
fpに着けると「dp3」の画角とほぼ変わらず、しかも等倍マクロまで出来るという組み合わせ。
「dp3」の画角をこよなく愛していた自分としてはこの組合せはとても魅力的でした。
今回はマクロの部分にだけ注力しましたが、普段使いのレンズとしてのポテンシャルも
ご紹介出来る機会があればそのうちしたいものです。

------------------------------------------------------

さて、駆け足ではございましたが
fp に2本のArtレンズのご紹介をさせていただきました。

この2本のレンズを選んだ理由はボディとのバランスを考えたときに、
レンズが大きくなりすぎないことを考えてみました。

fpのカタログの見開きに
fortissimo,pianissimo
という音楽の強弱記号が書いてあります。
個人的にこの頭文字を取って「fp」なのかなと思ったのですが
fortissimo (とても)強く pianissimo (とても)弱く
という強弱記号の名のカメラはそのまま可能性の幅なのかなと勝手に思っていたり。

そしてその可能性のとおり
いろいろな楽しみ方が出来る「fp」
これからも少しずつ、ご紹介できればと思います。

というわけで覚えてくださっていた方がいれば幸いです。
「しぐまびより」
またひっそりと続けさせていただきます。
それではまた。








〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: SIGMA|掲載日時:2019年11月07日 13時35分]

面白いと思ったらコチラをClick!27票


【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”

【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”[2020年02月19日]

皆様一眼レフ使っていらっしゃいますか? ここ最近はミラーレスの隆盛ですっかり影をひそめてしまった一眼レフですが、ここにきてニコンから待望のビッグネームが登場しました。 その名もD780!名機と名高いD750の後継機です。 今回の記事では、カタログスペックでは解らない細かい所について掘り下げます。 せっかくなので、わが愛機であり直接のライバルとなるであろうCanon EOS 6D MarkⅡとの...
続きを読む
【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~

【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~[2020年02月18日]

皆さま、こんにちは。 MapCameraの店舗のある新宿は暖かいなぁと感じる日がだんだんと多くなってきました。 さて、今回はLeica M10-PとNOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VMを使って写真を撮ってきました。 VMとはVoigtlander Mマウントの略です。 VoigtlanderのBessaシリーズをはじめとしてM型ライカのカメラにも装着することが出来ます。 まずは開放F1.5。優しいピント面からなだら...
続きを読む
光害カットフィルター「StarScape」の魅力

【marumi】光害カットフィルター「StarScape」の魅力[2020年02月17日]

α7RⅣ + FE24-70mm F2.8 GM + M100 + StarScape for M100 + ND8 65mm | F8 | 31s | ISO100 東京都江東区にて 古今を問わず、写真撮影の応用として、「特殊な効果」を持ったフィルターは大変人気です。例えば、「C-PLフィルター」「NDフィルター」等はその中でも定番です。更に特殊なものとして、カラーフィルターやソフトフィルター、クロスフィルターなんかがありますが、昨今では夜景を...
続きを読む
【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】

【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月16日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『4K動画×手ブレ補正』 手持ちでシネマクオリティを実現するOM-D Movie 4K動画撮影機能はもちろん、E-M1 X...
続きを読む
null

私の現像レシピ[2020年02月15日]

先日、自分でフィルム現像をしていて本当に良かったなぁと感じたことがありました。 カメラ屋さん「ご自身で現像されたんですか?」 私「ええ、意外と簡単ですよ。」 カメラ屋さん「私も興味がありまして... 暗室でですか。」 私「いえ、暗室がなくてもできますよ。私はお風呂場を暗室の代わりにしてやってます。」 カメラ屋さん「すごい、私もやってみようと思います。」 自家現像...
続きを読む