Select Language

【SIGMA】しぐまびより Part32

[ Category: SIGMA|掲載日時:2019年11月07日 13時35分]




SIGMA fp 発売から約2週間。
ユーザーの方達も撮影を楽しんでいらっしゃると思います。

今回は fp に Lマウントレンズの
SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG DN と
MC-21 で Art 70mm F2.8 DG MACRO を装着して
撮影したブログをご紹介させていただきます。

SIGMA fp x Art 14-24mm F2.8 DG DN


Art 14-24mm F2.8 DG DN はその超広角からのスペックから考えると
驚くほど小ぶりで軽量なレンズです。

冒頭の一枚目は Art 14-24mm F2.8 DG DN で撮影。
ただまっすぐ上を見上げただけですが、超広角の画角が
ダイナミックに演出してくれました。

ちなみにとても秋色っぽいのですが実際にはまだ緑色の木々。
実はこれカラーモードを「T&O」に設定しています。
このカラーモードで緑を撮ると季節感まで変わります。
気持ち早めに秋気分。。

SIGMA fp x Art 14-24mm F2.8 DG DN


超広角ならではの一点への収束と迫力。
グググっと引き寄せられるような感覚。

SIGMA fp x Art 14-24mm F2.8 DG DN


これはガラスに反射した光が地面を照らしていてその照り具合が素敵だったので撮りました。
ここに人がいたらより良いアクセントになったでしょうか。
これだけでは印象が薄くても超広角でダイナミックに撮ると
意外に画になったり、、しているといいのですが。

SIGMA fp x Art 14-24mm F2.8 DG DN


いい斜光があったので一枚。
この写真はSPPで現像、FillLightをマイナス調整しました。
この距離で撮影しても壁の質感の細かさまで描写しているのに驚きました。
fpはFOVEONセンサーではないはずなのに、時折FOVEONの描写を感じます。

SIGMA fp x Art 14-24mm F2.8 DG DN


影のグレートーンがとても魅力的です。
Art 14-24mm F2.8 DG DN は最新式のレンズだけあって
空に向けて撮ってもコントラストばっちりの素晴らしいレンズです。
その上、こういう光の機微もしっかり捉えてくれる。
fpに装着してもバランスの崩れないとても良いレンズでした。

------------------------------------------------------


さて、次は「Art 70mm F2.8 DG MACRO」
実はハーフマクロはよく使っていたのですが(というかdp3)
等倍マクロレンズでじっくり撮影したのは今回が初めてです。

SIGMA fp x Art 70mm F2.8 DG MACRO


んーーー、なんというのでしょう。
マクロレンズ撮影の魅力にはまってしまう方達の気持ちがとても良く分かります。
このレンズが写しだす世界にゾクゾクしてしまいました。

SIGMA fp x Art 70mm F2.8 DG MACRO


SIGMA fp x Art 70mm F2.8 DG MACRO


私達が普段何気なく見ていた世界を覗き込む感覚。
「没頭する」というのがマクロの魅力なのかなと思いました。
そして同時にその撮影のシビアさにしびれました。
私達が感じることもないような少しの風で揺れる被写体。
三脚でじっくり撮る必要性も感じました。
今回は手持ちで頑張るしかなかったので何枚も同じ写真を撮りながら当たりを探しました。

SIGMA fp x Art 70mm F2.8 DG MACRO


SIGMA fp x Art 70mm F2.8 DG MACRO


かつて「カミソリマクロ」と呼ばれた伝説の 70mm MACROが
Artとして生まれ変わったのですが、モニター越しでもわかる写りの良さ。
fpに着けると「dp3」の画角とほぼ変わらず、しかも等倍マクロまで出来るという組み合わせ。
「dp3」の画角をこよなく愛していた自分としてはこの組合せはとても魅力的でした。
今回はマクロの部分にだけ注力しましたが、普段使いのレンズとしてのポテンシャルも
ご紹介出来る機会があればそのうちしたいものです。

------------------------------------------------------

さて、駆け足ではございましたが
fp に2本のArtレンズのご紹介をさせていただきました。

この2本のレンズを選んだ理由はボディとのバランスを考えたときに、
レンズが大きくなりすぎないことを考えてみました。

fpのカタログの見開きに
fortissimo,pianissimo
という音楽の強弱記号が書いてあります。
個人的にこの頭文字を取って「fp」なのかなと思ったのですが
fortissimo (とても)強く pianissimo (とても)弱く
という強弱記号の名のカメラはそのまま可能性の幅なのかなと勝手に思っていたり。

そしてその可能性のとおり
いろいろな楽しみ方が出来る「fp」
これからも少しずつ、ご紹介できればと思います。

というわけで覚えてくださっていた方がいれば幸いです。
「しぐまびより」
またひっそりと続けさせていただきます。
それではまた。








〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: SIGMA|掲載日時:2019年11月07日 13時35分]

面白いと思ったらコチラをClick!27票


null

【街で見つけた形にフォーカス】しぐまびより Part34【SIGMA】[2020年01月31日]

まる、さんかく、しかく。 一度(ひとたび)意識を向けてみれば 世の中は形で出来たものばかり。 写真だって形にすれば四角形。 というわけでひねくれものは街に形を探しに出掛けます。 たまに唐突に神田駅と秋葉原駅の線路沿いを歩きたくなります。 今回もそのつもりだったのですが気まぐれに向かった反対側。 所狭しと四角形。 立ち並ぶビルも立派な四角形です。 何個の数の四角...
続きを読む
【街で見つけた形にフォーカス】年越しfp【SIGMA】

【街で見つけた形にフォーカス】年越しfp【SIGMA】[2020年01月04日]

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:800 『街』ではなく『家』ですね。 あけましておめでとうございます。 本年もMapTimesをよろしくお願いいたします。 と言う挨拶はいつまでしていいものか調べてみましたが 松の内(門松などのお飾りを飾っておく期間)とされる15日までしていいそうです。 写真はいまさらのクリスマスケーキ。 私は趣味でお菓子を作るので、クリ...
続きを読む
【SIGMA】魅惑のArtレンズ

【SIGMA】魅惑のArtレンズでイルミネーションを撮る[2019年12月28日]

できるだけ手軽に、かつ綺麗にイルミネーションを撮りたい。 そんな思いで選んだレンズは 「SIGMA Art 30mm F1.4 DC HSM」 「Canon EOS 8000D」と共に持ち出して、 まばゆい光の世界を冒険していきます。 [1/160 F/1.8 ISO800] [1/160 F/1.8 ISO800] [1/200 F/1.4 ISO800] 見渡す限りの光の粒の中、三脚を使わずに直感を頼りにシャッターを切っていく。 たったそれだ...
続きを読む
FOVEONモノクロームスナップ

【SIGMA】FOVEONモノクロームスナップ[2019年12月14日]

焦点距離:16mm 絞り:f10.0 シャッタースピード:1/8秒 ISO:800 SIGMAのsd Quattroと超広角ズーム8-16mm F4.5-5.6DC HSM、高倍率ズーム18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM、APS-C用単焦点Art 30mm F1.4 DC HSMの3本のレンズでスナップ撮影をしてきました ご存知の方も多いかと思いますがSIGMA sd QuattroのFOVEONセンサーはその特性上、モノクローム撮影に向いています という事で今回は全...
続きを読む
null

【SIGMA】しぐまびより Part33[2019年12月05日]

ひかり。 背の高いビルが立ち並ぶ街の日向と日陰のコントラストは一層強く、 その時その時にしか見れない街の風景の連続だったりする。 あとで撮ろうと思っていたらチャンスを逃してしまう、なんてことは何度も経験しています。 同じ街に何回足を運ぼうが、同じ顔を見れることはない。 何度も何度も通ったからこそ見れる瞬間があるのだと思います。 強くて明るい光と淡くて柔ら...
続きを読む