Select Language

【FUJIFILM】X-Pro3と行く日光の旅

[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2019年11月12日 16時28分]



テレビで某鉄道会社が名曲My Favorite Thingsをバックに京都に行くCMも流れ始めましたね。

ということで「そうだ!紅葉撮りに行こう」となり、両親と奥さんを引き連れてと日光へ向かいました。

相棒は今月28日に発売予定の「FUJIFILM X-Pro3」。
まだまだカメラ初心者の筆者は普段「X-T20」を愛用しており、「X-Pro」シリーズは初体験。

ファインダーの位置の違いだけでも戸惑うようなレベルですが、
愛用の「フジノン XF 35mm F1.4 R」を装着して、秋の日光を満喫してきました。

まずは「湯ノ湖」へ。

日の当たっている場所は紅葉が進んでおりますが、そこまで当たってない場所はまだ青々しい葉が生い茂ってる箇所もあり、
またそのコントラストが非常に美しかったです。

是非、撮影にはお勧めのスポットです。


湯ノ湖


湯ノ湖


そんな各々の色を際立たせたいときには、FUJIFILMのフィルムシミュレーション「Velvia」が力を発揮します。
X-Pro3のボディ背面に新たに採用した1.28インチ・カラーメモリ液晶モニターに映るパッケージアイコンがまたマニア心をくすぐります。



湯の湖のススキ


日光では戦場ヶ原のススキがとても有名ですが、私はこの湯ノ湖のほとりの「葦(アシ)」達の方がバックの景観も含めて好みです。

ちなみにこの後、野生の猿を発見し撮影しようとしたらすさまじい勢いで追いかけられました・・(汗


日も高くなってきたころ「龍頭の滝」と「華厳の滝」へ。


竜頭の滝


華厳の滝


滝の数が多いことでも日光は有名ですが、飛び散る水しぶきや滝つぼから上がるマイナスイオン全開の霧状のしぶきもX-T3やX-T30でも採用されている「X-Trans(TM)CMOS 4」センサーと高速画像処理エンジン「X-Processor 4」によって高精度の描写を実現しています。

さらにFUJIFILMデジタルカメラ初となる軽量・高強度なチタンを採用したことに加え、ボディ70ヶ所にシーリングを施した防塵・防滴構造という完全防備なのでどれだけ近づいても安心です。
(使用したXF 35mm F.14 Rが防滴構造ではないので、そこまで近づけませんでしたが...)

そのあとは2017年に改修が完了した「日光東照宮」へ



東照宮


東照宮も紅葉している個所としていない箇所が結構明確に出ており、ここではまだ青々しい竹たちが気持ちよさそうに光を浴びており自然とシャッターを切っていました。



東照宮


東照宮


東照宮


神社仏閣周りは日常でもよく撮りに行くのですが、やはりそこは世界遺産!
全ての建造物、彫刻、レベルの違いを感じます。

ちなみに陽明門の龍の彫刻が、2段になっていますが、下の段は「息」という生き物だそうです。
(横にいたツアーのアナウンスに聞き耳立てて得た情報です)



東照宮


東照宮


光と影のコントラスト、ボケ味の表現などFUJIFILMの真骨頂!

X-Pro3とXF 35mm F1.4 Rの相性は統一されたブラックのルックスはもちろんのこと、映し出させる写真や撮影を楽しくさせてくれるという気持ちとしてもバッチリです!

是非皆様にもこの組み合わせを体験いただきたい。




今回の使用機材








〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2019年11月12日 16時28分]

面白いと思ったらコチラをClick!19票


楽器を撮る。

【Canon】楽器を撮る。[2019年12月06日]

楽器を演奏する姿はかっこいい。 カメラを手にしてから、一番に撮りたいと思っていたのが、バンドのライブ写真だった。 私がギターを弾くという事もあり、自然に浮かんだ被写体だったからだ。 ひとつひとつのバンドが個性的で、撮影している時はとても楽しく、過ぎる時間はあっという間だ。 ライブ写真の中で、ギターに注目して今回のブログを書いてみた。 新品のギターも好きだが...
続きを読む
null

【SIGMA】しぐまびより Part33[2019年12月05日]

ひかり。 背の高いビルが立ち並ぶ街の日向と日陰のコントラストは一層強く、 その時その時にしか見れない街の風景の連続だったりする。 あとで撮ろうと思っていたらチャンスを逃してしまう、なんてことは何度も経験しています。 同じ街に何回足を運ぼうが、同じ顔を見れることはない。 何度も何度も通ったからこそ見れる瞬間があるのだと思います。 強くて明るい光と淡くて柔ら...
続きを読む
写真展のご案内 〜『BRITONS images of my memory』

写真展のご案内 〜『BRITONS images of my memory』 KENJI NAKAMURA PHOTO EXHIBITION 2019~[2019年12月04日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 『BRITONS images of my memory』 NAKAMURA PHOTO EXHIBITION2019 です。 是非足をお運び下さい。 会期:2019年12月7日(土)& 12月8日(日)12:00〜21:00 会場:吉祥寺・オルレアカメラ ギャラリー 東京都武蔵野市吉祥寺本町3-12-3
続きを読む
Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR

【飛行機を撮ろう】バイバイ レコンファントム ~午前の部~【Nikon Z50】[2019年12月04日]

Nikon Z50 × 令和元年度百里基地航空祭 【1/200 |F8 | ISO100 | Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR】 12月1日(日)は茨城県にて、 令和元年度百里基地航空祭が催されました。 百里基地の名物、 航空自衛隊の偵察機RF-4E/EJは今年度で運用が終了し、 来年度中には同基地のF-4EJ/EJ改も運用が終了するので、 往年の名機「ファントム」を満喫できる最後の航空祭となりました。 行ってみた方も...
続きを読む
大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-

大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-[2019年12月03日]

PENTAX67、通称"バケペン"と呼ばれるこのカメラ。 一眼レフカメラをそのまま巨大化させたフォルムがまるで お化けの様だと例えられ、長く愛される6x7の中判機。 その中でも今回取り上げる67IIは、 AEファインダーと併用する事によって絞り優先モードの 使用が可能なところが最大のポイント。 これが実際に使ってみると…「コレ無くしては…!」と考えてしまう程に テンポ良く速写が可能...
続きを読む