Select Language

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.5 ~ズミクロンには見えている~

[ Category: Leica|掲載日時:2019年11月20日 11時00分]

We are Summicron!!

この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。
1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。
今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。
十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。


焦点を当てたのは35mmズミクロン。
35mmズミクロンは「~世代」という呼び方ではなく、そのレンズの構成枚数で呼称されます。
6群8枚の"8枚玉"→4群6枚の"6枚玉"→5群7枚の"7枚玉"→フードはめ込み"(旧)ASPH."と呼ばれ、歴史を刻んできました。

ぼくらのズミクロン日記Vol.5では8枚玉、6枚玉、7枚玉そしてフードはめ込み(旧)ASPH.タイプを使用しました。
また、今回はLeica M Monochrom(Typ246)を使用のためカラーはありません、あしからず。

Summicron 35mm (旧)ASPH.
Summicron 35mm F2 (旧)ASPH.

今回は細部拡大時の解像度を見てみます。
四角い枠の部分、無限遠ですが手前の描写の違い
を覗いていきましょう。

先ずはコチラ35mmフードはめ込み(旧)ASPH.
同じレンズで F2(1枚目)とF11(2枚目)を比べてみます。

Summicron 35mm F2 (旧)ASPH.
Summicron 35mm F2 (旧)ASPH.  F2

asph.
Summicron 35mm F2 (旧)ASPH.  F11

同じ無限遠でも、こうも違います。
ここまで細部がシャープに写るとは…!

ではこのシャープネス
8枚玉→6枚玉→7枚玉→(旧)ASPH.の順で絞ったときでは
変わってくるのでしょうか?
同じくF11で撮影したものを比べていきます。

>Summicron 35mm F2 8枚玉
Summicron 35mm F2 8枚玉


Summicron 35mm F2 6枚玉
Summicron 35mm F2 6枚玉


Summicron 35mm F2 7枚玉
Summicron 35mm F2 7枚玉


Summicron 35mm F2 (旧)ASPH.
Summicron 35mm F2 (旧)ASPH.



違いが判りません、
この撮り比べ、雲行きが怪しいものになってきました。

…さて、気を取り直して次の写真いってみましょう!

Summicron 35mm F2 (旧)ASPH.
Summicron 35mm F2 (旧)ASPH.


分かりやすいように、炭酸水を入れます。
撮影後はスタッフが美味しくいただきました。

今度はF2 開放で撮影したものを比べていきます。
Summicron 35mm F2 8枚玉
Summicron 35mm F2 8枚玉


Summicron 35mm F2 6枚玉
Summicron 35mm F2 6枚玉


Summicron 35mm F2 7枚玉
Summicron 35mm F2 7枚玉


Summicron 35mm F2 (旧)ASPH.>
Summicron 35mm F2 (旧)ASPH.


ピント面が甘い気もしますが
質感の描写の繊細さはここまで拡大しても損なわれません。

ハイライトが僅かに違うような…

因みにF16まで絞ると、
Summicron 35mm F2 (旧)ASPH.
Summicron 35mm F2 (旧)ASPH.

まるで洗剤のCMのように、水垢まできちんと描写します。


眼鏡をおきます。
こちらも開放で、被写体は無機物だらけです。
Summicron 35mm F2 (旧)ASPH.
Summicron 35mm F2 (旧)ASPH.


>Summicron 35mm F2 8枚玉
Summicron 35mm F2 8枚玉


>Summicron 35mm F2 6枚玉
Summicron 35mm F2 6枚玉


Summicron 35mm F2 7枚玉
Summicron 35mm F2 7枚玉


Summicron 35mm F2 (旧)ASPH.
Summicron 35mm F2 (旧)ASPH.


眼鏡のツルの部分に小さな文字があるのですが、どのレンズも
潰れることなく描写していることに感動しています。
若干ハイライトの流れ具合が個体差なのか古い年代に向かって滑らかでしょうか?

撮影時に私たちが確認していなかったものを
ズミクロンは既に捉えていたのだと、そう思うと
ほんとに頼りがいがあるレンズだと思います。

撮りくらべにおいては微々たる違いでしたが、、
"貴方のズミクロン"を選ぶきっかけとちょっとした参考になればと思います。

そして "僕ミクロン" まだまだ続きます!
(僕らのズミクロン日記、弊社の地下スタッフの間では愛着を持ってそう呼ばせていただいております)
ぼくらのズミクロン日記


↓使用した機材とおすすめ商品です↓












〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category: Leica|掲載日時:2019年11月20日 11時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!14票


null

【SIGMA】しぐまびより Part33[2019年12月05日]

ひかり。 背の高いビルが立ち並ぶ街の日向と日陰のコントラストは一層強く、 その時その時にしか見れない街の風景の連続だったりする。 あとで撮ろうと思っていたらチャンスを逃してしまう、なんてことは何度も経験しています。 同じ街に何回足を運ぼうが、同じ顔を見れることはない。 何度も何度も通ったからこそ見れる瞬間があるのだと思います。 強くて明るい光と淡くて柔ら...
続きを読む
写真展のご案内 〜『BRITONS images of my memory』

写真展のご案内 〜『BRITONS images of my memory』 KENJI NAKAMURA PHOTO EXHIBITION 2019~[2019年12月04日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 『BRITONS images of my memory』 NAKAMURA PHOTO EXHIBITION2019 です。 是非足をお運び下さい。 会期:2019年12月7日(土)& 12月8日(日)12:00〜21:00 会場:吉祥寺・オルレアカメラ ギャラリー 東京都武蔵野市吉祥寺本町3-12-3
続きを読む
Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR

【飛行機を撮ろう】バイバイ レコンファントム ~午前の部~【Nikon Z50】[2019年12月04日]

Nikon Z50 × 令和元年度百里基地航空祭 【1/200 |F8 | ISO100 | Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR】 12月1日(日)は茨城県にて、 令和元年度百里基地航空祭が催されました。 百里基地の名物、 航空自衛隊の偵察機RF-4E/EJは今年度で運用が終了し、 来年度中には同基地のF-4EJ/EJ改も運用が終了するので、 往年の名機「ファントム」を満喫できる最後の航空祭となりました。 行ってみた方も...
続きを読む
大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-

大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-[2019年12月03日]

PENTAX67、通称"バケペン"と呼ばれるこのカメラ。 一眼レフカメラをそのまま巨大化させたフォルムがまるで お化けの様だと例えられ、長く愛される6x7の中判機。 その中でも今回取り上げる67IIは、 AEファインダーと併用する事によって絞り優先モードの 使用が可能なところが最大のポイント。 これが実際に使ってみると…「コレ無くしては…!」と考えてしまう程に テンポ良く速写が可能...
続きを読む
【SONY】自分の知らない「自分」に出逢う

【SONY】自分の知らない「自分」に出逢う[2019年12月02日]

SONY α6400 + E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS 焦点距離:350mm(全画素超解像ズーム2倍) 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/1600秒 ISO:200 いつからだろう、「新しい事」を億劫に思うようになったのは。 いつからだろう、「いつもと同じ」選択しかしなくなったのは。 いつからだろう、「面白い事」を探しているはずなのに、そのくせ二の足を踏むようになったのは。 いつからだろう...
続きを読む