Select Language

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.5 ~ズミクロンには見えている~

[ Category: Leica|掲載日時:2019年11月20日 11時00分]

We are Summicron!!

この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。
1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。
今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。
十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。


焦点を当てたのは35mmズミクロン。
35mmズミクロンは「~世代」という呼び方ではなく、そのレンズの構成枚数で呼称されます。
6群8枚の"8枚玉"→4群6枚の"6枚玉"→5群7枚の"7枚玉"→フードはめ込み"(旧)ASPH."と呼ばれ、歴史を刻んできました。

ぼくらのズミクロン日記Vol.5では8枚玉、6枚玉、7枚玉そしてフードはめ込み(旧)ASPH.タイプを使用しました。
また、今回はLeica M Monochrom(Typ246)を使用のためカラーはありません、あしからず。

Summicron 35mm (旧)ASPH.
Summicron 35mm F2 (旧)ASPH.

今回は細部拡大時の解像度を見てみます。
四角い枠の部分、無限遠ですが手前の描写の違い
を覗いていきましょう。

先ずはコチラ35mmフードはめ込み(旧)ASPH.
同じレンズで F2(1枚目)とF11(2枚目)を比べてみます。

Summicron 35mm F2 (旧)ASPH.
Summicron 35mm F2 (旧)ASPH.  F2

asph.
Summicron 35mm F2 (旧)ASPH.  F11

同じ無限遠でも、こうも違います。
ここまで細部がシャープに写るとは…!

ではこのシャープネス
8枚玉→6枚玉→7枚玉→(旧)ASPH.の順で絞ったときでは
変わってくるのでしょうか?
同じくF11で撮影したものを比べていきます。

>Summicron 35mm F2 8枚玉
Summicron 35mm F2 8枚玉


Summicron 35mm F2 6枚玉
Summicron 35mm F2 6枚玉


Summicron 35mm F2 7枚玉
Summicron 35mm F2 7枚玉


Summicron 35mm F2 (旧)ASPH.
Summicron 35mm F2 (旧)ASPH.



違いが判りません、
この撮り比べ、雲行きが怪しいものになってきました。

…さて、気を取り直して次の写真いってみましょう!

Summicron 35mm F2 (旧)ASPH.
Summicron 35mm F2 (旧)ASPH.


分かりやすいように、炭酸水を入れます。
撮影後はスタッフが美味しくいただきました。

今度はF2 開放で撮影したものを比べていきます。
Summicron 35mm F2 8枚玉
Summicron 35mm F2 8枚玉


Summicron 35mm F2 6枚玉
Summicron 35mm F2 6枚玉


Summicron 35mm F2 7枚玉
Summicron 35mm F2 7枚玉


Summicron 35mm F2 (旧)ASPH.>
Summicron 35mm F2 (旧)ASPH.


ピント面が甘い気もしますが
質感の描写の繊細さはここまで拡大しても損なわれません。

ハイライトが僅かに違うような…

因みにF16まで絞ると、
Summicron 35mm F2 (旧)ASPH.
Summicron 35mm F2 (旧)ASPH.

まるで洗剤のCMのように、水垢まできちんと描写します。


眼鏡をおきます。
こちらも開放で、被写体は無機物だらけです。
Summicron 35mm F2 (旧)ASPH.
Summicron 35mm F2 (旧)ASPH.


>Summicron 35mm F2 8枚玉
Summicron 35mm F2 8枚玉


>Summicron 35mm F2 6枚玉
Summicron 35mm F2 6枚玉


Summicron 35mm F2 7枚玉
Summicron 35mm F2 7枚玉


Summicron 35mm F2 (旧)ASPH.
Summicron 35mm F2 (旧)ASPH.


眼鏡のツルの部分に小さな文字があるのですが、どのレンズも
潰れることなく描写していることに感動しています。
若干ハイライトの流れ具合が個体差なのか古い年代に向かって滑らかでしょうか?

撮影時に私たちが確認していなかったものを
ズミクロンは既に捉えていたのだと、そう思うと
ほんとに頼りがいがあるレンズだと思います。

撮りくらべにおいては微々たる違いでしたが、、
"貴方のズミクロン"を選ぶきっかけとちょっとした参考になればと思います。

そして "僕ミクロン" まだまだ続きます!
(僕らのズミクロン日記、弊社の地下スタッフの間では愛着を持ってそう呼ばせていただいております)
ぼくらのズミクロン日記


↓使用した機材とおすすめ商品です↓












〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category: Leica|掲載日時:2019年11月20日 11時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!23票


桜の季節。

【Canon】桜の季節[2020年03月29日]

少し前に桜の開花がニュースで流れた。 桜の前に立ち止まり、思い思いに写真を撮る人は多い。自分もそんな一人で、休日の空き時間に桜が咲いている場所へ足を運んだ。 使用機材:Canon EOS 5D Mark III + EF15mm F2.8フィッシュアイ 使用機材:Canon EOS 5D Mark III + EF15mm F2.8フィッシュアイ 使用機材:Canon EOS 5D Mark III + EF15...
続きを読む
日録新卒カメラvol6

日録新卒カメラvol.5 ~Nikon D800~[2020年03月28日]

「日録新卒カメラ」は、昨年の春に入社した新卒による短期連載ブログです。 マップカメラで働き始めてから早いものでもうすぐ1年。 入社前から大切に同じ機材を持ち続けている人。 初めて自分のカメラを購入した人。 システムがガラッと変わった人。 いろんなカメラをたくさん集めた人。 十人十色、様々なカメラへの向き合い方があった1年間です。 この連載では各々が持っている機材や、...
続きを読む
M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

【OLYMPUS】お気に入りのレンズで根津神社・桜を撮る[2020年03月28日]

今回は東京都文京区にある根津神社に参拝と撮影に行ってまいりました。 いわゆる「谷根千」(谷中、根津、千駄木)と呼ばれる地域に行くのは今回が初めてです。 また、根津神社は特段、桜の名所というわけでもなく、境内に数本の桜があるだけなのですが、この時期に撮りたい被写体と言えばやはり桜。「桜の写真が撮りたい」「行ったとことのない所で撮影をしたい」という二つの動機から、行き当たりばった...
続きを読む
null

【Canon】日々の写真を覗いてみました[2020年03月28日]

だんたん暖かくなってきて外に出てのんびり歩きたいと感じておりますが それもなかなか難しい日々。 ふと手元のスマートフォンの画像を見返してみました。 毎日持ち歩き日々を一緒に過ごしておりますが、記録として撮って そのままで見返すことも少ないかもと気が付きました。 「Canon iNSPiC ZV-123」を持ち出してみました。 このカメラ、スマートフォンのプリンターとして使うことが...
続きを読む
Nikon F2

日録新卒カメラvol.4 ~Nikon F2~[2020年03月27日]

『日録 新卒カメラ』は、昨年の春に入社した新卒による短期連載ブログです。 マップカメラで働き始めてから早いものでもうすぐ1年。 入社前から大切に同じ機材を持ち続けている人。 初めて自分のカメラを購入した人。 システムがガラッと変わった人。 いろんなカメラをたくさん集めた人。 十人十色、様々なカメラへの向き合い方があった1年間です。 この連載では各々が持っている機材や...
続きを読む