Select Language

【Voigtlander】APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical

[ Category: SONY|掲載日時:2019年12月10日 12時00分]



SONY (ソニー) α7RIV ボディ ILCE-7RM4+Voigtlander (フォクトレンダー) APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-Mount
ss1/50 F2.0 ISO100

長野で創業した光学機器メーカー、COSINAが今年で創業60周年を迎える。

そしてその節目の年に誕生する、フォクトレンダー史上最高性能を謳う標準レンズ。
APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical

そのプロトタイプを今回特別にお借りする事が出来たため、試写に臨んだ。
発売日前ではあるが、一部の写真をお届けしたいと思う。

SONY (ソニー) α7RIV ボディ ILCE-7RM4+Voigtlander (フォクトレンダー) APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-Mount
ss1/1600 F2.0 ISO100

最早多くを語る必要はないだろう。
写真を見て、感じてほしい。
SONY (ソニー) α7RIV ボディ ILCE-7RM4+Voigtlander (フォクトレンダー) APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-Mount
ss1/100 F2.0 ISO100

記憶に新しいところで挙げられるのが
MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 ASPH、MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5
であるがこの2本と比べても大変コンパクトかつ軽量なのが1つの特徴になるだろう。
SONY (ソニー) α7RIV ボディ ILCE-7RM4+Voigtlander (フォクトレンダー) APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-Mount
ss1/1250 F2.0 ISO100

描写に関してはもう何も申す事がない。ただ、ただ素晴らしいの一言だ。
SONY (ソニー) α7RIV ボディ ILCE-7RM4+Voigtlander (フォクトレンダー) APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-Mount
ss1/320 F2.0 ISO100

コンパクトながらも設計に無理がないためか
絞りを開けた状態から周辺の光量も比較的豊富である。
65mmや110mmは背景によって、口径食を気にしながら絞りの選択をする必要があったが
この点においてもかなり良好である。気になる方はF2.8まで絞ると良いだろう。
SONY (ソニー) α7RIV ボディ ILCE-7RM4+Voigtlander (フォクトレンダー) APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-Mount
ss1/100 F2.0 ISO100


SONY (ソニー) α7RIV ボディ ILCE-7RM4+Voigtlander (フォクトレンダー) APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-Mount
ss1/100 F2.0 ISO100

前ボケと後ボケどちらも美しくするのは難しいとされるが、特に前ボケが美しいと感じるレンズだ。

SONY (ソニー) α7RIV ボディ ILCE-7RM4+Voigtlander (フォクトレンダー) APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-Mount
ss1/1000 F2.0 ISO100

佳い光を、ありのまま捉える。
その光がかたどるモノの形、情緒までも。

SONY (ソニー) α7RIV ボディ ILCE-7RM4+Voigtlander (フォクトレンダー) APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-Mount
ss1/125 F2.0 ISO100

純正とサードパーティーの垣根を超えて
Eマウントボディで使えるレンズとしてマスターピースの1つと言っても過言ではないだろう。

ぜひその手に取って、確かめて欲しい。




〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2019年12月10日 12時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!13票


【街で見つけた形にフォーカス】名前のないかたち【SONY】

【街で見つけた形にフォーカス】名前のないかたち【SONY】[2020年01月28日]

写真を撮るとき、被写体の形を意識するのはどんな瞬間ですか? 被写体を見つけたとき。 フレーミングして、構図を考えているとき。 シャッターを押す瞬間。 はたまた、撮り終わって、今日の思い出を眺めるときでしょうか? 私はシャッターを押す瞬間に被写体の形を意識しているように思います。 撮影の準備は全て終わり、あとはこの人差し指で快音を鳴らすだけ。 その瞬間に、散漫していた...
続きを読む
Shinjuku

【街で見つけた形にフォーカス】NikonのライカLレンズをSONYで撮る[2020年01月27日]

ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Nikon W Nikkor 3.5cm F2.5 (L39) マウントアダプター:K&F Concept KF-LME - Voigtlander L/Mリング 35/135用  NikonのLレンズ?と思った方もいると思います。今回使用したのは、NikonのL39マウントレンズ、Nikkor 3.5cm F2.5です。今回は、コンパクトながらも準広角レンズであり、F2.5とスナップとしては十分な明るさをもつ、『W Nikkor 3.5cm F2.5』を使用して撮影を...
続きを読む
ねずみ年とRP

【街で見つけた形にフォーカス】ねずみ年とRP【Canon】[2020年01月26日]

2020年。 早くも1ヵ月が過ぎようとしています。 2020年の干支はねずみ。 ねずみの形を探してみようかと考えましたが私の頭に浮かんだねずみは一つでした。 入門向けのフルサイズミラーレスEOS RPと使い勝手に定評のあるRF24-105/F4を携えて、とあるテーマパークへ行ってきました。 まず使用してみて感じたことは『軽い』と言う事。 筆者は2019年に発売されたフルサイズミラー...
続きを読む
α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z

【街で見つけた形にフォーカス】曇天から斜陽【SONY】[2020年01月25日]

街で見つけた形にフォーカス。 あっという間に令和2年目を迎えた1月の中旬、曇天模様の空の下、多摩センター駅周辺を散策することにしました。 この辺りは昔からの生活県内であり見慣れた街なのですが、ファインダーを通し新たな「形」の発見を期待して来たのでした。 雨が降らないことを祈りつつ、散策を始めます。 駅を出てすぐ、六角形のガラス張りの天蓋が二基。 あいにくの曇り空です...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

【街で見つけた形にフォーカス】気ままにスナップin下北沢【OLYMPUS】[2020年01月25日]

今回の撮影場所は下北沢です。小田急線の地下化工事が終わり、ここ5年程の間に周辺の開発が進み、地上の景色もだいぶ様変わりしてきました。 そんな下北沢でカメラを手に、お散歩スナップして参りました。気になるものに気ままにフォーカス。短いひと時でしたが、楽しい撮影でした。 以前にも似たようなことを書きましたが、真冬の撮影は日の傾きが思いのほか早く、ちょうどよく...
続きを読む