Select Language

【Voigtlander】APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical

[ Category: SONY|掲載日時:2019年12月10日 12時00分]



SONY (ソニー) α7RIV ボディ ILCE-7RM4+Voigtlander (フォクトレンダー) APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-Mount
ss1/50 F2.0 ISO100

長野で創業した光学機器メーカー、COSINAが今年で創業60周年を迎える。

そしてその節目の年に誕生する、フォクトレンダー史上最高性能を謳う標準レンズ。
APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical

そのプロトタイプを今回特別にお借りする事が出来たため、試写に臨んだ。
発売日前ではあるが、一部の写真をお届けしたいと思う。

SONY (ソニー) α7RIV ボディ ILCE-7RM4+Voigtlander (フォクトレンダー) APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-Mount
ss1/1600 F2.0 ISO100

最早多くを語る必要はないだろう。
写真を見て、感じてほしい。
SONY (ソニー) α7RIV ボディ ILCE-7RM4+Voigtlander (フォクトレンダー) APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-Mount
ss1/100 F2.0 ISO100

記憶に新しいところで挙げられるのが
MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 ASPH、MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5
であるがこの2本と比べても大変コンパクトかつ軽量なのが1つの特徴になるだろう。
SONY (ソニー) α7RIV ボディ ILCE-7RM4+Voigtlander (フォクトレンダー) APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-Mount
ss1/1250 F2.0 ISO100

描写に関してはもう何も申す事がない。ただ、ただ素晴らしいの一言だ。
SONY (ソニー) α7RIV ボディ ILCE-7RM4+Voigtlander (フォクトレンダー) APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-Mount
ss1/320 F2.0 ISO100

コンパクトながらも設計に無理がないためか
絞りを開けた状態から周辺の光量も比較的豊富である。
65mmや110mmは背景によって、口径食を気にしながら絞りの選択をする必要があったが
この点においてもかなり良好である。気になる方はF2.8まで絞ると良いだろう。
SONY (ソニー) α7RIV ボディ ILCE-7RM4+Voigtlander (フォクトレンダー) APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-Mount
ss1/100 F2.0 ISO100


SONY (ソニー) α7RIV ボディ ILCE-7RM4+Voigtlander (フォクトレンダー) APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-Mount
ss1/100 F2.0 ISO100

前ボケと後ボケどちらも美しくするのは難しいとされるが、特に前ボケが美しいと感じるレンズだ。

SONY (ソニー) α7RIV ボディ ILCE-7RM4+Voigtlander (フォクトレンダー) APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-Mount
ss1/1000 F2.0 ISO100

佳い光を、ありのまま捉える。
その光がかたどるモノの形、情緒までも。

SONY (ソニー) α7RIV ボディ ILCE-7RM4+Voigtlander (フォクトレンダー) APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-Mount
ss1/125 F2.0 ISO100

純正とサードパーティーの垣根を超えて
Eマウントボディで使えるレンズとしてマスターピースの1つと言っても過言ではないだろう。

ぜひその手に取って、確かめて欲しい。




〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2019年12月10日 12時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!13票


null

【街で見つけた形にフォーカス】monochrome 【SONY】[2020年01月21日]

皆さんこんにちは。 今月は「街で見つけた形にフォーカス」をテーマに綴っております。 昔聞いたことのある話なのですが一般的に男性は形や空間認識能力に優れ、女性は色彩感覚に優れているのだそうです(あくまで一般的に、なので逆の人もいれば両方共優れている人もいるのだとか。) となると今回のテーマは一般的(?)に言えばまさに男性が得意な被写体と言えるのでしょうか。実際どのスタッフが書...
続きを読む
【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】

【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】[2020年01月20日]

今回の掲載写真は「SONY α7S」にマウントアダプター「LA-EA3」を使い Aマウントレンズ「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM」で撮影しました。 こちらは東京・浅草周辺を歩いている時に見つけた面白い形の白い大きなオブジェ 側面に穴が開いており、穴からはスカイツリーが見えます。 スカイツリーの隠れ撮影スポットを発見しました。 穴の中にカメラを入れるとオブジェの内側を覗く事がで...
続きを読む
コアラ×SONY α6600 + E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS

【SONY】コアラがかわいい!【α6600×超望遠ズーム】[2020年01月17日]

葉っぱの下からこんにちは。 コアラの赤ちゃんがお母さんの背中につかまっています。 小さなお手手が毛に沈んでいるのが見えますでしょうか。 お母さんの毛皮はモコモコなのです! 「SONY α6600」と「SONY E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS」を組み合わせて、動物園へ撮影に行ってきました。 70-350mmといえば、35mm換算で105-525mm。 これがまた、動物園の撮影でちょうどいい長さなのです。 私のお...
続きを読む
【街で見つけた形にフォーカス】成田山の初詣 【SONY】

【街で見つけた形にフォーカス】成田山の初詣 【SONY】[2020年01月13日]

FUJIFILM GFX50s - GF 63mm F2.8 R WR 1/250 - F8 - ISO:100  皆様は初詣へ既にお参り済みでしょうか。  神社仏閣にも様々な形を見る事ができますが、年始の初詣の時期になるとさらに賑わうようになり、より多くの「形」を見つける事ができます。  今回はFUJIFILMのGFX 50sとSONY α7RIVで撮影を行ってきました。  都内から車を走らせること約1時間で成田山新勝寺に到着いたしました。 ...
続きを読む
α7II

【街で見つけた形にフォーカス】 東京日和 【SONY】[2020年01月12日]

三が日が過ぎた頃、α7IIを持って本年の撮り始めに浅草へ遊びにいきました。 観光客で賑わう街。 浅草寺周辺は外国からの観光客も多く、色々な言語が聞こえてきます。 常香炉にもたくさんの人が集まっていました 下町情緒を感じさせる街並み カメラを持って、歩き進んでいくと 日本の伝統を感じたり 懐かしさを感じたり お洒落な空間があっ...
続きを読む