Select Language

【11月30日はカメラの日】私がEOS Rを選んだ理由

[ Category: Canon|掲載日時:2019年11月16日 13時40分]



11月30日はカメラの日という事で、
今回は手持ち機材のニューフェイス「EOS R」をご紹介します。


Canon (キヤノン) EOS 5D Mark III ボディ+Canon (キヤノン) EF24-105mm F4L IS USM


恥ずかしながら私も購入後まだまだ使い倒せてはいないのですが、
「EOS R」は初のRFマウントボディと言う事でお買い換えを悩まれている方も多いかと思いますので、
今回は私が「EOS R」を選んだ理由をお話しします。

私がキヤノンの一眼レフを使い始めたきっかけは、
以前の職場で仕事道具として「Canon (キヤノン) EOS 7D ボディ」が支給されていたところからでした。

Canon (キヤノン) EOS 5D Mark III ボディ+Canon (キヤノン) EF24-105mm F4L IS USM


「EOS 7D」、言わずと知れた名機ですが、
雨が降る日も雪が降る日も炎天下の晴れの日も過酷な環境の中でひたすらシャッターを切り続けてもしっかりとその役目を果たし続けてくれました。

その信頼感と操作性に慣れた事もあり、
キヤノン製のボディでステップアップを考えていた私は、
悩んだ末、フルサイズ機にしようと思い至り、
「Canon (キヤノン) EOS 5D Mark III ボディ」を私的なカメラとして購入しました。

Canon (キヤノン) EOS 5D Mark III ボディ+Canon (キヤノン) EF16-35mm F4L IS USM

5D Mark IIIとは共に険しい山道を共にしたり

Canon (キヤノン) EOS 5D Mark III ボディ+Canon (キヤノン) EF24-105mm F4L IS USM


時には晴れの日の思い出にも寄り添ってくれました。

前置きが長くなってしまいましたが、時は流れ、「Canon (キヤノン) EOS R」とRFレンズ群が発表され、
「RF28-70mm F2L USM」の様なこれまでにない規格のレンズの存在がRFマウントの可能性を示唆し、
既存のEFマウントレンズに対してもドロップインフィルターやRFマウントの特徴の一つであるコントロールリングを搭載したマウントアダプターの存在等、
充分手持ちの機材には満足していたのですが、その情報を目にした時に、
最初にカメラを手にした時の様な懐かしいわくわく感が湧いてきました。

今まで築いてきた機材への信頼感もあり、私にとって「Canon (キヤノン) EOS R」はわくわく感と安心感を両立した様な存在でした。

そんな「EOS R」と共に、「EOS 7D」と出会い「 EOS 5D Mark III」と過ごした思い出の地を巡って参りました。


Canon (キヤノン) EOS R+Canon (キヤノン) マウントアダプター EF-EOS R+Canon (キヤノン) EF16-35mm F4L IS USM

こちらは広角レンズ「Canon (キヤノン) EF16-35mm F4L IS USM」での一枚。
マウントアダプターによってEFレンズも資産として今までと同じ感覚で使用できます。
鮮やかな発色がEOS Rらしい一枚です。


Canon (キヤノン) EOS R+Canon (キヤノン) マウントアダプター EF-EOS R+SIGMA (シグマ) APO 70-300mm F4-5.6DG MACRO(キヤノンEF用)l

こちらはもう旧レンズとなり弊社では現在お取り扱いがございませんが、
「SIGMA (シグマ) APO 70-300mm F4-5.6DG MACRO(キヤノンEF用)」にアダプターを組み合わせ、
クロップ撮影を用いた一枚です。

撮影地はいずれの写真も同じ池ですが、池を泳ぐイワナをここまでクローズアップ出来ました。

続いてRFマウントのレンズを用いた作例をご紹介したいのですが、
実は私、未だにRFマウントレンズを所有しておりません。

やっぱりスペックにひとめぼれした「Canon (キヤノン) RF28-70mm F2L USM」にするか、
手振れも搭載している「Canon (キヤノン) RF24-70mm F2.8 L IS USM」にするかを悩んでいると、
「Canon (キヤノン) RF70-200mm F2.8L IS USM」の発売も近づいて参りました。

引き続き悩み続ける日々ではありますが、まだまだ広がる可能性に物欲をくすぐり続けられる事がわくわくしてたまらないのです。






[ Category: Canon|掲載日時:2019年11月16日 13時40分]

面白いと思ったらコチラをClick!16票


楽器を撮る。

【Canon】楽器を撮る。[2019年12月06日]

楽器を演奏する姿はかっこいい。 カメラを手にしてから、一番に撮りたいと思っていたのが、バンドのライブ写真だった。 私がギターを弾くという事もあり、自然に浮かんだ被写体だったからだ。 ひとつひとつのバンドが個性的で、撮影している時はとても楽しく、過ぎる時間はあっという間だ。 ライブ写真の中で、ギターに注目して今回のブログを書いてみた。 新品のギターも好きだが...
続きを読む
null

【SIGMA】しぐまびより Part33[2019年12月05日]

ひかり。 背の高いビルが立ち並ぶ街の日向と日陰のコントラストは一層強く、 その時その時にしか見れない街の風景の連続だったりする。 あとで撮ろうと思っていたらチャンスを逃してしまう、なんてことは何度も経験しています。 同じ街に何回足を運ぼうが、同じ顔を見れることはない。 何度も何度も通ったからこそ見れる瞬間があるのだと思います。 強くて明るい光と淡くて柔ら...
続きを読む
写真展のご案内 〜『BRITONS images of my memory』

写真展のご案内 〜『BRITONS images of my memory』 KENJI NAKAMURA PHOTO EXHIBITION 2019~[2019年12月04日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 『BRITONS images of my memory』 NAKAMURA PHOTO EXHIBITION2019 です。 是非足をお運び下さい。 会期:2019年12月7日(土)& 12月8日(日)12:00〜21:00 会場:吉祥寺・オルレアカメラ ギャラリー 東京都武蔵野市吉祥寺本町3-12-3
続きを読む
Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR

【飛行機を撮ろう】バイバイ レコンファントム ~午前の部~【Nikon Z50】[2019年12月04日]

Nikon Z50 × 令和元年度百里基地航空祭 【1/200 |F8 | ISO100 | Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR】 12月1日(日)は茨城県にて、 令和元年度百里基地航空祭が催されました。 百里基地の名物、 航空自衛隊の偵察機RF-4E/EJは今年度で運用が終了し、 来年度中には同基地のF-4EJ/EJ改も運用が終了するので、 往年の名機「ファントム」を満喫できる最後の航空祭となりました。 行ってみた方も...
続きを読む
大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-

大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-[2019年12月03日]

PENTAX67、通称"バケペン"と呼ばれるこのカメラ。 一眼レフカメラをそのまま巨大化させたフォルムがまるで お化けの様だと例えられ、長く愛される6x7の中判機。 その中でも今回取り上げる67IIは、 AEファインダーと併用する事によって絞り優先モードの 使用が可能なところが最大のポイント。 これが実際に使ってみると…「コレ無くしては…!」と考えてしまう程に テンポ良く速写が可能...
続きを読む