Select Language

【11月30日はカメラの日】FUJIFILMフィルムシミュレーションを極める

[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2019年11月20日 11時00分]


FUJIFILMと言えば、フィルムシミュレーションが魅力のひとつです。
極度な色の補正ではなく、自然な発色をしてくれることが印象的で、
モノクロ写真でも、優しい表現をしてくれることが私がFUJIFILMが好きな理由のひとつです。

今回は赤と緑が混ざっている紅葉を、X-T3とXF23mm F1.4Rで
ほぼすべてのフィルムシミュレーションを使用し、撮影してみました。

同じような写真が続いてしまいますが、ぜひモミジの赤や全体の色の雰囲気の違いなどを楽しんでいただければと思います。

FUJIFILM X-T3+フジノンXF 23mm F1.4 R
PROVIA/スタンダード

スタンダードと書いてある通り、どれよりも見たそのままの色の表現をしてくれたPROVIA。
ナチュラルすぎず、ほんのり発色が良いのが印象的です。

FUJIFILM X-T3+フジノンXF 23mm F1.4 R
Velvia/ビビッド

赤の発色が1番強かったのがやはりVelvia。
緑も含め、丁度良い程度に鮮やかな表現をしてくれました。

FUJIFILM X-T3+フジノンXF 23mm F1.4 R
ASTIA/ソフト

どれよりも優しい気持ちになれるのがASTIA。
コントラストは低めですが、非常にナチュラルで、魅力的です。

FUJIFILM X-T3+フジノンXF 23mm F1.4 R
クラシッククローム

ASTIAにコントラストを加えた印象なのはクラシッククローム。
ですが、強い印象を与えすぎない上に、赤の発色をしっかりと残してくれています。

FUJIFILM X-T3+フジノンXF 23mm F1.4 R
PRO Neg.Hi

カラー写真で1番コントラストが強かったのがPRO Neg.Hi。
強く印象的な表現をしたいときに迷いなく選択できるので、かなり頼りになります。

FUJIFILM X-T3+フジノンXF 23mm F1.4 R
PRO Neg.Std

PRO Neg.Hiよりもコントラストは低いが、クラシッククロームよりはコントラストが高いのがPRO Neg.Std。
PROVIAで使用しているときに、もう少し硬い印象で撮りたいと思ったときに丁度良く表現してくれます。

FUJIFILM X-T3+フジノンXF 23mm F1.4 R
ETERNA/シネマ

落ち着いている発色にも関わらず、緑がはっきりしていたり、ほどよいコントラストが残っていたり、不思議な魅力を感じるETERNA。
PROVIAよりもゆったりとした、静寂な時の流れを収めたいときに優しく静かに切り取ってくれます。


ここからはワントーンカラーの写真をご紹介します。
FUJIFILM X-T3+フジノンXF 23mm F1.4 R
ACROS+Rフィルター

ACROS・モノクロ写真それぞれフィルター含めたら4種類ございますが、今回は筆者が個人的に好みな+Rフィルターで撮り比べました。
+Rフィルターはコントラストが強くなるのですが、本当にコントラストを強調しているのかと疑ってしまうほど、
ほんわりとした印象を感じるACROS+Rフィルター。
優しい雰囲気を残しつつもモミジの葉のディテールを描いてくれ、程よい表現をしてくれています。

FUJIFILM X-T3+フジノンXF 23mm F1.4 R
モノクロ+Rフィルター

対して、しっかりとコントラスト強めな写真なモノクロ+Rフィルター。
はっきりと印象に残るモノクロ写真を撮りたいときは、期待に応えてくれるフィルターです。

FUJIFILM X-T3+フジノンXF 23mm F1.4 R
セピア

フィルムシミュレーションのメニューの1番下の最後の項目に位置付けられているセピア。
やはりどこか遠い昔を思い返してくれるような、今までにない独特な印象をいとも簡単に作ってくれます。


最後に、X-T3から搭載されたモノクロ調整を使用した写真をご紹介いたします。
モノクロ調整とは、暖色系+9から寒色系-9まで、モノクロ写真の奥深い色を細かく設定することができます。
FUJIFILM X-T3+フジノンXF 23mm F1.4 R
ACROS モノクロ調整 Warm+3

まずは暖色系へ、プラス3に設定しました。ほんのりと赤みを感じることが出来ます。

FUJIFILM X-T3+フジノンXF 23mm F1.4 R
ACROS モノクロ調整 Warm+6

プラス6に設定しました。
過去の思い出写真のような不思議な雰囲気を創り出してくれています。

FUJIFILM X-T3+フジノンXF 23mm F1.4 R
ACROS モノクロ調整 Warm+9

最大となるプラス9に設定し、セピアとは全く違う暖色の仕上がりにとても驚きました。
自分で創り出すことが難しい独特の色表現に、FUJIFILMの細かなこだわりを感じます。

FUJIFILM X-T3+フジノンXF 23mm F1.4 R
ACROS モノクロ調整 Cool-3

寒色系へ、マイナス3に設定しました。
暖色系へのプラス3よりも、青みを強く感じる印象を受けました。

FUJIFILM X-T3+フジノンXF 23mm F1.4 R
ACROS モノクロ調整 Cool-6

マイナス6へ設定しました。
秋の象徴を撮影しているのに、冬の写真のように思えてしまう雰囲気を創り出してくれます。

FUJIFILM X-T3+フジノンXF 23mm F1.4 R
ACROS モノクロ調整 Cool-9

最後に、寒色系最大となるマイナス9に設定しました。
こちらも暖色系同様、自分で調節して創り出すことは難しい色表現だと感じます。
この色合いで撮影し続けると、表現の幅が広がる気がしてしまうほど、奥が深い色表現だと率直に思いました。


FUJIFILMのフィルムシミュレーション、いかがでしたでしょうか。
フィルムシミュレーションの表現の違いを楽しんでいただけたら幸いです。
皆さまもぜひ、自分が好きなフィルムシミュレーションはどれか、追及してみてください。

▼今回使用した機材はこちら▼







〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2019年11月20日 11時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!17票


【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】

【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】[2020年01月20日]

今回の掲載写真は「SONY α7S」にマウントアダプター「LA-EA3」を使い Aマウントレンズ「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM」で撮影しました。 こちらは東京・浅草周辺を歩いている時に見つけた面白い形の白い大きなオブジェ 側面に穴が開いており、穴からはスカイツリーが見えます。 スカイツリーの隠れ撮影スポットを発見しました。 穴の中にカメラを入れるとオブジェの内側を覗く事がで...
続きを読む
D780

【発売直前】 D780とはどんなカメラ?[2020年01月20日]

Nikon D780とはどんなカメラ? 待っていた方も多いのではないでしょうか。 2014年に登場し、 ミドルレンジのフルサイズデジタル一眼レフとして長年多くのユーザに愛されてきたD750。 時代の移り変わりとともに、 Nikon一眼レフの金字塔D850が登場したり、 待望のフルサイズミラーレスZシリーズが誕生してきましたが、 それとは別に、今の時代ならではの新しい技術を取り入れつつも 安心して使...
続きを読む
カタチから過去を振り返る

【街で見つけた形にフォーカス】カタチから過去を振り返る【FUJIFILM】[2020年01月19日]

FUJIFILMといえば最近は専ら『X-Pro3』の話題で持ちきりですが、 『X-Pro2』も捨てたものではありません。 今回、街で見つけた形にフォーカスということで、 その『X-Pro2』を片手に今まで撮影してきたものを振り返ります。 私の中で丸といえば、なぜか道路標識が優先度高めに出てきます… 最初の写真は福岡にいたときに撮影したもので、こちらは東京丸の内で撮影。 同じような被写体...
続きを読む
D780 体験レポート

【Nikon】D780 体験レポート in ニコンプラザ新宿[2020年01月18日]

先日、速報としてお伝えした『Nikon D780』の先行展示。 今回改めて、ニコンプラザ新宿で新製品の注目ポイントを伺ってきました。 2台用意されていた展示機の内、1台は「AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8 G ED」と「フィルムデジタイズアダプター ES-2」のセット。 ES-2は、マイクロレンズとの組み合わせで、35mm判フィルムを手軽にデータ化できる便利なアクセサリーですが、ネガフィルムをパソコン...
続きを読む
X-E3 レンズキット ブラック

【街で見つけた形にフォーカス】南町田【FUJIFILM】[2020年01月18日]

街で見つけた形にフォーカスということで、 新しい形を探しに新しいショッピングモールにいってまいりました。 2019年11月13日に開業した新しい大型商業施設です。 駅の名前まで「ショッピングモール名」に変わって町田市の本気をうかがえます。      目的は登山用品店mont-bellの大型店。 どこに行っても私の後ろを着いてくるだけの妻が、 登山店だけはフラフラと店内に消えていきます...
続きを読む