Select Language

【11月30日はカメラの日】FUJIFILMフィルムシミュレーションを極める

[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2019年11月20日 11時00分]


FUJIFILMと言えば、フィルムシミュレーションが魅力のひとつです。
極度な色の補正ではなく、自然な発色をしてくれることが印象的で、
モノクロ写真でも、優しい表現をしてくれることが私がFUJIFILMが好きな理由のひとつです。

今回は赤と緑が混ざっている紅葉を、X-T3とXF23mm F1.4Rで
ほぼすべてのフィルムシミュレーションを使用し、撮影してみました。

同じような写真が続いてしまいますが、ぜひモミジの赤や全体の色の雰囲気の違いなどを楽しんでいただければと思います。

FUJIFILM X-T3+フジノンXF 23mm F1.4 R
PROVIA/スタンダード

スタンダードと書いてある通り、どれよりも見たそのままの色の表現をしてくれたPROVIA。
ナチュラルすぎず、ほんのり発色が良いのが印象的です。

FUJIFILM X-T3+フジノンXF 23mm F1.4 R
Velvia/ビビッド

赤の発色が1番強かったのがやはりVelvia。
緑も含め、丁度良い程度に鮮やかな表現をしてくれました。

FUJIFILM X-T3+フジノンXF 23mm F1.4 R
ASTIA/ソフト

どれよりも優しい気持ちになれるのがASTIA。
コントラストは低めですが、非常にナチュラルで、魅力的です。

FUJIFILM X-T3+フジノンXF 23mm F1.4 R
クラシッククローム

ASTIAにコントラストを加えた印象なのはクラシッククローム。
ですが、強い印象を与えすぎない上に、赤の発色をしっかりと残してくれています。

FUJIFILM X-T3+フジノンXF 23mm F1.4 R
PRO Neg.Hi

カラー写真で1番コントラストが強かったのがPRO Neg.Hi。
強く印象的な表現をしたいときに迷いなく選択できるので、かなり頼りになります。

FUJIFILM X-T3+フジノンXF 23mm F1.4 R
PRO Neg.Std

PRO Neg.Hiよりもコントラストは低いが、クラシッククロームよりはコントラストが高いのがPRO Neg.Std。
PROVIAで使用しているときに、もう少し硬い印象で撮りたいと思ったときに丁度良く表現してくれます。

FUJIFILM X-T3+フジノンXF 23mm F1.4 R
ETERNA/シネマ

落ち着いている発色にも関わらず、緑がはっきりしていたり、ほどよいコントラストが残っていたり、不思議な魅力を感じるETERNA。
PROVIAよりもゆったりとした、静寂な時の流れを収めたいときに優しく静かに切り取ってくれます。


ここからはワントーンカラーの写真をご紹介します。
FUJIFILM X-T3+フジノンXF 23mm F1.4 R
ACROS+Rフィルター

ACROS・モノクロ写真それぞれフィルター含めたら4種類ございますが、今回は筆者が個人的に好みな+Rフィルターで撮り比べました。
+Rフィルターはコントラストが強くなるのですが、本当にコントラストを強調しているのかと疑ってしまうほど、
ほんわりとした印象を感じるACROS+Rフィルター。
優しい雰囲気を残しつつもモミジの葉のディテールを描いてくれ、程よい表現をしてくれています。

FUJIFILM X-T3+フジノンXF 23mm F1.4 R
モノクロ+Rフィルター

対して、しっかりとコントラスト強めな写真なモノクロ+Rフィルター。
はっきりと印象に残るモノクロ写真を撮りたいときは、期待に応えてくれるフィルターです。

FUJIFILM X-T3+フジノンXF 23mm F1.4 R
セピア

フィルムシミュレーションのメニューの1番下の最後の項目に位置付けられているセピア。
やはりどこか遠い昔を思い返してくれるような、今までにない独特な印象をいとも簡単に作ってくれます。


最後に、X-T3から搭載されたモノクロ調整を使用した写真をご紹介いたします。
モノクロ調整とは、暖色系+9から寒色系-9まで、モノクロ写真の奥深い色を細かく設定することができます。
FUJIFILM X-T3+フジノンXF 23mm F1.4 R
ACROS モノクロ調整 Warm+3

まずは暖色系へ、プラス3に設定しました。ほんのりと赤みを感じることが出来ます。

FUJIFILM X-T3+フジノンXF 23mm F1.4 R
ACROS モノクロ調整 Warm+6

プラス6に設定しました。
過去の思い出写真のような不思議な雰囲気を創り出してくれています。

FUJIFILM X-T3+フジノンXF 23mm F1.4 R
ACROS モノクロ調整 Warm+9

最大となるプラス9に設定し、セピアとは全く違う暖色の仕上がりにとても驚きました。
自分で創り出すことが難しい独特の色表現に、FUJIFILMの細かなこだわりを感じます。

FUJIFILM X-T3+フジノンXF 23mm F1.4 R
ACROS モノクロ調整 Cool-3

寒色系へ、マイナス3に設定しました。
暖色系へのプラス3よりも、青みを強く感じる印象を受けました。

FUJIFILM X-T3+フジノンXF 23mm F1.4 R
ACROS モノクロ調整 Cool-6

マイナス6へ設定しました。
秋の象徴を撮影しているのに、冬の写真のように思えてしまう雰囲気を創り出してくれます。

FUJIFILM X-T3+フジノンXF 23mm F1.4 R
ACROS モノクロ調整 Cool-9

最後に、寒色系最大となるマイナス9に設定しました。
こちらも暖色系同様、自分で調節して創り出すことは難しい色表現だと感じます。
この色合いで撮影し続けると、表現の幅が広がる気がしてしまうほど、奥が深い色表現だと率直に思いました。


FUJIFILMのフィルムシミュレーション、いかがでしたでしょうか。
フィルムシミュレーションの表現の違いを楽しんでいただけたら幸いです。
皆さまもぜひ、自分が好きなフィルムシミュレーションはどれか、追及してみてください。

▼今回使用した機材はこちら▼







〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2019年11月20日 11時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!12票


null

【SIGMA】しぐまびより Part33[2019年12月05日]

ひかり。 背の高いビルが立ち並ぶ街の日向と日陰のコントラストは一層強く、 その時その時にしか見れない街の風景の連続だったりする。 あとで撮ろうと思っていたらチャンスを逃してしまう、なんてことは何度も経験しています。 同じ街に何回足を運ぼうが、同じ顔を見れることはない。 何度も何度も通ったからこそ見れる瞬間があるのだと思います。 強くて明るい光と淡くて柔ら...
続きを読む
写真展のご案内 〜『BRITONS images of my memory』

写真展のご案内 〜『BRITONS images of my memory』 KENJI NAKAMURA PHOTO EXHIBITION 2019~[2019年12月04日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 『BRITONS images of my memory』 NAKAMURA PHOTO EXHIBITION2019 です。 是非足をお運び下さい。 会期:2019年12月7日(土)& 12月8日(日)12:00〜21:00 会場:吉祥寺・オルレアカメラ ギャラリー 東京都武蔵野市吉祥寺本町3-12-3
続きを読む
Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR

【飛行機を撮ろう】バイバイ レコンファントム ~午前の部~【Nikon Z50】[2019年12月04日]

Nikon Z50 × 令和元年度百里基地航空祭 【1/200 |F8 | ISO100 | Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR】 12月1日(日)は茨城県にて、 令和元年度百里基地航空祭が催されました。 百里基地の名物、 航空自衛隊の偵察機RF-4E/EJは今年度で運用が終了し、 来年度中には同基地のF-4EJ/EJ改も運用が終了するので、 往年の名機「ファントム」を満喫できる最後の航空祭となりました。 行ってみた方も...
続きを読む
大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-

大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-[2019年12月03日]

PENTAX67、通称"バケペン"と呼ばれるこのカメラ。 一眼レフカメラをそのまま巨大化させたフォルムがまるで お化けの様だと例えられ、長く愛される6x7の中判機。 その中でも今回取り上げる67IIは、 AEファインダーと併用する事によって絞り優先モードの 使用が可能なところが最大のポイント。 これが実際に使ってみると…「コレ無くしては…!」と考えてしまう程に テンポ良く速写が可能...
続きを読む
【SONY】自分の知らない「自分」に出逢う

【SONY】自分の知らない「自分」に出逢う[2019年12月02日]

SONY α6400 + E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS 焦点距離:350mm(全画素超解像ズーム2倍) 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/1600秒 ISO:200 いつからだろう、「新しい事」を億劫に思うようになったのは。 いつからだろう、「いつもと同じ」選択しかしなくなったのは。 いつからだろう、「面白い事」を探しているはずなのに、そのくせ二の足を踏むようになったのは。 いつからだろう...
続きを読む