Select Language

【11月30日はカメラの日】とある50R マウントアダプター編

[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2019年11月27日 11時00分]




とある50R マウントアダプター編


突然ですが、マウントアダプターはお好きですか?
昨今、たくさんのマウントアダプターが発売されています。
自分の使っているボディに色んなレンズがつけられるとは、大変面白い事です。
よもやマウントアダプター黄金時代、この波に乗るしかありません。

マウントアダプターを使う時に気を付けたい点の一つが「フランジバック」についてです。
「フランジバック」とはカメラのレンズをつけるマウント部分から撮像面(センサー)までの長さを言います。
この長さはカメラ及びメーカー毎にそれぞれ異なっているとともに、
非常に繊細で長さが合わないとピント合わせなどに支障をきたします。

たとえば、通常はNikon FマウントのレンズをFUJIFILM Gマウントのカメラにつける事はできませんが、Nikon Fマウントのフランジバックに合わせてあげることで、なんとびっくり、つけることが出来ます。
(ただし、電子接点などの問題でMFのみの使用となったり限定的な利用となることが多いです。)

このフランジバックの長さを足す役割を担ってくれるのがマウントアダプターなのです。


注意したいのはフランジバックの長いボディにマウントアダプターを介して色々なレンズをつけることは大変難しいということです。

足し算はマウントアダプターを用いれば簡単ですが、引き算となるとカメラのマウント部よりも内側にレンズをつけなければなりません、つまりフランジバックが短ければ足し算をたくさんすることができ、よりたくさんのレンズをつけられる可能性があるわけなのです。伸びしろがあるということです。

さて、

そんな中、今回はGFX50Rにマウントアダプターを介してNikonFマウント、PENTAX67用レンズを付けてみました。


マウントアダプター


マウントアダプターごとに大きさも様々です。

まずはPENTAX67用レンズから!


GFX50R+smc PENTAX 67 90mm F2.8



GFX50R+smc PENTAX 67 90mm F2.8


威圧感がありますね…。

今回チョイスしたレンズは、
『逍遥』PENTAX 67

でも使用した、smc PENTAX 67 90mm F2.8です。
さすがは6×7をカバーするレンズ、大変存在感があります。

GFX50Rを手にしてからは軽量なレンズばかり使っていたため、この重さは修行に近いものを感じました。

それでは GFX50R×smc PENTAX 67 90mm F2.8で撮影したものを…!



GFX50R+smc PENTAX 67 90mm F2.8



GFX50R+smc PENTAX 67 90mm F2.8



ふんわりとなだらかなボケが印象的です。
レンズとしては古いですが、5000万画素程のカメラで撮影しても問題はないと感じました。



GFX50R+smc PENTAX 67 90mm F2.8


落ち着きつつも、色はしっかりと表現されているように感じます。


GFX50R+smc PENTAX 67 90mm F2.8


F8程度まで絞るときりっとシャープに!

フルサイズ換算71mmのレンズですが、
ついパノラマも撮りたくなってしまいます。


GFX50R+smc PENTAX 67 90mm F2.8


GFX50R+smc PENTAX 67 90mm F2.8


『逍遥』PENTAX 67
と引き続き感じた事としては、白の表現がすごく魅力的であるということです。
コントラストは低めでありますが極端に低いというわけではなく心地よさを感じます。


さて次に参ります。
もうしばしお付き合いくださいませ。


GFX50R + Nikkor-S Auto 35mm F2.8



GFX50R + Nikkor-S Auto 35mm F2.8


祖父の形見としてもらったNikkor-S Auto 35mm F2.8です。
見よう見まねでAi改造をしたり、旅行中に落下させてしまったり、たくさんの思い出を共にしたレンズです。
コンパクトでGFXにも良く似合うと感じました。

それでは撮影した写真を…


GFX50R + Nikkor-S Auto 35mm F2.8



GFX50R + Nikkor-S Auto 35mm F2.8



GFX50R + Nikkor-S Auto 35mm F2.8


やはり周辺は大きく減光し、ケラれますが思い出のレンズという補正もあり、魅力的に感じました。
色は少しこってりと出る印象です。
GFXにつけるとフルサイズ換算28㎜とスナップにもちょうど良い画角となります。

パノラマに参ります。


GFX50R + Nikkor-S Auto 35mm F2.8


GFX50R + Nikkor-S Auto 35mm F2.8


GFX50R + Nikkor-S Auto 35mm F2.8


GFX50R + Nikkor-S Auto 35mm F2.8


パノラマに切り替えると、四隅の減光もさほど気にならず、
周辺の流れも良い雰囲気を醸し出します。

おまけとして…

GFX50R + AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8G

AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8Gでも撮影を試みました。
もちろん電子接点や絞りも制御出来ませんが、趣味としては大変満足です。

GFXにマウントアダプター、まだまだ検証を重ねたい次第です。

▼今回使用した機材はこちら▼







〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2019年11月27日 11時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!11票


楽器を撮る。

【Canon】楽器を撮る。[2019年12月06日]

楽器を演奏する姿はかっこいい。 カメラを手にしてから、一番に撮りたいと思っていたのが、バンドのライブ写真だった。 私がギターを弾くという事もあり、自然に浮かんだ被写体だったからだ。 ひとつひとつのバンドが個性的で、撮影している時はとても楽しく、過ぎる時間はあっという間だ。 ライブ写真の中で、ギターに注目して今回のブログを書いてみた。 新品のギターも好きだが...
続きを読む
null

【SIGMA】しぐまびより Part33[2019年12月05日]

ひかり。 背の高いビルが立ち並ぶ街の日向と日陰のコントラストは一層強く、 その時その時にしか見れない街の風景の連続だったりする。 あとで撮ろうと思っていたらチャンスを逃してしまう、なんてことは何度も経験しています。 同じ街に何回足を運ぼうが、同じ顔を見れることはない。 何度も何度も通ったからこそ見れる瞬間があるのだと思います。 強くて明るい光と淡くて柔ら...
続きを読む
写真展のご案内 〜『BRITONS images of my memory』

写真展のご案内 〜『BRITONS images of my memory』 KENJI NAKAMURA PHOTO EXHIBITION 2019~[2019年12月04日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 『BRITONS images of my memory』 NAKAMURA PHOTO EXHIBITION2019 です。 是非足をお運び下さい。 会期:2019年12月7日(土)& 12月8日(日)12:00〜21:00 会場:吉祥寺・オルレアカメラ ギャラリー 東京都武蔵野市吉祥寺本町3-12-3
続きを読む
Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR

【飛行機を撮ろう】バイバイ レコンファントム ~午前の部~【Nikon Z50】[2019年12月04日]

Nikon Z50 × 令和元年度百里基地航空祭 【1/200 |F8 | ISO100 | Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR】 12月1日(日)は茨城県にて、 令和元年度百里基地航空祭が催されました。 百里基地の名物、 航空自衛隊の偵察機RF-4E/EJは今年度で運用が終了し、 来年度中には同基地のF-4EJ/EJ改も運用が終了するので、 往年の名機「ファントム」を満喫できる最後の航空祭となりました。 行ってみた方も...
続きを読む
大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-

大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-[2019年12月03日]

PENTAX67、通称"バケペン"と呼ばれるこのカメラ。 一眼レフカメラをそのまま巨大化させたフォルムがまるで お化けの様だと例えられ、長く愛される6x7の中判機。 その中でも今回取り上げる67IIは、 AEファインダーと併用する事によって絞り優先モードの 使用が可能なところが最大のポイント。 これが実際に使ってみると…「コレ無くしては…!」と考えてしまう程に テンポ良く速写が可能...
続きを読む