Select Language

ぼくらのズミクロン日記Vol.6 ~知的で、エレガントなメガネっ子~

[ Category: Leica|掲載日時:2019年11月26日 10時30分]

We are Summicron!!


この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。
1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。
今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。
十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。


今回ご紹介するのは、DRズミクロンM50mmF2 です。
DRズミクロンM50mmF2

1953年に登場、その解像力の高さから、戦後のライカレンズを代表する銘玉の評価を得たズミクロン50mmF2。

M3の発売と同時にMマウントになり、その後固定鏡胴化。
1956年レンジファインダーの機構上難しいとされていた近接撮影を可能にしたモデルとして発売されたのが、このDRズミクロンM50mmです。

通常は従来のズミクロン50mmと同様、1m~∞の範囲で撮影が可能ですが、メガネ(近接アタッチメント)を取り付けることでロックが解除され、
約48~90cmの範囲でヘリコイドが稼働し、近接撮影が可能になります。

2つの撮影範囲を持つことが「DR(デュアルレンジ)」の名称の由来になっています。

メガネなし

メガネを外した状態。 1m~∞の範囲でヘリコイドが動く。

メガネあり

メガネを装着した状態。 ピンをずらし、48~90cmの範囲でヘリコイドが稼働可能になる。

とっても凝った仕掛けで、それだけでも所有する喜びが得られます。

なお、距離計連動部分の形状上、残念ながらデジタルのMボディでは近接撮影が出来ません。


実際に2つの最短距離で撮影すると、こんな感じに。

メガネなし

通常撮影の最短1m。

メガネあり

近接撮影時の最短約48cm。
レンジファインダーでこれだけ寄れれば、撮影の幅もぐっと広がります。

その時の被写体との距離感は、こんな感じ。
ビールあり

手を伸ばせば届きます。

メガネなし

もう1枚、メガネ無しの最短1m開放F2。

現代のレンズのような滑らかなボケでなく、いかにもオールドレンズらしく二線ボケも見受けられますが、
それが逆にレンズの味になっています。

メガネあり

メガネ付き近接約48cm。 近接の方がボケが素直か。


オールドレンズは本来、開放より2,3段絞ったところで真価を発揮するものが多いです。

というわけで、日中、少し絞っての撮影になると、なんともシャープで立体感のある描写に。

M3+DRズミクロンM50mmF2


M3+DRズミクロンM50mmF2


M3+DRズミクロンM50mmF2


M3+DRズミクロンM50mmF2


M3+DRズミクロンM50mmF2


M3+DRズミクロンM50mmF2


ちょっと古風な雰囲気を持った優等生なレンズです。

喩えるならクラスの学級委員長タイプ?
とはいえ、決して冷たく厳しい印象ではなく、自然と知性を感じさせる優雅な物腰。
休み時間や放課後は素顔で過ごし、勉強の時だけ細いフレームの眼鏡をちょこんと掛け、
清楚で知的な雰囲気に…

こんな子と一緒なら、普段は見過ごしてしまっていたような、道端にひっそり咲く花にも目をとめ、
「きれいだね… こんな素敵な発見も君がいたからだよ!」なんて…

…貴方もDRズミクロンとの素敵なデート、いかがですか?!

メガネっ子










〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓



[ Category: Leica|掲載日時:2019年11月26日 10時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!25票


α9 ボディ ILCE-9+FE 70-200mm F2.8 GM OSS SEL70200GM

【マイストックフォト】思い出の一枚[2020年04月03日]

α9の試写も兼ねて水族館を訪れた時の一枚。 イルカショーですがこの時辺りは暗闇に包まれ、幻想的なプロジェクションマッピングで彩られたナイトショーだったのです。 スポーツなどの動体撮影に優れたα9とはいえ、撮影者がファインダー越しにを捉えられなければフレームインさせる事が出来ません。 水中を駆けるイルカを水面の隆起から推測しそろそろ飛び上がりそう…!という瞬間を狙い連写で追...
続きを読む
null

【Panasonic】動物達に会いたくて[2020年04月03日]

DC-S1 × S PRO 70-200mm F2.8 O.I.S. 【 1/800 | F2.8 | ISO 800 】 昨今、SNSでの情報収集は欠かせない世の中になりました。 筆者もSNSでいろんな情報をチェックしていますが、 そのなかで気になる投稿がありました。 「あなたのお気に入りの可愛い動物の画像や動画を見せてくれ!」 癒しを求めた心の叫びです。 その純粋な心の叫びに感動した筆者は、 手持ちの動物の画像で、まだ手を...
続きを読む
indoor ~Lens Taste in April~

【indoor】~Lens Taste in April~ 2020.04.03[2020年04月03日]

本日の機材 Canon EOS 6D Mark II + EF100mm F2.8Lマクロ IS USM var forcia_var = { JAN_CODE: "4549292083897,4960999635170" ,LIMIT: "2" ,SELL:"new" }; var forcia_var = { JAN_CODE: "45492920838...
続きを読む
【HASSELBLAD】XCD 80mm F1.9とR35がすごく良かった話。

【HASSELBLAD】XCD 80mm F1.9とR35がすごく良かった話。[2020年04月02日]

HASSELBLAD X1D II 50C + XCD 80mm F1.9 これは昨年の夏頃の話なのですが、『HASSELBLAD X1D II 50C』と『HASSELBLAD XCD 80mm F1.9』の組み合わせで撮る機会がありましたので、その時の写真をご紹介いたします。 以前X1Dを使用したことがあったので、ボディに関しては「なるほど」とすぐ馴染んだのですが、今回の目玉はXCD 80mm F1.9。なにやらズシリと重たく、いかにも写りそうな雰囲気がプ...
続きを読む
【Panasonic】LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7 ASPH.と海に行く。

【Panasonic】LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7 ASPH.と海に行く。[2020年04月02日]

写真を振り返る。 外出できないとき、そういえば撮っておいて そのままにしていた写真が沢山あるな、と思って掘り返してみました。 これは去年の夏頃。 Panasonicから発売された「LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7」で撮った写真です。 三本分の単焦点が詰め込まれたズームレンズ(しかも開放値F1.7!!)として話題になりました。 その謳い文句に偽りなし、とも思えるズームレン...
続きを読む