Select Language

ぼくらのズミクロン日記Vol.6 ~知的で、エレガントなメガネっ子~

[ Category: Leica|掲載日時:2019年11月26日 10時30分]

We are Summicron!!


この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。
1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。
今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。
十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。


今回ご紹介するのは、DRズミクロンM50mmF2 です。
DRズミクロンM50mmF2

1953年に登場、その解像力の高さから、戦後のライカレンズを代表する銘玉の評価を得たズミクロン50mmF2。

M3の発売と同時にMマウントになり、その後固定鏡胴化。
1956年レンジファインダーの機構上難しいとされていた近接撮影を可能にしたモデルとして発売されたのが、このDRズミクロンM50mmです。

通常は従来のズミクロン50mmと同様、1m~∞の範囲で撮影が可能ですが、メガネ(近接アタッチメント)を取り付けることでロックが解除され、
約48~90cmの範囲でヘリコイドが稼働し、近接撮影が可能になります。

2つの撮影範囲を持つことが「DR(デュアルレンジ)」の名称の由来になっています。

メガネなし

メガネを外した状態。 1m~∞の範囲でヘリコイドが動く。

メガネあり

メガネを装着した状態。 ピンをずらし、48~90cmの範囲でヘリコイドが稼働可能になる。

とっても凝った仕掛けで、それだけでも所有する喜びが得られます。

なお、距離計連動部分の形状上、残念ながらデジタルのMボディでは近接撮影が出来ません。


実際に2つの最短距離で撮影すると、こんな感じに。

メガネなし

通常撮影の最短1m。

メガネあり

近接撮影時の最短約48cm。
レンジファインダーでこれだけ寄れれば、撮影の幅もぐっと広がります。

その時の被写体との距離感は、こんな感じ。
ビールあり

手を伸ばせば届きます。

メガネなし

もう1枚、メガネ無しの最短1m開放F2。

現代のレンズのような滑らかなボケでなく、いかにもオールドレンズらしく二線ボケも見受けられますが、
それが逆にレンズの味になっています。

メガネあり

メガネ付き近接約48cm。 近接の方がボケが素直か。


オールドレンズは本来、開放より2,3段絞ったところで真価を発揮するものが多いです。

というわけで、日中、少し絞っての撮影になると、なんともシャープで立体感のある描写に。

M3+DRズミクロンM50mmF2


M3+DRズミクロンM50mmF2


M3+DRズミクロンM50mmF2


M3+DRズミクロンM50mmF2


M3+DRズミクロンM50mmF2


M3+DRズミクロンM50mmF2


ちょっと古風な雰囲気を持った優等生なレンズです。

喩えるならクラスの学級委員長タイプ?
とはいえ、決して冷たく厳しい印象ではなく、自然と知性を感じさせる優雅な物腰。
休み時間や放課後は素顔で過ごし、勉強の時だけ細いフレームの眼鏡をちょこんと掛け、
清楚で知的な雰囲気に…

こんな子と一緒なら、普段は見過ごしてしまっていたような、道端にひっそり咲く花にも目をとめ、
「きれいだね… こんな素敵な発見も君がいたからだよ!」なんて…

…貴方もDRズミクロンとの素敵なデート、いかがですか?!

メガネっ子










〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓



[ Category: Leica|掲載日時:2019年11月26日 10時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!15票


楽器を撮る。

【Canon】楽器を撮る。[2019年12月06日]

楽器を演奏する姿はかっこいい。 カメラを手にしてから、一番に撮りたいと思っていたのが、バンドのライブ写真だった。 私がギターを弾くという事もあり、自然に浮かんだ被写体だったからだ。 ひとつひとつのバンドが個性的で、撮影している時はとても楽しく、過ぎる時間はあっという間だ。 ライブ写真の中で、ギターに注目して今回のブログを書いてみた。 新品のギターも好きだが...
続きを読む
null

【SIGMA】しぐまびより Part33[2019年12月05日]

ひかり。 背の高いビルが立ち並ぶ街の日向と日陰のコントラストは一層強く、 その時その時にしか見れない街の風景の連続だったりする。 あとで撮ろうと思っていたらチャンスを逃してしまう、なんてことは何度も経験しています。 同じ街に何回足を運ぼうが、同じ顔を見れることはない。 何度も何度も通ったからこそ見れる瞬間があるのだと思います。 強くて明るい光と淡くて柔ら...
続きを読む
写真展のご案内 〜『BRITONS images of my memory』

写真展のご案内 〜『BRITONS images of my memory』 KENJI NAKAMURA PHOTO EXHIBITION 2019~[2019年12月04日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 『BRITONS images of my memory』 NAKAMURA PHOTO EXHIBITION2019 です。 是非足をお運び下さい。 会期:2019年12月7日(土)& 12月8日(日)12:00〜21:00 会場:吉祥寺・オルレアカメラ ギャラリー 東京都武蔵野市吉祥寺本町3-12-3
続きを読む
Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR

【飛行機を撮ろう】バイバイ レコンファントム ~午前の部~【Nikon Z50】[2019年12月04日]

Nikon Z50 × 令和元年度百里基地航空祭 【1/200 |F8 | ISO100 | Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR】 12月1日(日)は茨城県にて、 令和元年度百里基地航空祭が催されました。 百里基地の名物、 航空自衛隊の偵察機RF-4E/EJは今年度で運用が終了し、 来年度中には同基地のF-4EJ/EJ改も運用が終了するので、 往年の名機「ファントム」を満喫できる最後の航空祭となりました。 行ってみた方も...
続きを読む
大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-

大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-[2019年12月03日]

PENTAX67、通称"バケペン"と呼ばれるこのカメラ。 一眼レフカメラをそのまま巨大化させたフォルムがまるで お化けの様だと例えられ、長く愛される6x7の中判機。 その中でも今回取り上げる67IIは、 AEファインダーと併用する事によって絞り優先モードの 使用が可能なところが最大のポイント。 これが実際に使ってみると…「コレ無くしては…!」と考えてしまう程に テンポ良く速写が可能...
続きを読む