Select Language

【11月30日はカメラの日】 CONTAX645 

[ Category: etc.|掲載日時:2019年11月26日 21時00分]


CONTAX645

CONTAX645。
「コンタックス ロクヨンゴ」と読みます。

フィルムカメラを始めて少し経つ頃、「CONTAX 645」という文字と数字の組み合わせに興味を持ちました。
645とは6×4.5のフォーマットを意味する言葉。
中判フィルムカメラと呼ばれるもの。
通常の35㎜判と呼ばれるフィルムよりも大きな120フィルムを使用するカメラです。

そんな中でも筆者の心を「バシッ」と射抜いたのがこのCONTAX645でした。
CONTAX645



特筆すべきはこの滑らかなフォルム。
手にすると、「嗚呼、いいなぁ」と思わず声が漏れてしまいます。
プラスティックとは思えない仕上げ。質感が完璧です。

そして機能美。美しいカメラはボタン配列も当然磨き抜かれ、撮影者を支えます。
CONTAX645


如何でしょう。ユーザーの事を考えぬかれたボタン配置と握りしめると手の平に寄り添うそのグリップ。
マニュアル、絞り優先、これだけの多機能をこれだけのコンパクトボディに落とし込むのは流石です。

開発時には特にこだわって調整されたというシャッター音に関しては使った誰もが「良い音だなぁ。」とつぶやいてしまいます。
私もたまに空シャッターを切りつつお酒を嗜んでいます…。

CONTAX645

そしてシャッタースピードも非常に早く優秀です。
中判カメラの中では1/4000秒という高速シャッターを実現しており、1/250秒のシンクロ同調も実現しています。

また、ファインダーもみやすく、フォーカシングスクリーンも水平スプリットマイクロプリズムの「MFS-1」や全面マットの「MFS-2」、方眼マット「MFS-3」の3種類があります。
個人的に一番使いものは標準装備されている全面マットの「MFS-2」です。
これとPlanar 80mm F2を組みわせた時は「本当にこのカメラいいなぁ~!」と実感できるでしょう。
風景を撮る際は方眼マットがおすすめです。

CONTAX645

何処かが壊れてしまっても、こうやってバラバラに別れるのでその部分だけを交換すればすぐ撮影に復帰できるというシステマチックな一面も。(贅沢な話ですが…。)

「クラシックカメラ」という言葉ではくくりきれない少し近未来的なデザイン。
そのデザインは現代のカメラと並べても十分に通用するものだと感じます。

最初に見ていただいた写真をもう一度。
CONTAX645

正面にボディネームを入れずにボディの側面にサラッと印字された「CONTAX645」の文字。
毎日見ても飽きないカメラです。




〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category: etc.|掲載日時:2019年11月26日 21時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!10票


マキナ67

【PLAUBEL】 フィルム紀行(ときどき、奇行) ⑥マキナと道行き[2020年01月15日]

あらかじめお断りしておきますが、以下はフィクションです。 休日、久しぶりの晴天、 …だがしかし、朝から妻の機嫌が悪い…… 表立って怒りを露わにしているわけではないが、ことばの端々に不機嫌さを感じる… …というか、会話自体ほとんどないし…… こういう時は、たいてい、夫である私に原因がある(らしい…) そして、十中八九、夫である私が悪い(らしい…) 「…………」 ...
続きを読む
新品・中古デジタルカメラ人気ランキング

2019年12月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング[2020年01月11日]

新品デジカメ12月ランキング 1位 FUJIFILM X-Pro3 ミラーレスカメラ 2位 Nikon Z50 ミラーレス一眼カメラ 3位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ 4位 FUJIFILM X-T30 ミラーレス一眼カメラ 5位 FUJIFILM X-T3 ミラーレス一眼カメラ 6位 SONY α7RIV ミラー...
続きを読む
レコーダーといっしょ

【街で見つけた形にフォーカス】レコーダーといっしょ【KONICA】[2020年01月06日]

新年があけて今日でもう6日目です。 そろそろあけましておめでとうございます、というのも慣れてきたころでしょうか。 本年もどうぞよろしくお願い致します。 気づけば新人スタッフとしてはじめてブログを書かせて頂いて半年ほどたちます。 昨年私ははじめてカメラの世界に飛び込み、1年でしらずしらずのうちにカメラが増えていきました。 今回は街で見つけたかわいい、面白い形に...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】フィルムと日常【Nikon】[2020年01月01日]

新年あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 さて、今回のブログでは、街にあふれるユニークな形に注目した内容でお送りいたします。 私自身、スナップ撮影が好きでおもしろいものを見つけると、つい記録したくなります。 今回はその記録の中でも最近夢中になっている2台のフィルムカメラで撮影したものご紹介したいと思います。 学生の頃から...
続きを読む
【DJI】 Osmo Pocket  ~ 東西南北に雲と行く ~

【DJI】 Osmo Pocket ~ 東西南北に雲と行く ~[2019年12月31日]

目の前に広がる世界とかけがえのない瞬間 【巻積雲「うろこ雲」】 【東西南北に雲と行く】 冬の空は、強い寒気がやって来て、日本海側では曇りの日が多く雪が降ります。一方、太平洋側では山から乾いた風が吹いて来るため、乾燥していて晴れた日が多いです。 しかし毎年暖冬が続く冬の空はおもしろい。なぜなら空にはたくさんの白い雲が現れるからです・・・その名は「うろこ雲」。正式には「...
続きを読む