Select Language

【11月30日はカメラの日】瑞々しい色

[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2019年11月29日 14時00分]






11月16日のオリンパスPhotoFesta2019にて、PENのデザイン展が行われていました。
2019年はオリンパスがマイクロフォーサーズ初号機「PEN E-P1」を投入してから10年の節目。
7月にE-P1が発売されたと思ったら、その数か月後には「PEN E-P2」が登場し、良くも悪くもカメラファンの度肝を抜いたのが昨日のようで懐かしい。

このような内容を書いている私、純度100%のオリンパスユーザーかといえば違います。
むしろニコン歴が長く、フィルムはF2とF3、デジタルはD200、将来はナノクリレンズをD800シリーズに付けて・・・というニコン畑を歩んでおりました。
そんな私がオリンパスの虜になったのは、青色の発色がクリアでとても好みだったから。



2014年9月 PEN E-P3


2015年5月 PEN E-P3
偏光フィルターも併用したら、深い青をみつけてしまいました。


もともとの色作りの傾向もあるかと思いますが、仕上がりモード「i-Finish」のさじ加減が絶妙なのかもしれません。
人間の不思議で、肉眼で美しいと感じた色を写真に記録しても、見返した際に同じく美しいと感じるとは限らないそうです。
記録と記憶のズレと表現することもできますが、時が経っても出会った時の感動を表現する(=記憶色を創る)ことがi-Finishの開発コンセプトと聞いて、今ではすっかりヘビーユーザーです。



2019年10月 OM-D E-M1 Mark II




2013年11月 PEN E-P5
忠実なNATURALではくすんで見える色も、写真映えする色に。


定量的に効果を加える従来モードと異なり、画面内で主役となる色をより強調できるのが主たる仕組み。しかもただ鮮やかにするのではなく、色の輝度やコントラストの微調整等も実行されるので、くどい色彩に陥らないところはよく計算されているなと感服します。


2011年10月 PEN E-P3
NATURALで仕上げた場合。これはこれで良いのですが・・・



i-Finishを用いると、若干空の彩度が上がり、マゼンタも少し掛かります。




2019年 OM-D E-M1 Mark II



こちらは彫刻の彩度を上げ、背景のブルーはコントラスト調整程度を行った模様。
色の対比が強調されたことでより鮮やかになりました。
全体の彩度を上げるのではなく、シーンによってはコントラストのみ調整するといった、
フレキシブルな調整を行ってくれます。



2019年 OM-D E-M1X
ここでは輝度が上がり、燃える印象の風景に。


好んで撮っている空は特にドラマティックな色が生まれやすく、
青空に向ければ青が、夕空に向ければ赤が強く発色するよう調整を行ってくれます。
主要被写体の判定や強調度合はカメラ任せですが、シーンに応じて提示してくれる答えが変わり強調方法も学べるので、彩度調整一辺倒だったRAW現像手法もその後大きく変化させることができました。
画像処理による色の表現は賛否両論、これからも尽きないと思いますが、i-Finishを使って新しいフィーリングと出会ってみるのも良いかもしれないです。




i-Finish素晴らしい


i-Finishが使える新製品はこちら








〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2019年11月29日 14時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!11票


Nikon Z7 × NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct をZ7に装着してみました【カメラを愉しむ vol.8】[2020年01月21日]

2019年10月12日に受注を開始した受注生産モデルの「新生Noct」。 ノクトニッコールと言えば1977年(昭和52年)に発売された「Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct」。 Nocturne=夜想曲から命名されたと言われ、中古相場では今でも状態の良い個体で60万円近い価格で取引されている伝説のレンズだ。 この伝説のノクトニッコールの歴史を現代に受け継いだZシリーズ用レンズ。 これが今回ご紹介す...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】monochrome 【SONY】[2020年01月21日]

皆さんこんにちは。 今月は「街で見つけた形にフォーカス」をテーマに綴っております。 昔聞いたことのある話なのですが一般的に男性は形や空間認識能力に優れ、女性は色彩感覚に優れているのだそうです(あくまで一般的に、なので逆の人もいれば両方共優れている人もいるのだとか。) となると今回のテーマは一般的(?)に言えばまさに男性が得意な被写体と言えるのでしょうか。実際どのスタッフが書...
続きを読む
【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】

【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】[2020年01月20日]

今回の掲載写真は「SONY α7S」にマウントアダプター「LA-EA3」を使い Aマウントレンズ「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM」で撮影しました。 こちらは東京・浅草周辺を歩いている時に見つけた面白い形の白い大きなオブジェ 側面に穴が開いており、穴からはスカイツリーが見えます。 スカイツリーの隠れ撮影スポットを発見しました。 穴の中にカメラを入れるとオブジェの内側を覗く事がで...
続きを読む
D780

【発売直前】 D780とはどんなカメラ?[2020年01月20日]

Nikon D780とはどんなカメラ? 待っていた方も多いのではないでしょうか。 2014年に登場し、 ミドルレンジのフルサイズデジタル一眼レフとして長年多くのユーザに愛されてきたD750。 時代の移り変わりとともに、 Nikon一眼レフの金字塔D850が登場したり、 待望のフルサイズミラーレスZシリーズが誕生してきましたが、 それとは別に、今の時代ならではの新しい技術を取り入れつつも 安心して使...
続きを読む
カタチから過去を振り返る

【街で見つけた形にフォーカス】カタチから過去を振り返る【FUJIFILM】[2020年01月19日]

FUJIFILMといえば最近は専ら『X-Pro3』の話題で持ちきりですが、 『X-Pro2』も捨てたものではありません。 今回、街で見つけた形にフォーカスということで、 その『X-Pro2』を片手に今まで撮影してきたものを振り返ります。 私の中で丸といえば、なぜか道路標識が優先度高めに出てきます… 最初の写真は福岡にいたときに撮影したもので、こちらは東京丸の内で撮影。 同じような被写体...
続きを読む