Select Language

SONY 『α9II 』『α7R IV』開発者インタビュー Vol.1

[ Category: SONY|掲載日時:2019年12月12日 19時23分]


SONY α7R IV/α9II/α6600 インタビュー

フルサイズミラーレスという新しいカメラのジャンルを作り出し、カメラ業界を牽引するまで成長をしたソニーのαシリーズ。その中でもプロスポーツや報道カメラマン向けのプロ機材として進化した『α9 II』や、6100万画素の超高画素でありながら、俊敏性も兼ね備えた『α7R IV』など今年は話題性の高いカメラを登場させました。今回のインタビューではこの2機種を皮切りにα全体のコンセプトや性能、商品の魅力について語っていただきました。


今フルサイズミラーレスを牽引している存在として、高画素・高画質が特徴の『α7Rシリーズ』と20コマ/秒のブラックアウトフリーでのサイレントシャッター連写など今までのカメラに無かった性能を持つ『α9シリーズ』があります。改めての質問になってしまうと思いますが、この2シリーズの特徴やコンセプトを教えてください。

中西 氏:
α7Rシリーズは高画素とスピード性能の両立をコンセプトとしているシリーズです。特に6100万画素のセンサーを搭載した『α7R IV』は画素数の高さのみが取り上げられやすいのですが、スピード性能にも妥協なく、6100万画素でのフル解像度で10コマ/秒の高速連写に対応するなど、その高い高速性能、そして拡張でISO102400の高感度性能を併せ持つ点が特長です。風景、ポートレート、動体撮影など特定のジャンルにとらわれない多種多様なシチュエーションの作品撮りに対応できる高画質かつ万能なモデルになります。

α9シリーズは革新的な積層型CMOSセンサーで一眼レフの“メカの限界の壁”を乗り越え、ミラーレスだからこそ様々なブレークスルーを果たすことができたシリーズです。例えばファインダーの消失が一切なく、常に被写体を肉眼で捉えられるブラックアウトフリー撮影や、60回/秒のAF/AE演算、さらには1秒間に20コマ撮影できる連続撮影が主な機能です。今までの機械式シャッターを搭載したカメラでは連写コマ数が構造上の制約に縛られてきました。そこでα9は電子シャッターを改善することによって、今までの高速連写機では撮れなかった写真、例えば秒間12コマや14コマでも撮ることが出来なかった1秒間の中にある瞬間を捉えられるカメラになっています。さらには最新のソフトウェアアップデートによりリアルタイムトラッキングやリアルタイム瞳AFの動物対応などが追加され、発売当初は比較的プロ中心でしたが、現在では写真趣味層にまでユーザーのすそ野が大きく広がってきています。その性能を踏襲し、さらにプロスポーツフォトグラファーや報道カメラマンのご要望をヒアリングして、通信系や操作系を進化させた『α9 II』を発表しました。通信系においては1000BASE-Tの有線LAN対応や、これまでの2.4GHz帯域に加え、5GHz帯域の無線LAN(Wi-Fi)対応により、一分一秒が勝負のスポーツ・報道の現場でいかに早く納品できるか、というところに注力しています。操作系に関してもグリップを握りやすくした点や、マルチセレクターやAF-ONボタンの操作性の向上が挙げられます。

各シリーズの根底には共通して「今まで撮れなかったものが撮れる」というコンセプトがあり、常に独創性と先進性を目指しながら各シリーズの進化を目指しています。

α9シリーズ等に搭載されている積層型センサーと、現在主流とも言える裏面照射型センサーの各メリットとは?

中西 氏:
「裏面照射型」のメリットとしてはより集光効率を高められるので、より暗い状況でも光を集めて高い画質を実現することができます。

「積層型」は裏面照射型の種類の一つで、センサー内部にメモリーを積層配置しており、膨大な出力信号を一時その内蔵メモリーに保管することで、信号を滞らせることなく圧倒的な読み出し速度を実現しています。それによって先にも申し上げたような、“メカの限界の壁”を乗り越えることができました。α9での世界初のメモリー内蔵積層型センサー採用だけでなく、実はこうした世界初の技術は初代α7/α7Rのときから実現してきました。

フルサイズミラーレス機を代表する存在となったα7/α9シリーズとイメージセンサーの進化の歴史に関して、もう少し詳しく教えてください

SONY α7R IV/α9II/α6600 インタビュー

中西 氏:
2013年、初めてミラーレス構造でフルサイズセンサーを搭載したカメラが登場しました。α7とα7Rです。フルサイズ機でありながら実現した小型軽量デザインは衝撃的だったと思います。しかし、まだまだ課題も多く、その分期待も大きかった機種でした。次に大きな節目と言えるのが2015年に登場したα7R IIです。フルサイズで初の裏面照射型センサーを搭載した機種です。本来ならば画素数を上げることによって感度性能面でデメリットも発生するのですが、α7RIIは4240万の高画素でありながら高感度耐性も実現しました。この機種ではカメラグランプリ2016を受賞し、多くのプロや写真趣味層の方が、αのフルサイズミラーレスシステムを支持していただくきっかけとなったモデルだと思います。その次の転換期が2017年に積層型センサーを搭載したα9になります。この機種でもカメラグランプリを受賞しましたが、このモデルの登場により、報道を主としたプロの世界にもαが踏み込む契機となりました。やはりイメージセンサーを作っているからこそ、このような世界初のカメラを世に送り出し続けることができ、そこに多くの方が評価してくださっているのだと思います。





 



[ Category: SONY|掲載日時:2019年12月12日 19時23分]

面白いと思ったらコチラをClick!5票


【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~

【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~[2020年02月18日]

皆さま、こんにちは。 MapCameraの店舗のある新宿は暖かいなぁと感じる日がだんだんと多くなってきました。 さて、今回はLeica M10-PとNOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VMを使って写真を撮ってきました。 VMとはVoigtlander Mマウントの略です。 VoigtlanderのBessaシリーズをはじめとしてM型ライカのカメラにも装着することが出来ます。 まずは開放F1.5。優しいピント面からなだら...
続きを読む
光害カットフィルター「StarScape」の魅力

【marumi】光害カットフィルター「StarScape」の魅力[2020年02月17日]

α7RⅣ + FE24-70mm F2.8 GM + M100 + StarScape for M100 + ND8 65mm | F8 | 31s | ISO100 東京都江東区にて 古今を問わず、写真撮影の応用として、「特殊な効果」を持ったフィルターは大変人気です。例えば、「C-PLフィルター」「NDフィルター」等はその中でも定番です。更に特殊なものとして、カラーフィルターやソフトフィルター、クロスフィルターなんかがありますが、昨今では夜景を...
続きを読む
【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】

【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月16日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『4K動画×手ブレ補正』 手持ちでシネマクオリティを実現するOM-D Movie 4K動画撮影機能はもちろん、E-M1 X...
続きを読む
null

私の現像レシピ[2020年02月15日]

先日、自分でフィルム現像をしていて本当に良かったなぁと感じたことがありました。 カメラ屋さん「ご自身で現像されたんですか?」 私「ええ、意外と簡単ですよ。」 カメラ屋さん「私も興味がありまして... 暗室でですか。」 私「いえ、暗室がなくてもできますよ。私はお風呂場を暗室の代わりにしてやってます。」 カメラ屋さん「すごい、私もやってみようと思います。」 自家現像...
続きを読む
【Laica】ひだまりの暗箱、詠う蛹

【Leica】ひだまりの暗箱、詠う蛹[2020年02月15日]

のぼる朝日は靄を帯びて、 窓からのぞく歩道は白く歪んでみえます。 鼻をすする声と軽快な足音が入り混じる街は 少し早めの春の訪れを感じさせます。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 この度はライカブティック 7周年にあやかりまして 7枚の御手と少しのおまけを 撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 『愛昧』 さて、いきなりで大変恐縮ですが ...
続きを読む