Select Language

【飛行機を撮ろう】バイバイ レコンファントム ~午前の部~【Nikon Z50】

[ Category: Nikon|掲載日時:2019年12月04日 14時45分]
Nikon Z50 × 令和元年度百里基地航空祭


Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR
【1/200 |F8 | ISO100 | Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR】


12月1日(日)は茨城県にて、
令和元年度百里基地航空祭が催されました。

百里基地の名物、
航空自衛隊の偵察機RF-4E/EJは今年度で運用が終了し、
来年度中には同基地のF-4EJ/EJ改も運用が終了するので、
往年の名機「ファントム」を満喫できる最後の航空祭となりました。
行ってみた方も多かったのではないでしょうか。

Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR
【1/125 | F8 | ISO100 |Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR】

さて行ってみた皆様は、
どんなカメラ・レンズで往年の名機の姿を撮影しましたでしょうか。
筆者は発売間もない最新機、
「Nikon Z 50」と2本のレンズ(及びFTZ)を持ち出してみました。
小柄ながらにD7000番台の一眼レフに並ぶ性能を持ち、
高速連続撮影 秒11コマ(拡張時)が可能なZ50。
レンズは飛行展示の撮影用に200-500/5.6E VR、
地上展示の撮影用に18-140/3.5-5.6G VRを選びました。
どちらのレンズもD7000番台のカメラでよく使われているレンズです。
特に200-500/5.6Eは航空祭やそのほか望遠レンズが必要な撮影で、
Z50での使用を検討される方も多いかもしれません。
これらの組み合わせで航空祭に臨んできました。

Nikon Z50 + FTZ + 200-500/5.6E VR
【1/640 | F8 | ISO180 |Nikon Z50 + FTZ + 200-500/5.6E VR】

筆者が百里基地に着いたときには、
既に最初の飛行展示は終わっており、テスト撮影はF-15Jの飛行展示で行いました。
最近、曇天・雨天の飛行展示は低空滑走からの大きく左右に振るというのをよく見かけます。
最前列の人々にAFを吸われないようにしつつ、
アフターバーナーを炊いて猛烈なスピードで低空を駆ける戦闘機を撮影するのは、決して簡単ではありません。
今回はZ50のAF性能に救われました。
迅速にピンを合わせてくれたのはもちろん、事前にAFの「粘り(敏感さ)」を調整しておいたので、
思いのほかスムースに扱うことができました。

Nikon Z50 + FTZ + 200-500/5.6E VR
【1/640 | F8 | ISO180 |Nikon Z50 + FTZ + 200-500/5.6E VR】


撮影しながら細かいところを調整していきます。
薄い雨雲が空を覆っているので、なかなかクリアな画像は難しい中での撮影です。
WB、ISOはオートでいいのかどうか、
AFのエリアはどうするか、
測光はマルチか中央重点か、
ピクチャーコントロールはどうするか。

カメラの設定だけではありません。
200-500/5.6Eはズームリングの回転角が大きいレンズです。
ズームリングに触れながら撮影すべきか、
思い切って画角を決めてレンズ先端(大体フード)を持って、
安定感あるフォームで撮影すべきか。

Nikon Z50 + FTZ + 200-500/5.6E VR
【1/800 | F8 | ISO720 |Nikon Z50 + FTZ + 200-500/5.6E VR】


もっとも、F-15Jは大きめとはいえ非常にパワフルな航空機なので、
機動飛行展示ともなればなかなかのスピードで飛び回ります。
筆者自身はあまり考えている余裕はないのですが、
一方でZ50のAFは充分なスピードと食いつきでF-15Jを捉えてくれました。

Nikon Z50 + FTZ + 200-500/5.6E VR
【1/1250 | F8 | ISO280 |Nikon Z50 + FTZ + 200-500/5.6E VR】


観覧タイミングを配慮してか、
ファントムの午後の飛行展示の前に、
午前中にブルーインパルスの飛行展示がありました。
なおここまでの撮影のピクチャーコントロールは「スタンダード」、
ここからは「風景」で設定しています。
「風景」は「ビビッド」よりはやや控えめにコントラストを上げてくれるので、
航空機撮影のプロ写真家の方々がよく初心者向けにおすすめしている設定です。

Nikon Z50 + FTZ + 200-500/5.6E VR
【1/1250 | F8 | ISO360 |Nikon Z50 + FTZ + 200-500/5.6E VR】


おおむね国内の航空祭では、ほとんど"トリ"を務めるブルーインパルスですが、
今回の百里基地航空祭のように、
ときどき午前中にブルーインパルスの飛行展示がおこなわれる場合があります。

Nikon Z50 + FTZ + 200-500/5.6E VR
【1/1250 | F8 | ISO250 |Nikon Z50 + FTZ + 200-500/5.6E VR】


Nikon Z50 + FTZ + 200-500/5.6E VR
【1/1250 | F8 | ISO450 |Nikon Z50 + FTZ + 200-500/5.6E VR】

小雨が降っているなかではありましたが、
定番どころの演目はいくつか見る事ができました。

Nikon Z50 + FTZ + 200-500/5.6E VR
【1/1250 | F8 | ISO360 |Nikon Z50 + FTZ + 200-500/5.6E VR】


Nikon Z50 + FTZ + 200-500/5.6E VR
【1/1250 | F8 | ISO250 |Nikon Z50 + FTZ + 200-500/5.6E VR】


11~12月にかけてのブルーインパルスの飛行展示といえば、
「クリスマスツリー・ローパス」
筆者は晴天でこれを見たことがありません…。
いつか青空に映える白いクリスマスツリーを見てみたいものです。

Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR
【1/1000 | F8 | ISO400 |Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR】


様々な場面に対応しやすいという意味では、
高倍率ズームというのはやはり良い選択肢なのでは、と今回思いました。
今回、晴れた時用に「サクラ」などの演目に備えて
DX18-140Gというレンズを持ち出しました。
正直天候状況から使うことはないと思っていましたが、
予想は外れまさかの「サクラ」実施。慌ててレンズ交換しました。
Z50をご検討のかたであれば、
DX18-300あたりの高倍率ズームもぜひご検討ください。
一本でさまざまな演目に対応できます。

Nikon Z50 + FTZ + 200-500/5.6E VR<br />
【1/1000 | F8 | ISO250 |Nikon Z50 + FTZ + 200-500/5.6E VR】


Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR
【1/200 | F8 | ISO100 |Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR】


空き時間で地上展示も撮影していきます。
今回は混雑が凄くて撮れないということもなく、
比較的楽に撮影を進められました。

Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR
【1/1600 | F4 | ISO100 |Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR】


こういうとき小柄なミラーレスカメラというのは便利です。
大型の一眼レフに大きなレンズをつけていると、
写りがいいのは間違いないのですが、
その分重量に疲れたり、
混雑のなかでの取り回しに苦労したり、デメリットもあります。

Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR
【1/1600 | F4 | ISO100 |Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR】


筆者はよく、大型の一眼レフをメイン機にしている方々に、
サブ機としてコンパクトデジタルカメラをおすすめしていますが、
Z50であればFTZ経由で既存のDXレンズをつけても、
充分に軽量・コンパクトで取り回しも楽です。
様々なアングルを試してお気に入りの一枚を撮影しましょう。

Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR
【1/200 | F8 | ISO100 |Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR】

さてここから午後の飛行展示で撮影したものを紹介したかったのですが、
長くなりそうなので一旦区切ります。
「午後の部」編では「ファントム」の飛行展示画像をたくさん紹介したいと思います。
公開までお待ちください!

↓使用した機材とおすすめ商品です↓









〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: Nikon|掲載日時:2019年12月04日 14時45分]

面白いと思ったらコチラをClick!7票


【街で見つけた形にフォーカス】名前のないかたち【SONY】

【街で見つけた形にフォーカス】名前のないかたち【SONY】[2020年01月28日]

写真を撮るとき、被写体の形を意識するのはどんな瞬間ですか? 被写体を見つけたとき。 フレーミングして、構図を考えているとき。 シャッターを押す瞬間。 はたまた、撮り終わって、今日の思い出を眺めるときでしょうか? 私はシャッターを押す瞬間に被写体の形を意識しているように思います。 撮影の準備は全て終わり、あとはこの人差し指で快音を鳴らすだけ。 その瞬間に、散漫していた...
続きを読む
Shinjuku

【街で見つけた形にフォーカス】NikonのライカLレンズをSONYで撮る[2020年01月27日]

ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Nikon W Nikkor 3.5cm F2.5 (L39) マウントアダプター:K&F Concept KF-LME - Voigtlander L/Mリング 35/135用  NikonのLレンズ?と思った方もいると思います。今回使用したのは、NikonのL39マウントレンズ、Nikkor 3.5cm F2.5です。今回は、コンパクトながらも準広角レンズであり、F2.5とスナップとしては十分な明るさをもつ、『W Nikkor 3.5cm F2.5』を使用して撮影を...
続きを読む
ねずみ年とRP

【街で見つけた形にフォーカス】ねずみ年とRP【Canon】[2020年01月26日]

2020年。 早くも1ヵ月が過ぎようとしています。 2020年の干支はねずみ。 ねずみの形を探してみようかと考えましたが私の頭に浮かんだねずみは一つでした。 入門向けのフルサイズミラーレスEOS RPと使い勝手に定評のあるRF24-105/F4を携えて、とあるテーマパークへ行ってきました。 まず使用してみて感じたことは『軽い』と言う事。 筆者は2019年に発売されたフルサイズミラー...
続きを読む
α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z

【街で見つけた形にフォーカス】曇天から斜陽【SONY】[2020年01月25日]

街で見つけた形にフォーカス。 あっという間に令和2年目を迎えた1月の中旬、曇天模様の空の下、多摩センター駅周辺を散策することにしました。 この辺りは昔からの生活県内であり見慣れた街なのですが、ファインダーを通し新たな「形」の発見を期待して来たのでした。 雨が降らないことを祈りつつ、散策を始めます。 駅を出てすぐ、六角形のガラス張りの天蓋が二基。 あいにくの曇り空です...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

【街で見つけた形にフォーカス】気ままにスナップin下北沢【OLYMPUS】[2020年01月25日]

今回の撮影場所は下北沢です。小田急線の地下化工事が終わり、ここ5年程の間に周辺の開発が進み、地上の景色もだいぶ様変わりしてきました。 そんな下北沢でカメラを手に、お散歩スナップして参りました。気になるものに気ままにフォーカス。短いひと時でしたが、楽しい撮影でした。 以前にも似たようなことを書きましたが、真冬の撮影は日の傾きが思いのほか早く、ちょうどよく...
続きを読む