Select Language

【Nikon】東京紅葉Z50

[ Category: Nikon|掲載日時:2019年12月07日 11時10分]


東京で秋を感じたいと思い、
皇居・丸の内エリアにNikon (ニコン) Z50 と
Nikon (ニコン) AF-P DX NIKKOR 10-20mm F4.5-5.6G VR、
Nikon (ニコン) AF-P DX NIKKOR 70-300mm F4.5-6.3G ED VR
を持参して撮影にいきました。
※Nikon (ニコン) マウントアダプター FTZ装着しています。


まず最初にイルミネーションで有名な
丸の内仲通りを歩きます。
通り沿いにオブジェが並んでいます。
また今年の流行語大賞の
あの人のブロンズ像も・・・。


東京紅葉Z50


もうわかりますよね、そう“ リーチ! ”の掛け声で有名な
リーチマイケル像。

にわかファンにもなりきれませんでしたが、
すぐにわかりました。

オシャレな店員さんが窓拭き

東京紅葉Z50

インパクトのあるライオン像

東京紅葉Z50


他にも前衛芸術家 草間弥生 のものもあるので
ぜひ行ってみてください。


仲通から10分ほど歩き、
今日一番の目的、
紅葉を見に皇居へ行きました。

今年は大嘗宮を見ることができることもあり
例年よりも人・人・人の長蛇の列。
坂下門に入るまでに凡そ40分。


東京紅葉Z50


東京紅葉Z50



無事門をくぐり大嘗宮の経路へ。
ん?大嘗宮まで2時間待ちとアナウンスが
・・・・すぐにやめました。
列の最前列の人は何時に起きたのだろうか?

切り替えが早い性格なので、
大嘗宮をあきらめて
早速乾通り入口付近と自由に散策できるエリアで
紅葉の撮影を楽しみました。

東京紅葉Z50


東京紅葉Z50


東京紅葉Z50


東京紅葉Z50


東京紅葉Z50


水面も紅葉

東京紅葉Z50



すすきもきれい

東京紅葉Z50



撮影に集中いると、
時間はもう13時。
予約していた東京国立近代美術館2Fの
ラー・エ・ミクニにいきました。

大きな窓で外の明かりを大きく取り込み、
雰囲気がとてもよかったです。

すきっ腹のシャンパンはだいぶ効きました。。。

東京紅葉Z50


前菜の器が黒く、食材が映える

東京紅葉Z50


人生初の組み合わせのパスタにも出会いました。
白菜とゆず。
さわやかなゆずの香りが食欲をそそり
あっという間にお腹に消えていきました。
家でも同じ味を再現できるように
実験したいと思います。

東京紅葉Z50


メインもおいしい

東京紅葉Z50


スタッフの方の気さくな雰囲気もよく
また来たいなと思いました。


ラー・エ・ミクニのある竹橋からタクシーで
東京駅のKITTEへ。

東京紅葉Z50


ここは年毎にかわる
巨大なクリスマスツリーが見もので
旅の最後に訪れました。

今年のツリーは、、、、少し期待はずれ。
やっぱりもみの木がいいなぁと思いながら
ツリー周辺を一周、二周。
いや個人的な感想ですが
写真に撮るともみの木よりも映えて見えます。
これはこれであり!と思いました。

東京紅葉Z50


東京紅葉Z50


ツリーの横には映えカップ。
スターバックスのサイレンのロゴも

東京紅葉Z50


東京紅葉Z50


朝の7時に起き、
夜6時までで300枚を超える撮影枚数になりました。

Z50とともに半日回りましたが、
小さいボディでグリップのかかりがよく、
写真の発色がとてもいいなぁと感じました。

紅葉もあと少し、皇居・丸の内界隈の
撮影はいかがですか。


↓使用した機材とおすすめ商品です↓









〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: Nikon|掲載日時:2019年12月07日 11時10分]

面白いと思ったらコチラをClick!11票


null

【Nikon】開放F値1.2!1977年生まれの元祖ノクトの作例[2020年01月24日]

先日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。本日は、元祖ノクトニッコールを最新のボディであるZ7と組み合わせて、すべて開放F値1.2で撮影してきました。1977年(昭和52年)生まれの実力やいかに! ショーウインドウに飾られたスパンコールが付いたバッグ。ベージュ系の優しい色合いの服飾に似合うやわらかい描写です。 街角に貼られたステッカー群。目が合った気がして...
続きを読む
「かたち」あるものを探して【Nikon】

【街で見つけた形にフォーカス】「かたち」あるものを探して【Nikon】[2020年01月24日]

こんにちは。 今回のテーマが「街で見つけた形にフォーカス」 ということで、Nikon D800を通して 「かたち」あるものを探してみました。 さっそくご紹介させていただきます。 公園にはいろんな形の遊具があります。 形を意識して写真全体を見ると、 木々や雲もあっていろんな「かたち」が見られます。 平日は夕方になると学校が終わった子供たちや 幼稚園、保育園等が終わった親子連れが ...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】ミラーレスで行くさんぽみち~成田参道~ 【Nikon】[2020年01月22日]

先日、久しぶりに成田参道を成田山に向かってぶらぶらと散歩に出かけてみました。 今回のお供はNikon Z50 16-50kitです。 この組み合わせのコンパクトさは素晴らしいと思います。 手元に構えても大きさがまったく気にならない。 グリップのホールディングの良さは歴代のニコンの機体から受け継がれたものを感じられます。 さて、1月の土・日曜日といえば成田の街中は人混みですごいイメー...
続きを読む
null

【Nikon】元祖Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct × 最新NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct の外観を比べてみまし...[2020年01月22日]

昨日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。 本日は歳の差 なんと約42歳! 『新旧 Noctノクト』を最新のNikon Z7に装着し、外観をじっくり比較してみたいと思います。 まずは元祖Noctのプロフィールからご紹介。 このレンズの誇るべきポイントは3つ。 1.サジタルコマフレアを開放から補正 2.6群7枚の変形ガウスタイプレンズ構成 3.線が細...
続きを読む
NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct で開放一本勝負!【カメラを愉しむ vol.9】[2020年01月22日]

受注生産モデルの新生Noct「Nikon NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」 実はこのレンズ、100万円を超える価格帯ながら予約殺到によりメーカーでのご予約を一時休止している希少品! 前回は外観をじっくり観察しましたが、今回はなんと『開放 F0.95』だけで撮影した作例を一挙ご紹介。 開放でも『ピント部の驚くべき立体感』 逆光では『太陽の暖かさを感じるボケ味』 それでは写真をご覧ください...
続きを読む