Select Language

【Nikon】栃木ニコン製UV-NikkorをZ6で撮影するとどう写るのか【カメラを愉しむ vol.6】

[ Category: Nikon|掲載日時:2019年12月09日 15時40分]


知るひとぞ知る希少レンズ。
医学写真や科学写真用に開発された『UV-Nikkor』

中古カメラ市場でも滅多にお目にかかることができない希少玉。
弊社でも2007年に一度お買取をさせて頂いたが、それ以降12年ぶりの入荷。

2007年頃はNikonもD70やD100辺りが全盛期の時代で、マウントアダプターと言ったカメラの遊び方も浸透していない頃。

今回は時代を超えたコラボレーション
『Nikon Z6 × マウントアダプター × Nikon Ai-S Nikkor 105mm F4.5 UV』の組み合わせでテスト撮影を行った。

UV-Nikkor


フィルター装着状態では非常に存在感のあるフォルムだ。
では実際に商品のスペックをご覧ください。

---------------------------------------------------

【商品スペック】※栃木ニコンホームページより抜粋

・紫外線領域の撮影に有効なレンズです(例 燃焼研究、プラズマ研究、放電研究)

・可視光でピントを合わせれば紫外線撮影時にピントを補正する必要なく撮影が可能

・波長220~900nmの全域で透過率約70%を確保

・∞ ~ -0.5倍まで各波長にわたり収差の変動が少なく、低ディストーションを実現

---------------------------------------------------


スペック内容が専門的であるため、もう少し簡単にこのレンズの魅力をお伝え致します。


産業用の高性能な光学レンズを開発・販売する『栃木ニコン製』。
このレンズは1985年(昭和60年)に、栃木ニコンにて設計・発売され、一般には販売されていない産業用レンズです。


主に、医学写真や科学写真用として設計されましたが、他にも理工学の研究、警察鑑識、美術工芸品の鑑定、工場検査など、幅広い分野に応用されています。


UV-Nikkorは、通常レンズ内でカットされてしまう紫外線を撮影するために作られた特殊用途のレンズ。


紫外線写真は、200~400mm(ナノメートル)付近の電磁波を画像として記録するものであり、そこからは人間の目では捉えられない不可視域の情報を得ることができるのです。

ではUVフィルターを装着したまま撮影するとどのように写るのか?


UV-Nikkor



オートホワイトバランス、各種ホワイトバランス設定を変更しても「青色」に写る。従って目的を持って赤外線撮影をするときのみフィルターを装着して撮影するのがベスト。


それではフィルターを取り外します。
フィルターを取り外すと少しコンパクトに。


UV-Nikkor



文章よりもやはり写真をご覧いただきたいので、それでは写真をご覧いただきたいと思います。


UV-Nikkor


UV-Nikkor


UV-Nikkor


UV-Nikkor


UV-Nikkor


UV-Nikkor


UV-Nikkor


UV-Nikkor


UV-Nikkor


UV-Nikkor


UV-Nikkor


UV-Nikkor


UV-Nikkor



想像以上に良く写る。
34年前のレンズがデジタルカメラに装着してここまで写るのは驚きます。


その描写の良さはこのレンズ構成によるものでしょう。
「6群6枚」で構成されており、硝材にはCanonのLレンズなどでも採用されている『蛍石(フローライト)』が採用されています。


さらには、石英ガラス(クリスタル)が贅沢に使用されているので現代でも通用する描写が得られるのだと実感いたしました。


とても入手が難しい逸品となります。
『Nikonコレクター』の方にぜひオススメしたい逸品です。







【カメラを愉しむ】シリーズバックナンバーはこちら
PhotoPreview




〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: Nikon|掲載日時:2019年12月09日 15時40分]

面白いと思ったらコチラをClick!18票


【街で見つけた形にフォーカス】名前のないかたち【SONY】

【街で見つけた形にフォーカス】名前のないかたち【SONY】[2020年01月28日]

写真を撮るとき、被写体の形を意識するのはどんな瞬間ですか? 被写体を見つけたとき。 フレーミングして、構図を考えているとき。 シャッターを押す瞬間。 はたまた、撮り終わって、今日の思い出を眺めるときでしょうか? 私はシャッターを押す瞬間に被写体の形を意識しているように思います。 撮影の準備は全て終わり、あとはこの人差し指で快音を鳴らすだけ。 その瞬間に、散漫していた...
続きを読む
Shinjuku

【街で見つけた形にフォーカス】NikonのライカLレンズをSONYで撮る[2020年01月27日]

ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Nikon W Nikkor 3.5cm F2.5 (L39) マウントアダプター:K&F Concept KF-LME - Voigtlander L/Mリング 35/135用  NikonのLレンズ?と思った方もいると思います。今回使用したのは、NikonのL39マウントレンズ、Nikkor 3.5cm F2.5です。今回は、コンパクトながらも準広角レンズであり、F2.5とスナップとしては十分な明るさをもつ、『W Nikkor 3.5cm F2.5』を使用して撮影を...
続きを読む
ねずみ年とRP

【街で見つけた形にフォーカス】ねずみ年とRP【Canon】[2020年01月26日]

2020年。 早くも1ヵ月が過ぎようとしています。 2020年の干支はねずみ。 ねずみの形を探してみようかと考えましたが私の頭に浮かんだねずみは一つでした。 入門向けのフルサイズミラーレスEOS RPと使い勝手に定評のあるRF24-105/F4を携えて、とあるテーマパークへ行ってきました。 まず使用してみて感じたことは『軽い』と言う事。 筆者は2019年に発売されたフルサイズミラー...
続きを読む
α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z

【街で見つけた形にフォーカス】曇天から斜陽【SONY】[2020年01月25日]

街で見つけた形にフォーカス。 あっという間に令和2年目を迎えた1月の中旬、曇天模様の空の下、多摩センター駅周辺を散策することにしました。 この辺りは昔からの生活県内であり見慣れた街なのですが、ファインダーを通し新たな「形」の発見を期待して来たのでした。 雨が降らないことを祈りつつ、散策を始めます。 駅を出てすぐ、六角形のガラス張りの天蓋が二基。 あいにくの曇り空です...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

【街で見つけた形にフォーカス】気ままにスナップin下北沢【OLYMPUS】[2020年01月25日]

今回の撮影場所は下北沢です。小田急線の地下化工事が終わり、ここ5年程の間に周辺の開発が進み、地上の景色もだいぶ様変わりしてきました。 そんな下北沢でカメラを手に、お散歩スナップして参りました。気になるものに気ままにフォーカス。短いひと時でしたが、楽しい撮影でした。 以前にも似たようなことを書きましたが、真冬の撮影は日の傾きが思いのほか早く、ちょうどよく...
続きを読む