Select Language

【OLYMPUS】カメラと旅を。Ⅶ

[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2019年12月19日 11時00分]


今回の旅のお供は11月22日に発売されたばかりのOLYMPUS OM-D E-M5MarkIII
レンズは私が動物を撮るときのお気に入りM.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm F4.0 IS PRO
こちらを鞄に詰め夜行バスに飛び乗りました。
行き先は山形。
お目当てはキツネ。
今年最後の旅はキツネと共にお送りいたします。


OM-D E-M5 Marklll+ M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm F4.0 IS PRO

f/4 1/200sec ISO-200



と、その前に夜行バスの朝は早い。朝日が出る前に仙台に到着しました。
始発から電車に揺られ塩釜水産物仲卸市場へ
ここでは7時から一般に開いており、お米とあら汁と好きな具材を市場で買いマイ海鮮丼を作ります。


OM-D E-M5 Marklll+ M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm F4.0 IS PRO

f/4 1/60sec ISO-2500



カメラを下げていたら「可愛いカメラマンさんだねぇ」とご夫婦に話しかけられました。
撮ってもいいですか。
カメラ旅はこの少しの会話も楽しみの一つになります。
何故毎回中高生に間違えられるのでしょう。
市場の皆さんお優しくて気付いたら山盛りの海鮮丼が出来上がっておりました。新鮮で格別。


今回は写真とともにOLYMPUSの魅力を紹介して行こうと思います。
OLYMPUSの良いところその①小型軽量化です。
E-M5Markllの後継機種として発売されたE-M5Marklll
さらに小型軽量化したボディは約366g、後継機よりも更に軽く、更にコンパクトに設計されております。
旅に持っていくにはできるだけ荷物を抑えたい。そんな方にも自信をもっておすすめが出来ます。
実際に一日首から提げていましたが、全く痛くなりませんでした。


OM-D E-M5 Marklll+M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm F4.0 IS PRO

f/4 1/60sec ISO-650



メインのきつね村には車で1時間ほど。
山を登り先月降った雪が木陰に残っている中到着しました。
気温は3度、寒い。
手袋をしていても指がかじかみます。
OLYMPUSの良いところその②防塵・防滴・-10℃耐低温設計
寒さにも強く、シャッターボタンが軽い為どのような場面でも逃さずシャッターが切れます。
連写もなんのその。
山の上、森の中という立地上でも防塵防滴であれば気にせず撮影が出来ます。
モコモコの毛に顔を埋め寝るきつね達。


OM-D E-M5 Marklll+M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm F4.0 IS PRO

f/4 1/320sec ISO-200



OLYMPUSの良いところその③
マイクロフォーサーズなのでレンズの焦点距離が35mm換算で2倍。
なので12-100mmのレンズであれば200mmまで寄る事が出来ます。
動物を撮るには距離は必須。
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROは全域F4.0での撮影ができ美しいボケも演出できます。
換算200mmF4での撮影でもほとんどゆがむことなく前ボケ、後ろボケが表現できました。
動物写真は一瞬が重要。自身が思うように撮れると口元が緩んでしまいます。


OM-D E-M5 Marklll+M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm F4.0 IS PRO

f/4 1/250sec ISO-200



OLYMPUSの良いところその④強い手ブレ補正とAF性能
6.5段の手ぶれ補正で動きまわるきつねをひたすら追いかけることが出来ます。
フラッグシップのE-M1Markllと同じ画像処理エンジンを搭載しており、高速かつ高精度なAFを実現しております。
私が良く使う機能として動体追従クラスター表示をしています。ピントが合った部分が緑色で表示されるので動物を撮影する時にはとても便利です。


OM-D E-M5 Marklll+M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm F4.0 IS PRO

f/4.5 1/125sec ISO-200



OLYMPUSの良いところその⑤22種類のシーンモードと16種類のアートフィルター
そのシーンに合わせたモードが選択できさらに自身の好みにカスタマイズすることが出来ます。
私はビビット強めが好きなので、きつねの色と毛のふわふわをポップアートのモードで撮影してみました。


OM-D E-M5 Marklll+M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm F4.0 IS PRO

f/4 1/200sec ISO-320



まだまだ良いところがいっぱいございますが、長くなってしまいましたのでこの辺で。
私の旅はまだまだ続きます。来年も旅の写真とともにカメラの良さを微力ながらお伝えできたらと思っております。

本館4階では実機のお試しも可能でございます。
是非、愛用のレンズをお持ちになってお試しください。
ご来店を心よりお待ち申し上げております。


↓使用した機材とおすすめ商品です↓









〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2019年12月19日 11時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!23票


M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

【OLYMPUS】お気に入りのレンズで根津神社・桜を撮る[2020年03月28日]

今回は東京都文京区にある根津神社に参拝と撮影に行ってまいりました。 いわゆる「谷根千」(谷中、根津、千駄木)と呼ばれる地域に行くのは今回が初めてです。 また、根津神社は特段、桜の名所というわけでもなく、境内に数本の桜があるだけなのですが、この時期に撮りたい被写体と言えばやはり桜。「桜の写真が撮りたい」「行ったとことのない所で撮影をしたい」という二つの動機から、行き当たりばった...
続きを読む
E-PL8 + M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

【OLYMPUS】Fisheyeと公園で。[2020年03月12日]

突然ですが、 特殊レンズと聞いて何を思い浮かべますか。 人によってそれぞれ思い浮かべるレンズがあるかと思いますが、 殆どの人がこちらの2種類を思い浮かべたのではないでしょうか。 魚眼レンズとマクロレンズ 特殊レンズと言うカテゴリーの中では定番なのでこの2種類に行き着くのも自然かと思います。 今回は2種類の中から魚眼レンズを使って来ました。 使用レンズは「OLYMPUS M.ZUIKO ...
続きを読む
OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

【OLYMPUS】春の息吹[2020年03月08日]

3月に入り、暖かい日も増えてようやく春の訪れを感じられる季節となりました。 今回はそんな春をもとめて茨城県は水戸市へ。 水戸と言えば、やはりこのお方。 光圀公の像にご挨拶した後は、今の時期梅が見ごろと言われる偕楽園へ向かいます。 偕楽園の正門に相当する「好文亭表門」から園内へ。 入って最初に目にしたのは見事な竹林。 さらに奥へ進むと梅林が開けます。 あいにくの曇り...
続きを読む
OM-D E-M1 Mark II

【OLYMPUS】春を探しに上野公園へ[2020年03月07日]

お買い物ついでに上野公園を歩いてみました。 いつも使用している、OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II に、SIGMA Art 19mm F2.8 DNを装着。身軽にこの1本だけで撮影してみました。 気が付けばもう3月。当たり前かもしれませんが、春はもう始まっているんだなと思いました。 普段ならカメラを向けようとも思わない公園遊具や、郵便ポストも面白く見えてきます。 メジロが桜の花に沢山群が...
続きを読む
【OLYMPUS】OLYMPUS E-M1 Mark IIIでスナップ

【OLYMPUS】OLYMPUS E-M1 Mark IIIでスナップ[2020年02月28日]

本日発売のOLYMPUS E-M1 Mark III。 2016年12月に発売されたOLYMPUS E-M1 Mark IIの後継機種です。 OLYMPUS E-M1 Mark IIIは、OLYMPUS OM-D E-M1Xに搭載されている「5000万画素手持ちハイレゾショット」や「ライブ ND」などの機能を搭載したプロフェッショナルモデルのカメラ。 今回はそれらの機能を使いつつ、様々な場所へ撮影しに行って参りました。 焦点距離:60mm 絞り:F5.6 シャッター...
続きを読む