Select Language

【Canon】BAZOOKA日記 Vol.3

[ Category: Canon|掲載日時:2019年12月12日 13時00分]


夏の撮影以来、4ヵ月ぶりの超望遠レンズでの撮影に行って参りました。
12月1日、向かったのは茨城県。百里基地航空祭2019で航空機の撮影に挑みました。
私自身、ブルーインパルスの展示飛行を生で見るのは初めてで、どのように撮るのか模索しながらの撮影となりました。

EOS 7D Mark II + EF400mm F2.8L IS II USM

絞り:F5.6 シャッタースピード:1/1250秒 ISO:250



今回は、

Canon (キヤノン) EOS 7D Mark II
Canon (キヤノン) EF400mm F2.8L IS II USM

で撮影しました。

EOS 7D Mark IIはAPS-Cサイズのセンサー搭載機。
有効画素数は約2020万画素で最高約10コマ/秒の高速連写が可能なカメラです。
画角が1.6倍されることから、動体撮影などで明るさを保持したまま大きく撮りたいという場合に力を発揮します。

EOS 7D Mark II + EF400mm F2.8L IS II USM

絞り:F8 シャッタースピード:1/1250秒 ISO:500



そして、今回使用したEF400mm F2.8L IS II USMはIII型が発売されたため、最新のレンズではなくなったものの、AF速度や解像度は申し分ない性能です。
EOS 7D Mark IIとの組み合わせにより焦点距離は560mmとなりました。
滑走路に近い場所で撮影しており、見切れてしまうことがあり苦労する場面もありましたが、その中からお気に入りの写真を選びました。

EOS 7D Mark II + EF400mm F2.8L IS II USM

絞り:F8 シャッタースピード:1/1250秒 ISO:500



まずはダイヤモンド・テイクオフと呼ばれる編隊の写真。
撮影した角度からはわかりにくいですが、4機でダイヤモンドの形を作っています。

EOS 7D Mark II + EF400mm F2.8L IS II USM

絞り:F8 シャッタースピード:1/1600秒 ISO:640



6機による編隊。スモークの質感がしっかりと表れています。
ブルーインパルスのアクロバット飛行では他の航空機の飛行展示とは違い、このようなスモークをいかにして撮るかといった難しさがありました。

EOS 7D Mark II + EF400mm F2.8L IS II USM

絞り:F8 シャッタースピード:1/1600秒 ISO:640



6機の編隊を組んだまま私の頭上を飛んで行った際に撮った1枚。
先に通り過ぎて行った機体のスモークの間を飛んでいる後続機です。
機体の細かい線や部品のディテールがしっかりと描写されています。
流石の解像力です。

EOS 7D Mark II + EF400mm F2.8L IS II USM

絞り:F8 シャッタースピード:1/1600秒 ISO:640



そして、通り過ぎて行った後。
画面の対角線上に機体が並ぶように構図を意識して撮影しました。
ブルーインパルスのアクロバット飛行で驚いたのはエンジン音の静かさでした。
F-15などの力強さと違い、優雅さを感じました。

EOS 7D Mark II + EF400mm F2.8L IS II USM

絞り:F8 シャッタースピード:1/1250秒 ISO:500



航空機を撮影する時、私には撮り方が2つあります。
1つ目は航空機のディテール。
その機体が持つものとしての美しさと、煤や土、雨などによるリアルな使用感が好きでそれらを撮ろうとしています。

EOS 7D Mark II + EF400mm F2.8L IS II USM

絞り:F7.1 シャッタースピード:1/2000秒 ISO:500



2つ目はイメージとして航空機。
航空機が主題の写真であることに変わりはありませんが、機体の細部を撮るのではなく、風景の一部として捉えるといった感覚です。

EOS 7D Mark II + EF400mm F2.8L IS II USM

絞り:F8 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:500



EOS 7D Mark II + EF400mm F2.8L IS II USM

絞り:F8 シャッタースピード:1/1250秒 ISO:500



いかがでしょうか。
今回の百里基地航空祭2019は曇り時々晴れといった天候であったため、ブルーインパルスのスモークが見にくいことがありました。
また、撮り慣れない部分があったりと技術的にも十分でないと感じることがありましたが、楽しみながら撮ることができました。
イメージとして被写体を捉える撮り方も今後追及していきたいです。
今度は青空の中を飛んでいるブルーインパルスが撮れることを祈っています。


EOS 7D Mark II + EF400mm F2.8L IS II USM

絞り:F6.3 シャッタースピード:1/500秒 ISO:800





今回使用したカメラはこちら










〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category: Canon|掲載日時:2019年12月12日 13時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!11票


ねずみ年とRP

【街で見つけた形にフォーカス】ねずみ年とRP【Canon】[2020年01月26日]

2020年。 早くも1ヵ月が過ぎようとしています。 2020年の干支はねずみ。 ねずみの形を探してみようかと考えましたが私の頭に浮かんだねずみは一つでした。 入門向けのフルサイズミラーレスEOS RPと使い勝手に定評のあるRF24-105/F4を携えて、とあるテーマパークへ行ってきました。 まず使用してみて感じたことは『軽い』と言う事。 筆者は2019年に発売されたフルサイズミラー...
続きを読む
カタチとアソブ

【街で見つけた形にフォーカス】カタチとアソブ【Canon】[2020年01月07日]

毎日厳しい寒さが続いております。皆様方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。 こたつと結婚された方、カイロが手放せない方、もしくは半袖で元気に走り回っている方もいらっしゃるかも知れません。 私はと言えば、いつも通り相棒のEOS 6D MarkⅡと共に各地を旅してまわっています。 さて、今回は【街で見つけた形にフォーカス】という事で、それらしいものを集めてみました。 過去の...
続きを読む
【Canon】音が聞こえる写真

【Canon】音が聞こえる写真[2019年12月25日]

『Canon 6D+EF50mm F1.8 STM』 -言葉を写真に- f/6.3 1/60 ISO100 今回はCanonフルサイズボディ6Dと標準単焦点レンズEF50mm F1.8 STMを使用し、 音が聞こえてくるような写真に挑戦してみました。 写真を見ていただく中で、その場にいたらどんな音が聞こえるのだろうと想像しながら見ていただければ幸いでございます。 f/5 1/30 ISO1600 ボディは初代6Dですので、新品は販売しておりませ...
続きを読む
天空のオアシスとKiss X7

天空のオアシスとKiss X7[2019年12月17日]

水族館といえば海沿いにあることが多いですが、海の無い都会の中心ともいえる池袋には「天空のオアシス」というコンセプトの水族館があります。 その名もサンシャイン水族館。 サンシャインシティの屋上にある水族館ですが、その立地を活かした展示も多く、東京にある水族館のなかでも特徴的だと思います。 【Canon Kiss X7+EF40mm F2.8 STM】 空を飛ぶペンギン。 水槽の中を飛ぶよ...
続きを読む
猫×男子

【Canon】猫×男子 ~猫とポートレート~[2019年12月13日]

絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:125 / 使用機材:Canon EOS R + RF50mm F1.2L USM Canon RF50mm F1.2L USMといえば、誰もが使ってみたくなるポートレートレンズです。 早速EOS Rと組み合わせて撮ってきました。 今回の被写体は『猫×男子』。 F1.2の極薄ピントと美しいボケ、50mmから得られる自然な画角、そして猫の愛らしさと猫好きのモデルさんの表情をお楽しみください! ...
続きを読む