Select Language

【Leica】SL2の所感

[ Category: Leica|掲載日時:2019年12月24日 15時00分]
今回、発売して間もないLeica SL2を使用する機会がありましたので、使用感などをレポートいたします。

まず手にもって驚いたのが、「持ちやすさ」です。
ともすると日本人の手には大きすぎた感もある前作「SL」と違い、しっかりと抉れのついたグリップは長時間の撮影でも疲れを感じさせないものでした。
大柄なスーパー・バリオ・エルマー SL16-35mm F3.5-4.5 ASPH.をマウントしても、まるで手に吸い付くようです。


Leica SL2+スーパー・バリオ・エルマー SL16-35mm F3.5-4.5 ASPH.

Leica SL2+バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

Leica SL2+バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.


現時点ではAFが迷いがちな印象をうけましたが、ソフトウェアのアップデートで安定してくる事でしょう。
迷わなければ合焦は早く、安心して使えます。

更に5.5段分の手振れ補正も秀逸です。
ライカのMレンズを手振れ補正付きボディで楽しもうとしたときに、今までは他社製のミラーレス一眼を使わなければなりませんでした。
ですがやっと純正の組み合わせかつ手振れ補正込みで撮影を楽しむことができるようになりました。
Leica SL2+バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

Leica SL2+バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

Leica SL2+バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

色乗りはSLよりもナチュラルになりました。
御しやすい色味です。後編集も容易でしょう。プロにとっては大変喜ばしいことです。

Leica SL2+バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

Leica SL2+バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

Leica SL2+スーパー・バリオ・エルマー SL16-35mm F3.5-4.5 ASPH.

画の抜けが良く、スカッとクリアな描写です。
SL用のライカレンズはどれも銘玉ぞろいですが、そのポテンシャルを最大限に発揮できるボディです。

Leica SL2+バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

Leica SL2+アポズミクロン SL35mm F2.0 ASPH.

Leica SL2+アポズミクロン SL35mm F2.0 ASPH.

オートホワイトバランスの精度が良くなったため、夕暮れ時や夜間でもAWBのままで不満はありません。シャッターを押すだけでこの画、この色。文句の付け所がありません。

Leica SL2+アポズミクロン SL90mm F2.0 ASPH.

Leica SL2+アポズミクロン SL35mm F2.0 ASPH.

Leica SL2+アポズミクロン SL35mm F2.0 ASPH.

高感度ノイズも良く抑えられています。サラサラとした輝度ノイズこそ出ているものの、カラーバランスを崩す色ノイズとは無縁。ISO6400でも安心して使えます。


登場前から予想はしていましたが、やはり良いカメラです。
プロフェッショナルのみならず、ライカのM型レンズをライカの色で使いたい方にもおすすめ。
5.5段の手振れ補正は、一度経験してしまうと病みつきです。
基本的な操作感もSLから大きく変わっていない為、購入後すぐに仕事で使うことも容易。
SL2、良いカメラです。

↓使用した機材とおすすめ商品です↓






〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category: Leica|掲載日時:2019年12月24日 15時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!6票


【街で見つけた形にフォーカス】名前のないかたち【SONY】

【街で見つけた形にフォーカス】名前のないかたち【SONY】[2020年01月28日]

写真を撮るとき、被写体の形を意識するのはどんな瞬間ですか? 被写体を見つけたとき。 フレーミングして、構図を考えているとき。 シャッターを押す瞬間。 はたまた、撮り終わって、今日の思い出を眺めるときでしょうか? 私はシャッターを押す瞬間に被写体の形を意識しているように思います。 撮影の準備は全て終わり、あとはこの人差し指で快音を鳴らすだけ。 その瞬間に、散漫していた...
続きを読む
Shinjuku

【街で見つけた形にフォーカス】NikonのライカLレンズをSONYで撮る[2020年01月27日]

ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Nikon W Nikkor 3.5cm F2.5 (L39) マウントアダプター:K&F Concept KF-LME - Voigtlander L/Mリング 35/135用  NikonのLレンズ?と思った方もいると思います。今回使用したのは、NikonのL39マウントレンズ、Nikkor 3.5cm F2.5です。今回は、コンパクトながらも準広角レンズであり、F2.5とスナップとしては十分な明るさをもつ、『W Nikkor 3.5cm F2.5』を使用して撮影を...
続きを読む
ねずみ年とRP

【街で見つけた形にフォーカス】ねずみ年とRP【Canon】[2020年01月26日]

2020年。 早くも1ヵ月が過ぎようとしています。 2020年の干支はねずみ。 ねずみの形を探してみようかと考えましたが私の頭に浮かんだねずみは一つでした。 入門向けのフルサイズミラーレスEOS RPと使い勝手に定評のあるRF24-105/F4を携えて、とあるテーマパークへ行ってきました。 まず使用してみて感じたことは『軽い』と言う事。 筆者は2019年に発売されたフルサイズミラー...
続きを読む
α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z

【街で見つけた形にフォーカス】曇天から斜陽【SONY】[2020年01月25日]

街で見つけた形にフォーカス。 あっという間に令和2年目を迎えた1月の中旬、曇天模様の空の下、多摩センター駅周辺を散策することにしました。 この辺りは昔からの生活県内であり見慣れた街なのですが、ファインダーを通し新たな「形」の発見を期待して来たのでした。 雨が降らないことを祈りつつ、散策を始めます。 駅を出てすぐ、六角形のガラス張りの天蓋が二基。 あいにくの曇り空です...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

【街で見つけた形にフォーカス】気ままにスナップin下北沢【OLYMPUS】[2020年01月25日]

今回の撮影場所は下北沢です。小田急線の地下化工事が終わり、ここ5年程の間に周辺の開発が進み、地上の景色もだいぶ様変わりしてきました。 そんな下北沢でカメラを手に、お散歩スナップして参りました。気になるものに気ままにフォーカス。短いひと時でしたが、楽しい撮影でした。 以前にも似たようなことを書きましたが、真冬の撮影は日の傾きが思いのほか早く、ちょうどよく...
続きを読む