Select Language

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.4 50mmノ比較 その②

[ Category: Leica|掲載日時:2019年12月31日 13時30分]

We are Summicron!!


この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。
1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。
今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。
十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。


大変お待たせいたしました。
ズミクロンの50mmノ比較 その②です。
今回はF4,F8の描写を比較。写真を分割して、左をF4右をF8とし比べていきます。
まずはズミクロンM50mm F2 沈胴(ちんどう)
F4まで絞るとその解像力を最大限に発揮するといわれているこのレンズ。
では参りましょう。
Summicron M50mm F2
ズミクロン M50mm F2 沈胴


続いてズミクロンM50mm F2 2nd。
Leica M4と同時期に製造されたレンズです。
Summicron M50mm F2  2nd
ズミクロン M50mm F2 2nd


続いてズミクロンM50mm F2 3rd。
「小さいけれどよく写る。」そんな印象のレンズです。
Summicron M50mm F2 3rd
ズミクロン M50mm F2 3rd


続いてズミクロンM50mm F2 4th。
1994年生まれ。実はMapCameraと同い年のレンズです。
Summicron M50mm F2 4th
ズミクロン M50mm F2 4th


続いてアポズミクロンM50mm F2 ASPH.。
非球面レンズを採用し、アポクロマート設計、そしてフローティング機構をそのコンパクトな鏡胴に落とし込んだレンズ。ライカの技術力の高さを感じます。
APOsummicron M50mm F2 asph.
アポズミクロン M50mm F2 asph.


続きまして【番外編】
ズミクロンC40mm F2です。
Summicron C40mm F2
ズミクロン C40mm F2


どれも解像感が高く素晴らしいです。
そして絞り込むにつれてどんどんと明るみになっていく我が家の窓の汚れ…。

最後に各レンズのフレアも比較。
(開放絞りF2で街灯に向けて撮影しています。)
Summicron M50mm F2 沈胴
ズミクロンM50mm F2 沈胴
Summicron M50mm F2  2nd
ズミクロンM50mm F2 2nd
Summicron M50mm F2 3rd
ズミクロンM50mm F2 3rd
Summicron M50mm F2 4th
ズミクロンM50mm F2 4th
Summicron M50mm F2 4th
アポズミクロンM50mm F2 ASPH.
Summicron C40mm F2
ズミクロン C40mm F2


世代を重ねるごとに解像感だけではなくコーティングもやはり確実に良くなっています。
個人的にはC40mmの青とオレンジ色のフレアがとても好みでした。

【おまけコーナー】
今回使用したレンズたちをM10に取り付けました!
なかなか比べる機会はないですので、この機会に妄想を膨らませてください。(固定鏡胴のズミクロンは用意できませんでした…。)
Summicron M50mm F2 沈胴
ズミクロンM50mm F2 沈胴
Summicron M50mm F2  2nd
ズミクロンM50mm F2 2nd

Summicron M50mm F2 3rd
ズミクロンM50mm F2 3rd

Summicron M50mm F2 4th
ズミクロンM50mm F2 4th

APOsummicron M50mm F2 asph.
アポズミクロンM50mm F2 ASPH.

Summicron C40mm F2
ズミクロン C40mm F2


いかがでしたでしょうか!
とてもマニアックな内容ですが、
なんだか夏休みの自由研究みたいでとても楽しかったです。

皆様もズミクロンをコンプリートして撮り比べ、自由研究してみませんか?


ぼくらのズミクロン日記


↓使用した機材とおすすめ商品です↓












〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category: Leica|掲載日時:2019年12月31日 13時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!6票


【街で見つけた形にフォーカス】名前のないかたち【SONY】

【街で見つけた形にフォーカス】名前のないかたち【SONY】[2020年01月28日]

写真を撮るとき、被写体の形を意識するのはどんな瞬間ですか? 被写体を見つけたとき。 フレーミングして、構図を考えているとき。 シャッターを押す瞬間。 はたまた、撮り終わって、今日の思い出を眺めるときでしょうか? 私はシャッターを押す瞬間に被写体の形を意識しているように思います。 撮影の準備は全て終わり、あとはこの人差し指で快音を鳴らすだけ。 その瞬間に、散漫していた...
続きを読む
Shinjuku

【街で見つけた形にフォーカス】NikonのライカLレンズをSONYで撮る[2020年01月27日]

ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Nikon W Nikkor 3.5cm F2.5 (L39) マウントアダプター:K&F Concept KF-LME - Voigtlander L/Mリング 35/135用  NikonのLレンズ?と思った方もいると思います。今回使用したのは、NikonのL39マウントレンズ、Nikkor 3.5cm F2.5です。今回は、コンパクトながらも準広角レンズであり、F2.5とスナップとしては十分な明るさをもつ、『W Nikkor 3.5cm F2.5』を使用して撮影を...
続きを読む
ねずみ年とRP

【街で見つけた形にフォーカス】ねずみ年とRP【Canon】[2020年01月26日]

2020年。 早くも1ヵ月が過ぎようとしています。 2020年の干支はねずみ。 ねずみの形を探してみようかと考えましたが私の頭に浮かんだねずみは一つでした。 入門向けのフルサイズミラーレスEOS RPと使い勝手に定評のあるRF24-105/F4を携えて、とあるテーマパークへ行ってきました。 まず使用してみて感じたことは『軽い』と言う事。 筆者は2019年に発売されたフルサイズミラー...
続きを読む
α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z

【街で見つけた形にフォーカス】曇天から斜陽【SONY】[2020年01月25日]

街で見つけた形にフォーカス。 あっという間に令和2年目を迎えた1月の中旬、曇天模様の空の下、多摩センター駅周辺を散策することにしました。 この辺りは昔からの生活県内であり見慣れた街なのですが、ファインダーを通し新たな「形」の発見を期待して来たのでした。 雨が降らないことを祈りつつ、散策を始めます。 駅を出てすぐ、六角形のガラス張りの天蓋が二基。 あいにくの曇り空です...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

【街で見つけた形にフォーカス】気ままにスナップin下北沢【OLYMPUS】[2020年01月25日]

今回の撮影場所は下北沢です。小田急線の地下化工事が終わり、ここ5年程の間に周辺の開発が進み、地上の景色もだいぶ様変わりしてきました。 そんな下北沢でカメラを手に、お散歩スナップして参りました。気になるものに気ままにフォーカス。短いひと時でしたが、楽しい撮影でした。 以前にも似たようなことを書きましたが、真冬の撮影は日の傾きが思いのほか早く、ちょうどよく...
続きを読む