Select Language

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.4 50mmノ比較 その②

[ Category: Leica|掲載日時:2019年12月31日 13時30分]

We are Summicron!!


この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。
1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。
今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。
十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。


大変お待たせいたしました。
ズミクロンの50mmノ比較 その②です。
今回はF4,F8の描写を比較。写真を分割して、左をF4右をF8とし比べていきます。
まずはズミクロンM50mm F2 沈胴(ちんどう)
F4まで絞るとその解像力を最大限に発揮するといわれているこのレンズ。
では参りましょう。
Summicron M50mm F2
ズミクロン M50mm F2 沈胴


続いてズミクロンM50mm F2 2nd。
Leica M4と同時期に製造されたレンズです。
Summicron M50mm F2  2nd
ズミクロン M50mm F2 2nd


続いてズミクロンM50mm F2 3rd。
「小さいけれどよく写る。」そんな印象のレンズです。
Summicron M50mm F2 3rd
ズミクロン M50mm F2 3rd


続いてズミクロンM50mm F2 4th。
1994年生まれ。実はMapCameraと同い年のレンズです。
Summicron M50mm F2 4th
ズミクロン M50mm F2 4th


続いてアポズミクロンM50mm F2 ASPH.。
非球面レンズを採用し、アポクロマート設計、そしてフローティング機構をそのコンパクトな鏡胴に落とし込んだレンズ。ライカの技術力の高さを感じます。
APOsummicron M50mm F2 asph.
アポズミクロン M50mm F2 asph.


続きまして【番外編】
ズミクロンC40mm F2です。
Summicron C40mm F2
ズミクロン C40mm F2


どれも解像感が高く素晴らしいです。
そして絞り込むにつれてどんどんと明るみになっていく我が家の窓の汚れ…。

最後に各レンズのフレアも比較。
(開放絞りF2で街灯に向けて撮影しています。)
Summicron M50mm F2 沈胴
ズミクロンM50mm F2 沈胴
Summicron M50mm F2  2nd
ズミクロンM50mm F2 2nd
Summicron M50mm F2 3rd
ズミクロンM50mm F2 3rd
Summicron M50mm F2 4th
ズミクロンM50mm F2 4th
Summicron M50mm F2 4th
アポズミクロンM50mm F2 ASPH.
Summicron C40mm F2
ズミクロン C40mm F2


世代を重ねるごとに解像感だけではなくコーティングもやはり確実に良くなっています。
個人的にはC40mmの青とオレンジ色のフレアがとても好みでした。

【おまけコーナー】
今回使用したレンズたちをM10に取り付けました!
なかなか比べる機会はないですので、この機会に妄想を膨らませてください。(固定鏡胴のズミクロンは用意できませんでした…。)
Summicron M50mm F2 沈胴
ズミクロンM50mm F2 沈胴
Summicron M50mm F2  2nd
ズミクロンM50mm F2 2nd

Summicron M50mm F2 3rd
ズミクロンM50mm F2 3rd

Summicron M50mm F2 4th
ズミクロンM50mm F2 4th

APOsummicron M50mm F2 asph.
アポズミクロンM50mm F2 ASPH.

Summicron C40mm F2
ズミクロン C40mm F2


いかがでしたでしょうか!
とてもマニアックな内容ですが、
なんだか夏休みの自由研究みたいでとても楽しかったです。

皆様もズミクロンをコンプリートして撮り比べ、自由研究してみませんか?


ぼくらのズミクロン日記


↓使用した機材とおすすめ商品です↓












〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category: Leica|掲載日時:2019年12月31日 13時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!6票


【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.4 50mmノ比較 その②

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.4 50mmノ比較 その②[2019年12月31日]

We are Summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズ...
続きを読む
Leica SL2+スーパー・バリオ・エルマー SL16-35mm F3.5-4.5 ASPH.

【Leica】SL2の所感[2019年12月24日]

今回、発売して間もないLeica SL2を使用する機会がありましたので、使用感などをレポートいたします。 まず手にもって驚いたのが、「持ちやすさ」です。 ともすると日本人の手には大きすぎた感もある前作「SL」と違い、しっかりと抉れのついたグリップは長時間の撮影でも疲れを感じさせないものでした。 大柄なスーパー・バリオ・エルマー SL16-35mm F3.5-4.5 ASPH.をマウントしても、まるで手に吸い...
続きを読む
Leica M3×ズマロン M35mm F2.8 眼鏡付

【Leica】東京下町×モノクロ×M3[2019年12月21日]

Leica M3/Summaron M35mm F2.8 眼鏡付/フィルム:Adox Silvermax(以下すべて同じ) 令和の時代になっても昭和レトロな雰囲気が残る東京の下町。 時代の流れとともに多くの地域で再開発が進み変貌していく中で、その雰囲気を写真に残したいという思いでカメラを向けました。 今回撮影に行ったのは東京都葛飾区立石。 京成立石駅の周辺では再開発計画があり、数年前に訪れた際より建物の取り壊...
続きを読む
ところにより霧雨

【Leica】ところにより霧雨、空を覗く[2019年12月01日]

日に日に朝の冷え込みが 厳しくなる今日この頃、 瞼を擦る冷たい手で冬の到来を感じます。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 この度は先のモノクロ記事で あえて触れなかったレンズになりますが 改めて紹介させていただきたく存じます。 またお付き合いいただけると幸いです。 皆様にとって標準レンズとは どういったものを想像されるでしょうか。 目でみえるすべて...
続きを読む
【11月30日はカメラの日】私の答えは『Leica M9』

【11月30日はカメラの日】私の答えは『Leica M9』[2019年11月30日]

  11/15より始まったブログ企画『11月30日はカメラの日』。そのタイトルに掲げられている本日11/30は、今から42年前の1977年(昭和52年)に小西六写真工業(コニカ)が世界初のオートフォーカス搭載カメラ「コニカC35AF」を発売した日です。 今やオートフォーカス技術は格段に進化しました。AIと組み合わせることによってカメラが被写体を自動認識し、手動で行うマニュアル...
続きを読む