Select Language

【飛行機を撮ろう】バイバイ レコンファントム ~午後の部~【Nikon Z50】

[ Category: Nikon|掲載日時:2019年12月18日 12時00分]
Nikon Z50 × 空飛ぶフィルムカメラ


Z50 + DX18-140/3.5-5.6G VR


12月1日(日)は茨城県にて、
令和元年度百里基地航空祭が催されました。

Z50 + DX18-140/3.5-5.6G VR
【 Z50 + DX18-140/3.5-5.6G VR | 1/125 | F8 | ISO100 】

百里基地の名物、
航空自衛隊の偵察機RF-4E/EJは今年度で運用が終了し、
来年度中には同基地のF-4EJ/EJ改も運用が終了するので、
往年の名機「ファントム」を満喫できる最後の航空祭となりました。

さて今回はこの航空祭のメイン、
「ファントム」の画像をどんどん紹介していきましょう。
鋼鉄の翼を持つ老練の防人たちの晴れ舞台です。

Z50 + DX18-140/3.5-5.6G VR
【 Z50 + DX18-140/3.5-5.6G VR | 1/125 | F8 | ISO100 】

タイトルにある「レコンファントム」とは、
簡単に言うとF-4「ファントムII」の偵察機型のことです。
高性能カメラを搭載、災害地撮影などで活躍してきました。言うなれば「空飛ぶフィルムカメラ」です。
上の画像の緑の機体と青の機体がそうです。
厳密には2種類あって、
機首下部にバルカン砲がある方(RF-4EJ)とない方(RF-4E)があります。
さてこの緑と青の機体はそれぞれどちらでしょうか。
ぜひ画像を見比べてみてください。

Z50 + DX18-140/3.5-5.6G VR
【 Z50 + DX18-140/3.5-5.6G VR | 1/125 | F8 | ISO100 】


対してこちらがF-4EJ改、「ファントム」というとたいていこちらです。
欧米では戦闘機としてのファントムの運用は終了しているので、
隣接する茨城空港にはこの「ファントム」を見るために、
欧米からの観光客の方々が訪れていることがあります。
今回も欧米からの観光客と思われる方々が多くいらっしゃいました。

Z50 + DX18-140/3.5-5.6G VR
【 Z50 + 200-500/5.6E VR | 1/1250 | F8 | ISO1250 】


空を舞う「ファントム」。
今回の百里基地航空祭では、
午前中のうちに「ブルーインパルス」など外来機の飛行展示があり、午後は「ファントム」三昧となりました。
午前分の記事でも書きましたが、
今回は「Nikon Z 50」と2本のレンズ(及びFTZ)を持ち出してみました。
小柄ながらにD7000番台の一眼レフに並ぶ性能を持ち、
高速連続撮影 秒11コマ(拡張時)が可能なZ50。
レンズは飛行展示の撮影用に200-500/5.6E VR、地上展示の撮影用にDX18-140/3.5-5.6G VRを選びました。
どちらのレンズもD7000番台のカメラでよく使われているレンズです。
特に200-500/5.6Eは航空祭やそのほか望遠レンズが必要な撮影で、Z50での使用を検討される方も多いかもしれません。
これらの組み合わせで航空祭に臨んできました。

Z50 + 200-500/5.6E VR
【 Z50 + 200-500/5.6E VR | 1/1600 | F8 | ISO1250 】

着艦フックを展開し低速飛行する「ファントム」。
日本の各地で行われる航空祭で「ファントム」が飛行展示するときは、
このデモンストレーションは定番でした。
これまでは当たり前に各地で撮れたこの写真も、
もう航空祭では撮れないと思うと寂しい気持ちになります。

Z50 + 200-500/5.6E VR
【 Z50 + 200-500/5.6E VR | 1/1250 | F8 | ISO800 】


2機並んで飛行する「ファントム」。
航空自衛隊が採用した戦闘機で、全機が複座(二人乗り)なのは「ファントム」だけです。
この一枚に4名の隊員の方が写っているのです。
2名で搭乗するからこその隊員同士の絆もあったでしょう。
更新後の機体は「背中が寒い」かもしれません。

Z50 + 200-500/5.6E VR
【 Z50 + 200-500/5.6E VR | 1/1600 | F8 | ISO100 】

滑走路を標的に見立てて向かってくる「ファントム」。
写真としてはいまいちですが、
この「ファントム」のシルエットが私は好きです。
大きなエアインテークが目をひく武骨でたくましいデザインは、
登場当時の航空機のなかでとてもセンセーショナルに見えたことでしょう。
折れ曲がった主翼の外翼部と合わせてとても特徴的なデザインです。

Z50 + 200-500/5.6E VR
【 Z50 + 200-500/5.6E VR | 1/1250 | F8 | ISO220 】


Z50 + 200-500/5.6E VR
【 Z50 + 200-500/5.6E VR | 1/1600 | F8 | ISO400 】


機種を上げて上昇する「ファントム」。
翼の周りにできた雲のようなものは「ベイパー」と呼ばれます。
大胆な機動をすることで、翼回りの気圧と空気の流れが急激に変化して発生するもので、
これを狙って撮るのが戦闘機撮影の楽しみの一つです。
「ファントム」は翼の上に発生することが多いです。
ベイパーが尾を引きやすいF-15Jと違い、ダイナミックな画にはなりませんが、
だからこそ、確実に狙っていきたい一枚です。

Z50 + 200-500/5.6E VR
【 Z50 + 200-500/5.6E VR | 1/1600 | F8 | ISO250 】


なんとか雲の合間で撮れた青い「レコンファントム」。
今となっては世界的に珍しい「ファントム」に、
さらに世界的に珍しい、青い洋上迷彩を施した日本ならではの機体。
欧米からの海外ファンの皆様には垂涎ものだったことでしょう。
雲海のなかでもしっかりとその姿を印象付けるために、
ピクチャーコントロールは「風景」で撮影しています。
「風景」は「ビビッド」よりはやや控えめにコントラストを上げてくれるので、
航空機撮影のプロ写真家の方々がよく初心者向けにおすすめしている設定です。

Z50 + 200-500/5.6E VR
【 Z50 + 200-500/5.6E VR | 1/1600 | F8 | ISO720 】


背面含む全体のシルエットがわかりやすい一枚。
機体後部に描かれた茶色いペイントは、フィルムをイメージしたものだと思われます。
フィルムの送り穴を模した意匠に「1961-2020」と第501飛行隊の活動期間、
そして飛行機のシルエットが描かれています。
この飛行機は片方は「レコンファントム」、片方はRF-86Fつまり「セイバー」の写真偵察機仕様です。
長い間見守ってきたファンや関係者にとっては感慨深いものがあるのではないでしょうか。
青空に映える往年の名機の有終の美、しっかりと撮影できました。

Z50 + DX18-140/3.5-5.6G VR
【 Z50 + DX18-140/3.5-5.6G VR | 1/160 | F8 | ISO100 】


来た時と天候が変わり日が差してきたので、帰る前にささっと地上展示も取り直しておきます。
今回の地上展示はZ50にFTZを介してDX18-140/3.5-5.6G VRをつけて撮影しています。
Nikon ZシリーズはZ7/Z6でも十分に小柄で取り回しのよいサイズと重量ですが、
Z50はAPS-C機ということもあり、さらに小柄で軽量なため、
Z7/Z6のサブ機として選ぶ方もいたり、あるいはZ50を本命として選ぶ方もいます。
実際使ってみると、このサイズや重量からは想像ができないほどの使いやすさが、
性能面からも感覚的な体感の面からもわかります。

Z50 + 200-500/5.6E VR
【 Z50 + 200-500/5.6E VR | 1/1600 | F8 | ISO250 】


例えば、200-500/5.6E VRを付けて日中ずっと撮影していた割に、
腕や肩に疲労を感じませんでした。
ボディ本体が軽いだけでなく、サイズに比してグリップが大きめで握りやすいからだと思います。
その途中やその後でDX18-140/3.5-5.6G VRで地上展示を撮影していましたが、
持ち物が大きくてほかの人に迷惑をかけることもなく、
また難しい操作や不要な緊張をすることなく気軽に撮影ができました。
さらにメイン機に本来求められるべきAF性能や描写力も、
Z50は十分に持っているコストパフォーマンスに優れた機種である点も、
皆様に好評いただいている理由なのだと思います。

Z50 + DX18-140/3.5-5.6G VR
【 Z50 + DX18-140/3.5-5.6G VR | 1/200 | F8 | ISO100 】


今回Nikon Z50を持ち出しましたが、
その使いやすさのおかげで十分に令和元年度百里基地航空祭を満喫することができました。
発売したての最新のミラーレスで、
往年の名機、「空飛ぶフィルムカメラ」とも言える機体を撮影することができたのは、
感慨深いものがあります。
数々のミッションをこなしてきた老練の大先輩に敬意を表しつつ筆をおきたいと思います。

お疲れさまでした。そしてありがとうございました。

↓使用した機材とおすすめ商品です↓









〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: Nikon|掲載日時:2019年12月18日 12時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!19票


null

【Nikon】開放F値1.2!1977年生まれの元祖ノクトの作例[2020年01月24日]

先日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。本日は、元祖ノクトニッコールを最新のボディであるZ7と組み合わせて、すべて開放F値1.2で撮影してきました。1977年(昭和52年)生まれの実力やいかに! ショーウインドウに飾られたスパンコールが付いたバッグ。ベージュ系の優しい色合いの服飾に似合うやわらかい描写です。 街角に貼られたステッカー群。目が合った気がして...
続きを読む
「かたち」あるものを探して【Nikon】

【街で見つけた形にフォーカス】「かたち」あるものを探して【Nikon】[2020年01月24日]

こんにちは。 今回のテーマが「街で見つけた形にフォーカス」 ということで、Nikon D800を通して 「かたち」あるものを探してみました。 さっそくご紹介させていただきます。 公園にはいろんな形の遊具があります。 形を意識して写真全体を見ると、 木々や雲もあっていろんな「かたち」が見られます。 平日は夕方になると学校が終わった子供たちや 幼稚園、保育園等が終わった親子連れが ...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】ミラーレスで行くさんぽみち~成田参道~ 【Nikon】[2020年01月22日]

先日、久しぶりに成田参道を成田山に向かってぶらぶらと散歩に出かけてみました。 今回のお供はNikon Z50 16-50kitです。 この組み合わせのコンパクトさは素晴らしいと思います。 手元に構えても大きさがまったく気にならない。 グリップのホールディングの良さは歴代のニコンの機体から受け継がれたものを感じられます。 さて、1月の土・日曜日といえば成田の街中は人混みですごいイメー...
続きを読む
null

【Nikon】元祖Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct × 最新NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct の外観を比べてみまし...[2020年01月22日]

昨日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。 本日は歳の差 なんと約42歳! 『新旧 Noctノクト』を最新のNikon Z7に装着し、外観をじっくり比較してみたいと思います。 まずは元祖Noctのプロフィールからご紹介。 このレンズの誇るべきポイントは3つ。 1.サジタルコマフレアを開放から補正 2.6群7枚の変形ガウスタイプレンズ構成 3.線が細...
続きを読む
NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct で開放一本勝負!【カメラを愉しむ vol.9】[2020年01月22日]

受注生産モデルの新生Noct「Nikon NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」 実はこのレンズ、100万円を超える価格帯ながら予約殺到によりメーカーでのご予約を一時休止している希少品! 前回は外観をじっくり観察しましたが、今回はなんと『開放 F0.95』だけで撮影した作例を一挙ご紹介。 開放でも『ピント部の驚くべき立体感』 逆光では『太陽の暖かさを感じるボケ味』 それでは写真をご覧ください...
続きを読む