Select Language

【SONY】コアラがかわいい!【α6600×超望遠ズーム】

[ Category: SONY|掲載日時:2020年01月17日 17時30分]


SONY α6600 + E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS
葉っぱの下からこんにちは。
コアラの赤ちゃんがお母さんの背中につかまっています。
小さなお手手が毛に沈んでいるのが見えますでしょうか。
お母さんの毛皮はモコモコなのです!

「SONY α6600」と「SONY E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS」を組み合わせて、動物園へ撮影に行ってきました。
70-350mmといえば、35mm換算で105-525mm。
これがまた、動物園の撮影でちょうどいい長さなのです。
私のお気に入りの動物の中から(動物はみんな好きですが!)、今日はコアラの写真をご紹介します。


SONY α6600 + E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS
突然ですが、毛皮のアップをご覧ください。
このウール感!
いえ、ウールは羊の毛限定の名称ですからウールではないのですが、思わずそんな言葉が出てしまうくらいモコモコしています。
動物繊維といえば、羊、アンゴラ、アルパカ、カシミアなどが有名です。
しかしコアラの毛もなかなかだと思うのです。

SONY α6600 + E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS
この後ろ姿、とても気に入っています。
おなかがタプンと横に出っ張っているのがポイント。
もし家に帰ってこんな背中があったなら、癒されること間違いなしです。

SONY α6600 + E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS
お母さんが移動しようとすると、阿吽の呼吸で赤ちゃんが背中によじ登りました。

SONY α6600 + E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS
横から見ると、四肢を上手に使ってお母さんにつかまっているのがわかります。

SONY α6600 + E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS
おしりがふたつ。
いつも木に座っているので、木の色がおしりに移ったのでしょうか。
それとも元々そういう色なのか。
しっぽは見えないので、もしかしたらないのかもしれません。

SONY α6600 + E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS
お母さんの背中が大好き!
赤ちゃんの手がそう言っています。

SONY α6600 + E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS
お母さんの腕の中は、世界で一番安心できる場所。

SONY α6600 + E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS
小さくてもミルクではなくユーカリの葉を食べます。
ちなみに、コアラはユーカリの新芽しか食べません。

SONY α6600 + E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS
「コアラ特集もう終わりなの!?」
そんな表情に見えなくもありませんが、そろそろお開きの時間となってしまいました。

「SONY α6600」と「SONY E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS」は動物園でとても活躍します!
飛行機など遠景のものはもちろん得意ですが、スナップからポートレートまでこなしてくれます。

次回はコツメカワウソ特集を予定しています。
動物好きのみなさま、お楽しみに!


↓今回使用した機材はコチラ!↓





〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2020年01月17日 17時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!12票


【SONY】初心にかえる50mm 「APO-LANTHAR 50mm F2」

【SONY】初心にかえる50mm 「APO-LANTHAR 50mm F2」[2020年02月03日]

SONY α7RⅣ + Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical 焦点距離:50mm 絞り:F8 シャッタースピード:1/2500秒 ISO:100 「最近50mmで写真を撮っていないなぁ・・・。」 カメラを始めて間もないころは、35mmのフィルムカメラに安い50mmのレンズをつけて、なんでもかんでもシャッターを切っていた。 そのうち、画角の違いを覚えて、いろんな焦点距離のレンズを試した。 ...
続きを読む
コツメカワウソ×SONY α6600 + E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS

【SONY】コツメカワウソがかわいい!【α6600×超望遠ズーム】[2020年02月02日]

「SONY α6600」と「SONY E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS」を組み合わせて、動物園へ撮影に行ってきました。 70-350mmといえば、35mm換算で105-525mm。 これがまた、動物園の撮影でちょうどいい長さなのです。 私のお気に入りの動物の中から(動物はみんな好きですが!)、今日はコツメカワウソの写真をご紹介します。 まずはとても可愛い「へそ天」姿からどうぞ! 「ガオー!」 可愛い写...
続きを読む
α7II

【SONY】小さなゾナーレンズ[2020年02月01日]

α7IIを使い始めて数ヵ月が経ち、カメラと仲良くなってきた頃。 マウントアダプターという魔法のようなアクセサリーを使いMFレンズを使用して撮影を楽しんでいるのですが、やっぱりAFのレンズを カールツァイスのレンズを使いたい。 使いやすい焦点距離で、小振りな単焦点レンズが良いなぁと思い選んだのは Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA SEL35F28Z ボディに装着してみると、本当に小さいです。...
続きを読む
【街で見つけた形にフォーカス】名前のないかたち【SONY】

【街で見つけた形にフォーカス】名前のないかたち【SONY】[2020年01月28日]

写真を撮るとき、被写体の形を意識するのはどんな瞬間ですか? 被写体を見つけたとき。 フレーミングして、構図を考えているとき。 シャッターを押す瞬間。 はたまた、撮り終わって、今日の思い出を眺めるときでしょうか? 私はシャッターを押す瞬間に被写体の形を意識しているように思います。 撮影の準備は全て終わり、あとはこの人差し指で快音を鳴らすだけ。 その瞬間に、散漫していた...
続きを読む
Shinjuku

【街で見つけた形にフォーカス】NikonのライカLレンズをSONYで撮る[2020年01月27日]

ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Nikon W Nikkor 3.5cm F2.5 (L39) マウントアダプター:K&F Concept KF-LME - Voigtlander L/Mリング 35/135用  NikonのLレンズ?と思った方もいると思います。今回使用したのは、NikonのL39マウントレンズ、Nikkor 3.5cm F2.5です。今回は、コンパクトながらも準広角レンズであり、F2.5とスナップとしては十分な明るさをもつ、『W Nikkor 3.5cm F2.5』を使用して撮影を...
続きを読む