Select Language

【Canon】『RP』旅のともに

[ Category: Canon|掲載日時:2020年02月13日 21時25分]


昨年某日、暖かい風が吹き始めた頃にとある孤島へ訪れました。

今回の旅のともにわたしが選んだカメラはCanon EOS RPとRF35mm F1.8です。
レンズキットで販売されている組み合わせということもあり、重さやサイズ感が丁度よく、
たくさん歩くと予想される今回の旅にはぴったりのペアでした。

Canon (キヤノン) EOS RP+RF35 MACRO IS STM
焦点距離:35mm 絞り:F4.5 シャッタースピード:1/2000秒 ISO:250

360°海に囲まれた島という環境は無性に冒険心を駆りたてられます。
わくわくした気持ちをおさえながら船に揺られて10分ほど、無事に孤島へとたどり着きました。

Canon (キヤノン) EOS RP+RF35 MACRO IS STM
焦点距離:35mm 絞り:F1.8 シャッタースピード:1/4000秒 ISO:250

整備された階段を下ると、すぐそこは海が一面に広がっていました。
でこぼこした岩場を慎重に進む中、自然とカメラのグリップを握る手にも力が籠ります。
海水に触れられる距離まで近づくと、海風の匂いをより濃く感じて心地よい気分になりました。

Canon (キヤノン) EOS RP+RF35 MACRO IS STM
焦点距離:35mm 絞り:F2.2 シャッタースピード:1/500秒 ISO:250

木々が生繁える林道の中は木陰が多く、隙間から日の光が差し込んできます。
岩壁に広がる苔は眺めているだけで癒しを与えてくれます。
諧調豊かに描写してくれたことで、この林道を流れる爽やかな風に触れたことを思い出しました。

Canon (キヤノン) EOS RP+RF35 MACRO IS STM
焦点距離:35mm 絞り:F1.8 シャッタースピード:1/160秒 ISO:250

このレンズはハーフマクロ機能(※)がつけているので苔の間に生えているシダ植物にフォーカスを合わせてみます。
(※最大撮影倍率0.5倍)
くせのないボケ味、開放でもピントの合う部分はシャープによく写ります。
ボケとキレ、双方の味が両立されている優秀なレンズです。

Canon (キヤノン) EOS RP+RF35 MACRO IS STM
焦点距離:35mm 絞り:F1.8 シャッタースピード:1/30秒 ISO:250

トンネルの中はひんやりと涼しい空気を感じます。
日が差し込む空間があり、そこを撮影したところ装着してるフィルターが倉庫から持ち出した古いものだったため、
反射の影響を受けてしまいました。
つぎはちゃんとしたフィルターに変えてリベンジしたいと思います。

Canon (キヤノン) EOS RP+RF35 MACRO IS STM
焦点距離:35mm 絞り:F1.8 シャッタースピード:1/3秒 ISO:250

こうしたトンネル内や夜などの暗い場所でも手ぶれ補正つき、解放F1.8という明るさが非常に頼もしく、撮影の手助けをしてくれます。
風景もポートレイトもスナップも万遍なく撮影をこなせる35mmという画角、EOR RPにつけるなら尚のこと外せない一本です。
現在ラインナップされているRFシリーズ上、もっともバランスのとれた唯一無二の組み合わせではないでしょうか。

みなさんも自分にぴったりな『』を旅のともに。


↓今回使用した機材はコチラ!↓





〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: Canon|掲載日時:2020年02月13日 21時25分]

面白いと思ったらコチラをClick!5票


【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”

【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”[2020年02月19日]

皆様一眼レフ使っていらっしゃいますか? ここ最近はミラーレスの隆盛ですっかり影をひそめてしまった一眼レフですが、ここにきてニコンから待望のビッグネームが登場しました。 その名もD780!名機と名高いD750の後継機です。 今回の記事では、カタログスペックでは解らない細かい所について掘り下げます。 せっかくなので、わが愛機であり直接のライバルとなるであろうCanon EOS 6D MarkⅡとの...
続きを読む
【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~

【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~[2020年02月18日]

皆さま、こんにちは。 MapCameraの店舗のある新宿は暖かいなぁと感じる日がだんだんと多くなってきました。 さて、今回はLeica M10-PとNOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VMを使って写真を撮ってきました。 VMとはVoigtlander Mマウントの略です。 VoigtlanderのBessaシリーズをはじめとしてM型ライカのカメラにも装着することが出来ます。 まずは開放F1.5。優しいピント面からなだら...
続きを読む
光害カットフィルター「StarScape」の魅力

【marumi】光害カットフィルター「StarScape」の魅力[2020年02月17日]

α7RⅣ + FE24-70mm F2.8 GM + M100 + StarScape for M100 + ND8 65mm | F8 | 31s | ISO100 東京都江東区にて 古今を問わず、写真撮影の応用として、「特殊な効果」を持ったフィルターは大変人気です。例えば、「C-PLフィルター」「NDフィルター」等はその中でも定番です。更に特殊なものとして、カラーフィルターやソフトフィルター、クロスフィルターなんかがありますが、昨今では夜景を...
続きを読む
【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】

【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月16日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『4K動画×手ブレ補正』 手持ちでシネマクオリティを実現するOM-D Movie 4K動画撮影機能はもちろん、E-M1 X...
続きを読む
null

私の現像レシピ[2020年02月15日]

先日、自分でフィルム現像をしていて本当に良かったなぁと感じたことがありました。 カメラ屋さん「ご自身で現像されたんですか?」 私「ええ、意外と簡単ですよ。」 カメラ屋さん「私も興味がありまして... 暗室でですか。」 私「いえ、暗室がなくてもできますよ。私はお風呂場を暗室の代わりにしてやってます。」 カメラ屋さん「すごい、私もやってみようと思います。」 自家現像...
続きを読む