Select Language

【街で見つけた形にフォーカス】曇天から斜陽【SONY】

[ Category: SONY|掲載日時:2020年01月25日 16時15分]

街で見つけた形にフォーカス。

あっという間に令和2年目を迎えた1月の中旬、曇天模様の空の下、多摩センター駅周辺を散策することにしました。
この辺りは昔からの生活県内であり見慣れた街なのですが、ファインダーを通し新たな「形」の発見を期待して来たのでした。
雨が降らないことを祈りつつ、散策を始めます。

α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z
駅を出てすぐ、六角形のガラス張りの天蓋が二基。
あいにくの曇り空ですが、その大きさと存在感は十分感じられます。

そこから横にふと目を遣ると、こんな形が。
一瞬、廃墟を思わせる様で、先ほどの天蓋とは対照的にこの街の時間の経過を感じさせます。

α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z


α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z


α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z


α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z
なだらかな坂を上ってゆくと、自己主張している「街路灯」に出会いました。
花壇の中央でどっしりと構えている姿は、頼もしくもあります。
後ろの紳士はといえば、大分待たされているご様子でした。

α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z
その道向かいに、大きなポストとそれを眺めるご婦人。
これは近くにある映画館の上映スケジュール案内板なのですが、肝心の映画館が見つけづらいのが特徴です。

α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z
出発時の祈りが通じたのか、日が出てきました。
この時期の低い太陽からの光を受け、幾本もの影が伸びています。
どんよりした景色に活気が戻り、出てきてくれた太陽に感謝です。

α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z
ベンチの影が、正方形になるほど伸びています。

α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z
駅前の通りを上りきった所には大きなイベント施設があり、そこから更に上がると、神殿のような建造物がありました。
覗いた青空と斜陽が、写真に動きを与えてくれます。

α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z
蔦の絡まった休憩所と思われる一角。
街路灯が隠れていました。


α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z
私は画面の奥までスパっと抜けている景色が好みで、気づけば同じような写真ばかりになるのですが
これは性懲りもなく撮った一枚です。
おじさんの背中と斜陽の組み合わせに、手を止めることができませんでした。

α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z
最後に、これと言って特徴のない写真なのですが、なぜか外すことができず載せました。
理由はよく分からないけれど良い、というものがあるんですね。

普段見慣れた多摩センター駅周辺の散策でしたが、「形」というテーマを持って歩くことで
新たな「姿」に出会うことができたように思います。
写真に撮ったり絵に描いたりすることで、新しい魅力を発見する。
わざわざ遠くへ出掛けなくても見落としていた姿に出会える、そんなことを改めて感じた一日になりました。











[ Category: SONY|掲載日時:2020年01月25日 16時15分]

面白いと思ったらコチラをClick!20票


SONY α7III×Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO

【SONY】水槽の生きものがかわいい!【Tokina】[2020年04月01日]

少し前になりますが、「SONY α7III」と「Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO」を組み合わせて、水族館へ撮影に行ってきました。 水族館といってもペットショップくらいの広さで、いつ行っても空いています。 じっくり見学できて良いと、私はこの穴場を大変気に入っており、たまに訪れるのです。 こちらはキイロハギ。 口がひょっとこのように突き出ています。 カクレクマノミがイソ...
続きを読む
【The Prime Lens】TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD『SONY』

【The Prime Lens】TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD『SONY』[2020年03月30日]

SONY α7RⅢ + TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2/Model F053SF 焦点距離:35mm 絞り:F7.1 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:100 【The Prime Lens】 連載を続けておりました【35mm編】も今回が最終回となります。 同じ焦点距離のレンズでも、それぞれの個性が写りとしてあらわれるのをご覧いただけたかと思います。 最終回にご紹介いたしますのは、『TAMRON 35mm F2.8 DiIII OSD ...
続きを読む
四国

【The Prime Lens】FE 35mm F2.8 『SONY』[2020年03月16日]

【The Prime Lens FE 35mm F2.8】  【The Prime Lens】私がこのレンズを選択した理由は、ソニーEマウントの中で、他のレンズに比べて1番といっても過言ではないくらいのコンパクトさとは対照的に、ツァイスのT*コーティングの技術を使用したその描写力を存分に堪能できるレンズと思ったからです。  今回はそんな持ち運びやすさとそれに比例しない描写力を持つFE 35mm F2.8 ZAをもって四国へ行...
続きを読む
【The Prime Lens】Carl Zeiss  Loxia35mmF2 『SONY』

【The Prime Lens】Carl Zeiss Loxia35mmF2 『SONY』[2020年03月09日]

【The Prime Lens Carl Zeiss Loxia35mm F2】 【The Prime Lens】35mmという画角。単焦点レンズとしては不動の人気を誇る焦点距離。 数あるEマウント用の35mmのレンズの中から私はこのレンズを選んでみました。 Carl ZeissのLoxia35mm F2 理由はシンプル。小さくてかわいい。 もちろん写りに関してもZeissレンズですから、申し分ありません。 重いカメラが苦手な私はα7Rで...
続きを読む
【The Prime Lens】 FE35mmF1.8 『SONY』

【The Prime Lens】 FE35mmF1.8 『SONY』[2020年03月02日]

【The Prime Lens FE35mmF1.8】 【The Prime Lens】なぜ単焦点レンズなのか?その最大の魅力をお伝えしたいと思います。 今回選んだ単焦点レンズ『FE 35mm F1.8』は、開放絞りF1.8から高い解像力と小型軽量設計を実現した焦点距離35mmの大口径広角単焦点レンズです。被写体にかなり近づいてもピントが合うので、接写性能は抜群、またF1.8のボケ描写も強力で、後ろボケを生かして被写体と背景を分離...
続きを読む