Select Language

【M42】スーパータクマー 50mm F1.4の魅力【PENTAX】

[ Category: PENTAX RICOH|掲載日時:2020年01月23日 11時00分]



今回はスーパータクマー50mm F1.4のレンズを使用し、撮影した写真をご紹介します。
使用カメラはCanon EOS 5D Mark IVです。


この日は、よく撮らせてもらっている友人と袴撮影をしました。

豪快なフレア・ゴーストを撮影できるのが大きな特徴のひとつです。

Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4
Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4



Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4
Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4



あえて逆光で撮影をし、フレアやゴーストを写真に取り入れてみました。

このレンズとは、某中古カメラ屋で出会いました。
店員さん曰く、「スーパータクマーはとても人気のレンズだからすぐに売れてしまう」とのことです。私も以前から様々なカメラ屋をめぐり、スーパータクマーを探していたので、ようやく巡り合うことができました。
スーパータクマーのレンズでは55mm F1.8がもっともメジャーで数も多く出回っているらしいので、50mm F1.4と出会えたのは少し貴重かもしれません。


Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4
Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4



光も溶け込み、柔らかい描写で魅了されます。


Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4
Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4



順光で撮影をすると、後ろのボケ感もなめらかです。

別の場所で撮影した写真もご紹介します。
撮影場所は浅草地下商店街。
とてもディープなスポットで、令和から昭和へタイムスリップした感覚になります。

Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4
Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4




Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4
Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4



現在発売されているレンズでは表現できない、オールドレンズらしい独特な描写に惹かれます。
温かみを残しつつも立体感もしっかりしています。

今回使用したボディ、Canon EOS 5D Mark lVは高感度耐性が高く、このような薄暗い場所でも安心して撮影ができました。
室内撮りなどでも大活躍のカメラです。

M42マウントなので、キヤノンのカメラに装着するためにマウントアダプターを購入しました。
もっとこのレンズを使いこなせるように、様々な被写体を撮っていきたいです。
それと同時にスーパータクマー以外のM42マウントレンズをいろいろ試してみたくなりました。

皆様もぜひ、オールドレンズを楽しんでみてください!


▼今回使用した機材はこちら▼







〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: PENTAX RICOH|掲載日時:2020年01月23日 11時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!16票


【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”

【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”[2020年02月19日]

皆様一眼レフ使っていらっしゃいますか? ここ最近はミラーレスの隆盛ですっかり影をひそめてしまった一眼レフですが、ここにきてニコンから待望のビッグネームが登場しました。 その名もD780!名機と名高いD750の後継機です。 今回の記事では、カタログスペックでは解らない細かい所について掘り下げます。 せっかくなので、わが愛機であり直接のライバルとなるであろうCanon EOS 6D MarkⅡとの...
続きを読む
【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~

【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~[2020年02月18日]

皆さま、こんにちは。 MapCameraの店舗のある新宿は暖かいなぁと感じる日がだんだんと多くなってきました。 さて、今回はLeica M10-PとNOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VMを使って写真を撮ってきました。 VMとはVoigtlander Mマウントの略です。 VoigtlanderのBessaシリーズをはじめとしてM型ライカのカメラにも装着することが出来ます。 まずは開放F1.5。優しいピント面からなだら...
続きを読む
光害カットフィルター「StarScape」の魅力

【marumi】光害カットフィルター「StarScape」の魅力[2020年02月17日]

α7RⅣ + FE24-70mm F2.8 GM + M100 + StarScape for M100 + ND8 65mm | F8 | 31s | ISO100 東京都江東区にて 古今を問わず、写真撮影の応用として、「特殊な効果」を持ったフィルターは大変人気です。例えば、「C-PLフィルター」「NDフィルター」等はその中でも定番です。更に特殊なものとして、カラーフィルターやソフトフィルター、クロスフィルターなんかがありますが、昨今では夜景を...
続きを読む
【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】

【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月16日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『4K動画×手ブレ補正』 手持ちでシネマクオリティを実現するOM-D Movie 4K動画撮影機能はもちろん、E-M1 X...
続きを読む
null

私の現像レシピ[2020年02月15日]

先日、自分でフィルム現像をしていて本当に良かったなぁと感じたことがありました。 カメラ屋さん「ご自身で現像されたんですか?」 私「ええ、意外と簡単ですよ。」 カメラ屋さん「私も興味がありまして... 暗室でですか。」 私「いえ、暗室がなくてもできますよ。私はお風呂場を暗室の代わりにしてやってます。」 カメラ屋さん「すごい、私もやってみようと思います。」 自家現像...
続きを読む