Select Language

【Nikon】元祖Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct × 最新NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct の外観を比べてみました【カメラを愉しむ vol.10】

[ Category: Nikon|掲載日時:2020年01月22日 18時10分]


昨日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。


本日は歳の差 なんと約42歳!


『新旧 Noctノクト』を最新のNikon Z7に装着し、外観をじっくり比較してみたいと思います。


null



まずは元祖Noctのプロフィールからご紹介。
このレンズの誇るべきポイントは3つ。


1.サジタルコマフレアを開放から補正


2.6群7枚の変形ガウスタイプレンズ構成


3.線が細く繊細な描写性能


中でも「サジタルコマフレア」を開放から補正したいというノクト=Nocturne(夜想曲)の開発思想は大口径化するほど発生し易く、レンズ設計者を悩ませてきたという。


そこでコマフレアを大幅に低減することに成功した技術は、高屈折率ガラスを採用し曲率を弱くする。これに加え、前面に非球面レンズを採用することで改善した。


生産管理も徹底的に実施され、組み上げ後専用検査装置で収差の測定や、製品のフレア管理を実施されていたとのこと。


当時のものづくりへのこだわりがひしひしと伝わってくる逸品。


それでは実際にZ7に装着した写真をご覧ください。


null



null



新旧ともにとても存在感のあるレンズですね。


null



null



null



null



null



null



最新のNoctもすごい迫力ですが、1977年に発売した元祖Noctの存在感は今でもそのスペックを物語る存在感があります。


次回は、元祖Noctを作例付でご紹介したいと思います。
最後までご覧いただきありがとうございました!







【カメラを愉しむ】シリーズバックナンバーはこちら
PhotoPreview




〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: Nikon|掲載日時:2020年01月22日 18時10分]

面白いと思ったらコチラをClick!11票


SONY α7III×Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO

【SONY】水槽の生きものがかわいい!【Tokina】[2020年04月01日]

少し前になりますが、「SONY α7III」と「Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO」を組み合わせて、水族館へ撮影に行ってきました。 水族館といってもペットショップくらいの広さで、いつ行っても空いています。 じっくり見学できて良いと、私はこの穴場を大変気に入っており、たまに訪れるのです。 こちらはキイロハギ。 口がひょっとこのように突き出ています。 カクレクマノミがイソ...
続きを読む
私の一番好きなカメラ

【マップカメラスタッフ10人に聞いた!私の一番好きなカメラ】[2020年04月01日]

4月1日。1年のうちたった一日だけ、嘘吐きが許される日です。 そんな日だからこそ、誰かを楽しい気持ちにさせる嘘をつきたいものですね。 さて、今回は【マップカメラスタッフ10人に聞いた!私の一番好きなカメラ】というタイトルです。 寝ても起きてもカメラの事を考えているマップカメラスタッフは、いったいどんなカメラが好きなのか。 独断と偏見大歓迎、本日限りの特別企画です...
続きを読む
indoor ~Lens Taste in April~

【indoor】~Lens Taste in April~ 2020.04.01[2020年04月01日]

本日の機材 Nikon Z6 + NIKKOR Z 24-70mm F4 S var forcia_var = { JAN_CODE: "4960759901484,4960759149534" ,LIMIT: "2" ,SELL:"new" }; var forcia_var = { JAN_CODE: "4960759901484,4960759901514...
続きを読む
お散歩

【Hassel blad】フィルム散歩[2020年03月31日]

妻、「天気いいし、散歩しましょう!」 少し前のことですが、妻と二人で多摩川まで散歩に出かけました。 自宅から徒歩だとちょっと距離があるのですが、冬にしては暖かな午後、休日は家でゴロゴロが当たり前の私を見かねての妻の決断です。 私、「……」 従うしかありません。 まぁ、どうせならと、今回お伴に選んだのは(…勿論、一番のお伴は妻ですが……)、ハッセルブラッド 500C/Mにプ...
続きを読む
邂逅、Leica M4

【Leica】邂逅、Leica M4[2020年03月31日]

ライカって、どんなカメラだろう カメラといえばどんな形?…カメラと言われて思い浮かぶ形には、ある程度の共通点があると思います。 例えば、CanonやNikonのデジタル一眼レフの形であったり、ローライのような二眼レフであったり、ディアドルフやリンホフの大判カメラであったり、ポラロイドのような形状を想像する方もいるかもしれません。 そのような「代名詞的な存在」のカメラた...
続きを読む