Select Language

【街で見つけた形にフォーカス】近所歩きのすすめ【PENTAX】

[ Category: PENTAX RICOH|掲載日時:2020年01月29日 11時00分]


近所歩きのすすめ
PENTAX K-70 + DA★ 55mm F1.4 SDM
PENTAX K-70 + DA★ 55mm F1.4 SDM
f/1.4 1/400 ISO100 WB AUTO

遠くまで行かなくていい。
有名な観光地へ行かなくても、大それた街へ出かけなくてよい。

あなたの生活圏である近所を歩く。
いつもの通勤路を足早ではなく、ゆっくり歩いてみる。
車やバス、自転車を使用している道を、1日かけて歩いてみる。

PENTAX K-70 + DA★ 55mm F1.4 SDM
f/3.5 1/400 ISO100 WB AUTO

家しか並んでいない道も、
同じような建物しかない景色も、
車通りが非常に多い道路も、
ひたすら歩いて撮影することで、見えてくる本質があると私は思います。

PENTAX K-70 + DA★ 55mm F1.4 SDM
f/8 1/40 ISO100 WB AUTO

「あんな景色で写真が撮れるのか」など深いこと考えず、とりあえずカメラを持って歩き、見慣れた風景の中をじっくり見渡すと、
いつもでは見つけることが出来ない発見があるので、写真を撮りながら散歩をすることはとても楽しいです。

PENTAX K-70 + DA★ 55mm F1.4 SDM
f2.8 1/50 ISO50 WB AUTO

また、写真散歩に関して最大とも言える重要なポイントは、機材選択だと思います。
見た目がかっこいいこと、操作が簡単なこと、使いやすいこと、持つ高揚感、未知を体験する快感、
重量が軽いこと、逆に重厚感があること、写りが鮮明であること、ボケが好きであることなど、人により重点を置くポイントは異なります。
そのように考えると、自分に合ったカメラに出会えることは奇跡なのかもしれません。

PENTAX K-70 + DA★ 55mm F1.4 SDM
f/2.2 1/250 ISO100 WB AUTO

今回はずっと気になっていたレンズのひとつ"DA★ 55mm F1.4 SDM"を使用いたしました。
ボディは、KPだと値段が高いため、充分な高性能で手が出しやすい値段である"K-70"です。

PENTAX K-70 + DA★ 55mm F1.4 SDM
f/1.4 1/50 ISO100 WB AUTO

開放で撮ったとき、ボケの自然さに本当に驚きました。さすが憧れのスターレンズのひとつ。
F1.4だと、レンズによってはボケが不自然で、ボケの区切りの線が分かってしまいそうな写りをするレンズがありますが、
近距離にピントを合わせても、後ろのボケ方が非常に自然で、好みでした。

PENTAX K-70 + DA★ 55mm F1.4 SDM
f/2 1/250 ISO100 WB AUTO

ピントが非常に浅く、ピント合わせが難しかった場面もありましたが、
繊細なピント合わせをしたいときはライブビュー撮影に切り替え、何枚も撮影し続けました。

PENTAX K-70 + DA★ 55mm F1.4 SDM
f/2 1/160 ISO100 WB AUTO

開放からAPS-Cサイズとは思えないはっきりとした写りに加えて、この自然なボケは何度見ても惚れ惚れしてしまいます。
全長も66mmと丁度よい長さですので、スナップ撮影にぴったりでした。

PENTAX K-70 + DA★ 55mm F1.4 SDM
f/1.4 1/60 ISO100 WB AUTO

35ミリ換算84.5mm相当ですので、少し遠くの気になるものもバッチリとらえてくれました。
みかんのリアルな質感を映し出してくれ、非常に親近感が湧く写りをしてくれます。

PENTAX K-70 + DA★ 55mm F1.4 SDM
f/1.4 1/100 ISO6400 WB AUTO

少し前では考えられなかった夜間のスナップ撮影が購入しやすい値段のレベルのボディで可能であり、
明るさが少ない場所でも常識を覆し、写真を楽しめる時代へと変わってきたと改めて感じました。

PENTAX K-70 + DA★ 55mm F1.4 SDM
f/3.2 1/400 ISO100 WB AUTO

また、K-70は一眼レフですので、シャッターの押す度に感じる、ミラーショックの音が気分を高揚させてくれ、
ミラーレスカメラでは感じられない写真を楽しむ心地よさを楽しめました。
時代の流れに反する必要はありませんが、やはり一眼レフカメラの1枚1枚のシャッター音は、写真の深さを考えさせてくれます。

PENTAX K-70 + DA★ 55mm F1.4 SDM
f/5.6 1/200 ISO100 WB AUTO

そのシャッター音の重厚感を楽しみつつ、形に注目しながら写真を撮り歩きました。
形に注目して写真を撮る、と決めて散歩をすることも、いつもと違う写真が撮れるスパイスになることを心から感じました。
軽いテーマを持って、写真散歩をすることは良い刺激でした。また、この組み合わせで近所を散歩したいと思います。
ぜひ皆さまも、いつもの景色を"形"に注目しながら写真を楽しんでみてください。

▼今回使用した機材はこちら▼







〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: PENTAX RICOH|掲載日時:2020年01月29日 11時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!7票


【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”

【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”[2020年02月19日]

皆様一眼レフ使っていらっしゃいますか? ここ最近はミラーレスの隆盛ですっかり影をひそめてしまった一眼レフですが、ここにきてニコンから待望のビッグネームが登場しました。 その名もD780!名機と名高いD750の後継機です。 今回の記事では、カタログスペックでは解らない細かい所について掘り下げます。 せっかくなので、わが愛機であり直接のライバルとなるであろうCanon EOS 6D MarkⅡとの...
続きを読む
【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~

【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~[2020年02月18日]

皆さま、こんにちは。 MapCameraの店舗のある新宿は暖かいなぁと感じる日がだんだんと多くなってきました。 さて、今回はLeica M10-PとNOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VMを使って写真を撮ってきました。 VMとはVoigtlander Mマウントの略です。 VoigtlanderのBessaシリーズをはじめとしてM型ライカのカメラにも装着することが出来ます。 まずは開放F1.5。優しいピント面からなだら...
続きを読む
光害カットフィルター「StarScape」の魅力

【marumi】光害カットフィルター「StarScape」の魅力[2020年02月17日]

α7RⅣ + FE24-70mm F2.8 GM + M100 + StarScape for M100 + ND8 65mm | F8 | 31s | ISO100 東京都江東区にて 古今を問わず、写真撮影の応用として、「特殊な効果」を持ったフィルターは大変人気です。例えば、「C-PLフィルター」「NDフィルター」等はその中でも定番です。更に特殊なものとして、カラーフィルターやソフトフィルター、クロスフィルターなんかがありますが、昨今では夜景を...
続きを読む
【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】

【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月16日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『4K動画×手ブレ補正』 手持ちでシネマクオリティを実現するOM-D Movie 4K動画撮影機能はもちろん、E-M1 X...
続きを読む
null

私の現像レシピ[2020年02月15日]

先日、自分でフィルム現像をしていて本当に良かったなぁと感じたことがありました。 カメラ屋さん「ご自身で現像されたんですか?」 私「ええ、意外と簡単ですよ。」 カメラ屋さん「私も興味がありまして... 暗室でですか。」 私「いえ、暗室がなくてもできますよ。私はお風呂場を暗室の代わりにしてやってます。」 カメラ屋さん「すごい、私もやってみようと思います。」 自家現像...
続きを読む