Select Language

【Canon】BAZOOKA日記 Vol.4

[ Category: Canon|掲載日時:2020年02月06日 16時15分]


2月になりだんだんと暖かい日が増えてきました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

BAZOOKA日記の4日目。
いままでは航空祭やモータースポーツの撮影を行っていましたが、今回は動物を撮影しに上野動物公園に行ってまいりました。

Canon EOS 90D + SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM
焦点距離:600mm 絞り:F8 シャッタースピード:1/250秒 ISO:250


今回使用した機材は、

Canon (キヤノン) EOS 90D
SIGMA (シグマ) Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM(キヤノンEF用)

EOS 90Dの高い解像力で撮影してみたいという思いからこのレンズを選択。
60mm~ということで万が一、広角側で撮影をしたいと思ってもレンズ交換なしで撮れるのが魅力的で便利なレンズです。

Canon EOS 90D + SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM
焦点距離:600mm 絞り:F8 シャッタースピード:1/200秒 ISO:250


最初に撮影したのはゾウ。
APS-Cセンサーと600mmの組み合わせで35mm換算で960mm。
柵の奥にゾウがいても余裕で切り取ることができました。
毛や耳がシャープに写っているのが分かると思います。

Canon EOS 90D + SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM
焦点距離:600mm 絞り:F8 シャッタースピード:1/320秒 ISO:200


続いて向かったのはニホンザルのサル山。
寒い日だったためか、日向で寛ぐサルが多かったように思いました。
毛繕いされているサル。手と足を丸めた可愛らしい姿で座っていました。
10倍ズームのレンズ、その描写力はどうなのか気になっていましたが、
サルの毛並みは柔らかそうに写しつつ、背景も綺麗なボケになっており、満足な写りであると思います。

Canon EOS 90D + SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM
焦点距離:600mm 絞り:F8 シャッタースピード:1/160秒 ISO:200


こちらのサルは何だか寂しく座っているかのよう。
寒さに凍えているのか、蹲(うずくま)っている姿に哀愁を感じます。

Canon EOS 90D + SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM
焦点距離:600mm 絞り:F8 シャッタースピード:1/160秒 ISO:200


のんびりとした雰囲気とは一変、このサルの目力は迫力があります。
生命の力強さは目に宿っていると感じさせられる1枚です。

Canon EOS 90D + SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM
焦点距離:600mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/100秒 ISO:2000


動物園の奥に進むと全く動かないことで有名なハシビロコウが。
画面いっぱいに大きなくちばしを入れてみました。

Canon EOS 90D + SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM
焦点距離:310mm 絞り:F5.6 シャッタースピード:1/160秒 ISO:3200


夜行生物が展示されている場所に向かうと、コモンマーモセットという小柄なサルがいました。
目がくりくりしており、非常に可愛げがありました。
ISOを3200まで上げて撮影をしましたが、ノイズはあまり目立っていないように見えます。

Canon EOS 90D + SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM
焦点距離:442mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/800秒 ISO:320


暗い施設の中から出ると西日になっていました。
夕日を浴びながら気持ちよさそうに泳いでいたペンギン。
水族館ではガラス越しに見ることが多いですが、ここではネットだけだったのでクリアに撮ることができました。

Canon EOS 90D + SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM
焦点距離:600mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/800秒 ISO:500


今回の撮影、私が1番撮りたかった動物はフラミンゴ。
夕日の赤い光と合わさってより印象的な色になっていました。

Canon EOS 90D + SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM
焦点距離:600mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/800秒 ISO:320


こちらは水を飲んでいる時の1枚。
水面の波紋が面白く写りました。

この日は午後からの撮影でした。
天候にも恵まれ、撮影目的の1つであったフラミンゴを撮ることができましたが、
動物相手ということから、狙っていたカットが撮れないこともあり、悔しい思いの残る撮影でもありました。
1日中粘ってフラミンゴだけを狙うのも面白そうです。
渾身の1枚を撮るには時間が必要だと再認識させられる撮影でした。

Canon EOS 90D + SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM
焦点距離:214mm 絞り:F8 シャッタースピード:1/320秒 ISO:160

▼今回使用した機材はこちら▼







〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓



[ Category: Canon|掲載日時:2020年02月06日 16時15分]

面白いと思ったらコチラをClick!6票


【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”

【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”[2020年02月19日]

皆様一眼レフ使っていらっしゃいますか? ここ最近はミラーレスの隆盛ですっかり影をひそめてしまった一眼レフですが、ここにきてニコンから待望のビッグネームが登場しました。 その名もD780!名機と名高いD750の後継機です。 今回の記事では、カタログスペックでは解らない細かい所について掘り下げます。 せっかくなので、わが愛機であり直接のライバルとなるであろうCanon EOS 6D MarkⅡとの...
続きを読む
【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~

【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~[2020年02月18日]

皆さま、こんにちは。 MapCameraの店舗のある新宿は暖かいなぁと感じる日がだんだんと多くなってきました。 さて、今回はLeica M10-PとNOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VMを使って写真を撮ってきました。 VMとはVoigtlander Mマウントの略です。 VoigtlanderのBessaシリーズをはじめとしてM型ライカのカメラにも装着することが出来ます。 まずは開放F1.5。優しいピント面からなだら...
続きを読む
光害カットフィルター「StarScape」の魅力

【marumi】光害カットフィルター「StarScape」の魅力[2020年02月17日]

α7RⅣ + FE24-70mm F2.8 GM + M100 + StarScape for M100 + ND8 65mm | F8 | 31s | ISO100 東京都江東区にて 古今を問わず、写真撮影の応用として、「特殊な効果」を持ったフィルターは大変人気です。例えば、「C-PLフィルター」「NDフィルター」等はその中でも定番です。更に特殊なものとして、カラーフィルターやソフトフィルター、クロスフィルターなんかがありますが、昨今では夜景を...
続きを読む
【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】

【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月16日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『4K動画×手ブレ補正』 手持ちでシネマクオリティを実現するOM-D Movie 4K動画撮影機能はもちろん、E-M1 X...
続きを読む
null

私の現像レシピ[2020年02月15日]

先日、自分でフィルム現像をしていて本当に良かったなぁと感じたことがありました。 カメラ屋さん「ご自身で現像されたんですか?」 私「ええ、意外と簡単ですよ。」 カメラ屋さん「私も興味がありまして... 暗室でですか。」 私「いえ、暗室がなくてもできますよ。私はお風呂場を暗室の代わりにしてやってます。」 カメラ屋さん「すごい、私もやってみようと思います。」 自家現像...
続きを読む