Select Language

【The Prime Lens】 FE35mmF1.8 『SONY』

[ Category: SONY|掲載日時:2020年03月02日 11時00分]

SONY  FE 35mm F1.8 + SONY α7RIV ボディ

【The Prime Lens FE35mmF1.8】



【The Prime Lens】なぜ単焦点レンズなのか?その最大の魅力をお伝えしたいと思います。
今回選んだ単焦点レンズ『FE 35mm F1.8』は、開放絞りF1.8から高い解像力と小型軽量設計を実現した焦点距離35mmの大口径広角単焦点レンズです。被写体にかなり近づいてもピントが合うので、接写性能は抜群、またF1.8のボケ描写も強力で、後ろボケを生かして被写体と背景を分離するような撮り方も簡単にできます。普段使いにちょうど良さそうなレンズだというのが分かりました。


SONY  FE 35mm F1.8 + SONY α7RIV ボディ
SONY  FE 35mm F1.8 + SONY α7RIV ボディ


【単焦点レンズは動きながら撮る】
単焦点レンズの魅力はコンパクト・軽量で持ち運びしやすい。描写・ボケ味がキレイで暗い場所でも撮りやすい。また動きながら写真を撮るので写真が上達する。単焦点レンズの最大の魅力は何と言っても開放値がF1.4やF1.8などの明るいレンズが多いので、大きなボケが期待できます。
【単焦点レンズは楽しい】
単焦点レンズの魅力は沢山ありますが、オススメする理由を一言で表現するなら「写真が楽しくなるから」です。
単焦点レンズは手元でズーム操作が出来ない不便さと引き換えにズームレンズでは撮れないような高精細で美しい写真を撮ることが可能なので楽しいです。


SONY  FE 35mm F1.8 + SONY α7RIV ボディ


【単焦点レンズは被写体との距離感をつかめ、沢山の構図で撮る】
単焦点レンズはぼけた写真のみしか撮れないと思う方もいると思いますが、実はぼかさない写真も撮れます。そのためには、焦点距離が24~35mmのものを使用するといいでしょう。使用する場所や状況に合わせた使い方が出来るのも単焦点レンズのいいポイントです。
単焦点レンズは、自らが動いて撮影をしなくてはいけません。この点はデメリットと思われがちですが、自らが動いて構図を決めていく工程は、撮影技術向上におすすめです。


SONY  FE 35mm F1.8 + SONY α7RIV ボディ
SONY  FE 35mm F1.8 + SONY α7RIV ボディ


【単焦点レンズはオシャレに撮れる】
カメラレンズには、種類がいくつかあります。その中でも、人間の視野よりも広く撮影することが出来る広角レンズ、見たままの景色を撮影する標準レンズ、遠方の景色を拡大して大きく撮影する望遠レンズがよく使われているレンズになります。
単焦点レンズでは目立たせたいものにピントを合わせればその周りがぼけるので初心者の方でも簡単にプロっぽい写真を撮ることが出来ます。日常生活の中にある普通のものでもオシャレに撮れたりします。




【春を告げる小鳥たちと行く】


【春を告げる小鳥たちと行く】
春になると梅の花や桜の花に、秋になると果実に集まる季節感のある野鳥!花鳥風月を楽しむのにピッタリの野鳥を探しに・・・遊ぶようにチョコチョコと小枝をわたる、黄緑色の小さな鳥を発見しました。丸みを帯びたふっくらとした愛らしい姿で楽しませてくれるメジロです。花が咲いた頃に頻繁に現れるメジロにターゲットを絞って寒桜の下、きびきびした動作と美しい鳴き声、数羽で一緒に現れて枝を飛び回る愛らしい姿を動画で記録してみました。
メジロの名前の由来となった目の周りの白い縁取りが大きな特徴、そして「渡り」をしない鳥なので、地域ごとに独自の進化を遂げており、地域による違いが面白い鳥のようです。混み合う意味を表す「目白押し」の語源にもなっているように、メジロは複数で行動するのがわかります。

次回の【The Prime Lens】はどの35mmレンズが登場するのかお楽しみに!


▼ FE35mmF1.8+α7RIV ▼




▼ FE35mmF1.8+α7RIVを楽しむために必要なアイテム▼









【 Hikari no Senshi 】
『その感動を体感せよ!』皆様に感動をお伝えすることを目的に、
背景に流れる音楽と共に目の前に広がる世界とかけがえのない瞬間の動画をご覧いただけます。


〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2020年03月02日 11時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!14票


四国

【The Prime Lens】FE 35mm F2.8 『SONY』[2020年03月16日]

【The Prime Lens FE 35mm F2.8】  【The Prime Lens】私がこのレンズを選択した理由は、ソニーEマウントの中で、他のレンズに比べて1番といっても過言ではないくらいのコンパクトさとは対照的に、ツァイスのT*コーティングの技術を使用したその描写力を存分に堪能できるレンズと思ったからです。  今回はそんな持ち運びやすさとそれに比例しない描写力を持つFE 35mm F2.8 ZAをもって四国へ行...
続きを読む
【The Prime Lens】Carl Zeiss  Loxia35mmF2 『SONY』

【The Prime Lens】Carl Zeiss Loxia35mmF2 『SONY』[2020年03月09日]

【The Prime Lens Carl Zeiss Loxia35mm F2】 【The Prime Lens】35mmという画角。単焦点レンズとしては不動の人気を誇る焦点距離。 数あるEマウント用の35mmのレンズの中から私はこのレンズを選んでみました。 Carl ZeissのLoxia35mm F2 理由はシンプル。小さくてかわいい。 もちろん写りに関してもZeissレンズですから、申し分ありません。 重いカメラが苦手な私はα7Rで...
続きを読む
【The Prime Lens】 FE35mmF1.8 『SONY』

【The Prime Lens】 FE35mmF1.8 『SONY』[2020年03月02日]

【The Prime Lens FE35mmF1.8】 【The Prime Lens】なぜ単焦点レンズなのか?その最大の魅力をお伝えしたいと思います。 今回選んだ単焦点レンズ『FE 35mm F1.8』は、開放絞りF1.8から高い解像力と小型軽量設計を実現した焦点距離35mmの大口径広角単焦点レンズです。被写体にかなり近づいてもピントが合うので、接写性能は抜群、またF1.8のボケ描写も強力で、後ろボケを生かして被写体と背景を分離...
続きを読む
虫がいないので近所の公園で野鳥撮り

【SONY】α77II 虫がいないので近所の公園で野鳥撮り[2020年02月28日]

今回、我が愛機【SONY α77IIボディILCA-77M2】と 【TAMRON SP 150-600mm F5-6.3 Di USD G2 A022S(ソニーA用)】 を携えて、近所の公園に出かけました。   ちなみに今回は時期が時期だけに虫はほとんどいませんでした。 季節の花や野鳥を探しに行きました。 まずは、他の方が早春の花、ロウバイを紹介してましたので、 私は「マンサクの花」を取り上げたいと思います。 春にまず咲くが名前の...
続きを読む
【SONY】初心にかえる50mm 「APO-LANTHAR 50mm F2」

【SONY】初心にかえる50mm 「APO-LANTHAR 50mm F2」[2020年02月03日]

SONY α7RⅣ + Voigtlander APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical 焦点距離:50mm 絞り:F8 シャッタースピード:1/2500秒 ISO:100 「最近50mmで写真を撮っていないなぁ・・・。」 カメラを始めて間もないころは、35mmのフィルムカメラに安い50mmのレンズをつけて、なんでもかんでもシャッターを切っていた。 そのうち、画角の違いを覚えて、いろんな焦点距離のレンズを試した。 ...
続きを読む