Select Language

【Leica】The World of Monochrome Episode II

[ Category: Leica|掲載日時:2020年03月10日 19時00分]


ど~ん!

私「ちょっと、写真撮りにいってくる……」
妻「えっ、出掛けるんですか? こんな時に…」

妻が驚くのも無理はない、まさに「こんな時」です。
いつもは、休日ゴロゴロ ダラダラしている私に不満だらけの妻ですが、このご時世、「外出は控えるように」というTVのアドバイスを率先的に守っています。
ならば私も、遠慮なくゴロゴロ ダラダラ… と思ったのですが、今私の手元には「Leica M10 Monochrom」が… ゴロゴロなんてしていられません。

妻「あまり人の多いところは控えてくださいね。」
私「うん、わかった…」 妻のことばがはるか上の方を通り過ぎていきます。

(だって、モノクロだよ。 やっぱ、ストリートフォトじゃん!) ……思い込みで動くタイプです。

向かった先は有楽町から銀座にかけて。 平日でしたし、昨今の事情により、人出は少なめでした。
それにプラスして、休日の新橋 汐留方面という、こちらも人の少ない場所で撮影した写真と、お店のある新宿や、地元の写真もチラホラ。
だって、モノクロなんだもん?!

今回お伴のレンズは、
Leica エルマリート M28mm F2.8 3rd (E49)
Leica ズミクロン M35mm F2 (8枚玉 眼鏡付)
Voigtlander ノクトン 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VM
の3本。 「ちょっと」ではないです…

普段50mmを標準レンズとし、他に広角レンズも連れていきながら、結局は一度も広角の出番なし… なんてことも多いのですが、今回はあえてその50mmを外すチョイスにしました。

まず標準装備として、ズミクロン 35mmの8枚玉 眼鏡付を。
M10 Monochrom + Summicron M35mm F2 (8枚玉)


ズミクロン M35mm F2の初代モデル。 レンズ構成が6群8枚なので、通称「8枚玉」と称される銘玉です。
ファインダー倍率が高く35mmのフレーム枠がないM3用に、50mmの視野がファインダー前についた「眼鏡」によって拡大され、35mm相当の視野が確認できるという仕組み。
今回のM10 Monochromeは勿論35mm枠もありますから、眼鏡なしモデルを使用するのが妥当なのですが、そこはそれ、眼鏡付の方が中古相場が格段にお安くお求め易くなっていますし、何よりもレンズを装着したときのこのフォルム!
ファインダーの見づらさなんて関係ない! だって格好いいんだもん!!

M10 Monochrom + Summicron M35mm F2 (8枚玉)

M10 Monochrom + Summicron M35mm F2 (8枚玉)
F5.6 SS1/250 ISO160 蒲田

最寄駅にて。 車体の金属感を出したくて露出を少し落としましたが、暗部も表現されています。
普段使わない路線なのですが、光の具合が良かったので入場料を払って入りました。 ……鉄っちゃんではありません。

M10 Monochrom + Summicron M35mm F2 (8枚玉)

M10 Monochrom + Summicron M35mm F2 (8枚玉)
F4 SS1/3200 ISO160 汐留


ビルの上方がはるか彼方にあるように見えます。 絵で描いたみたい…
学生時代、写真部の暗室にこもり徹夜で白黒現像に明け暮れた身としては、「覆い焼き」を駆使せず簡単にこれだけの”色”が出せることに溜息が漏れてしまいます。
単位を犠牲にしてまで没頭した、私の学生時代はなんだったのでしょう…

M10 Monochrom + Summicron M35mm F2 (8枚玉)

M10 Monochrom + Summicron M35mm F2 (8枚玉)
F2.8 SS1/250 ISO160 新宿


ガラス越しですが、襟元の毛羽立ちまで写っています。

M10 Monochrom + Summicron M35mm F2 (8枚玉)

M10 Monochrom + Summicron M35mm F2 (8枚玉)
F4 SS1/60 ISO500 銀座

M10 Monochrom + Summicron M35mm F2 (8枚玉)

M10 Monochrom + Summicron M35mm F2 (8枚玉)
F5.6 SS1/4000 ISO160 銀座


カラーなら何でもない写真… …まぁ、モノクロでも何でもないですが…


M10 Monochrom + Elmarit M28mm F2.8 3rd (E49)

続いて、エルマリート M28mm F2.8 3rd (E49)

エルマリート 28mmの中では、第1・2世代の写りとフォルム、非球面を採用する前の第4世代の驚異的な描写に対する人気に押され気味で、ちょっと隠れた存在。
それだけに価格も他よりお手頃なものになっています。

M10 Monochrom + Elmarit M28mm F2.8 3rd (E49)

M10 Monochrom + Elmarit M28mm F2.8 3rd (E49)
F4 SS1/1000 ISO160 銀座

横断歩道の脇から何気なく撮ったのですが、人物の浮き上がり方に驚き。 さすがエルマリート!

M10 Monochrom + Elmarit M28mm F2.8 3rd (E49)

M10 Monochrom + Elmarit M28mm F2.8 3rd (E49)
F4 SS1/100 ISO160 有楽町

M10 Monochrom + Elmarit M28mm F2.8 3rd (E49)

M10 Monochrom + Elmarit M28mm F2.8 3rd (E49)
F4 SS1/250 ISO160 有楽町

M10 Monochrom + Elmarit M28mm F2.8 3rd (E49)

M10 Monochrom + Elmarit M28mm F2.8 3rd (E49)
F5.6 SS1/60 ISO2000 有楽町


カラーだとうるさく感じるガラスの写り込みも、モノクロだと味になる気がします。
瞬間を切り取るストリートフォトグラファーのように気配を消してるつもりですが、周りからジロジロ見られながらの撮影。

M10 Monochrom + Elmarit M28mm F2.8 3rd (E49)

M10 Monochrom + Elmarit M28mm F2.8 3rd (E49)
F4 SS1/60 ISO1250 有楽町



しょうがないので、見えない所に隠れました。 …えぇ、怪しい人です。


M10 Monochrom + Voigtlander NOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VM

最後は、現行レンズのフォクトレンダー ノクトン 75mm F1.5 ヴィンテージ ライン アスフェリカル VM
サイズはコンパクトながら、開放値F1.5という大口径の中望遠レンズ。 価格もお手頃で人気のレンズです。


M10 Monochrom + Voigtlander NOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VM

M10 Monochrom + Voigtlander NOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VM
F1.5 SS1/250 ISO160 銀座


このレンズはデモ機を借りての撮影だったのですが、今回の撮影ですっかり気に入ってしまいました。
立体感といい、ボケの柔らかさといい申し分なしです。
75mmという画角も街中を切り取るのに最適で、35mmとの組み合わせも良好でした。

M10 Monochrom + Voigtlander NOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VM

M10 Monochrom + Voigtlander NOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VM
F4 SS1/500 ISO160 銀座


ガラス越しにマネキンがあるのですが、ピント合焦面が浮き上がって見え、手前のガラスを感じさせません。

M10 Monochrom + Voigtlander NOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VM

M10 Monochrom + Voigtlander NOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VM
F4 SS1/1000 ISO160 銀座

M10 Monochrom + Voigtlander NOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VM

M10 Monochrom + Voigtlander NOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VM
F1.5 SS1/500 ISO160 銀座


遠近感もよく表現され、前ボケも見苦しくありません。

M10 Monochrom + Voigtlander NOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VM

M10 Monochrom + Voigtlander NOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VM
F4 SS1/250 ISO160 銀座



75mmの写真は、すべて銀座の同じ道沿いで撮影したもの。 なんか夢中になってしまいました。
それというのも、M10 Monochromとレンズの相性が良かったから。ストレスなく撮影でき、モニターで確認するたびに「おお…」と感動していました。

そんなこんなで、銀座での撮影は3時間以上… 「ちょっと」ではなくなってしまいました…
(機嫌悪いだろうなぁ…)
途端にカメラが重く感じられてきました。 帰り時です。

帰りには、やっぱりケーキです…
M10 Monochrom + ケーキ
















〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: Leica|掲載日時:2020年03月10日 19時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!13票


桜の季節。

【Canon】桜の季節[2020年03月29日]

少し前に桜の開花がニュースで流れた。 桜の前に立ち止まり、思い思いに写真を撮る人は多い。自分もそんな一人で、休日の空き時間に桜が咲いている場所へ足を運んだ。 使用機材:Canon EOS 5D Mark III + EF15mm F2.8フィッシュアイ 使用機材:Canon EOS 5D Mark III + EF15mm F2.8フィッシュアイ 使用機材:Canon EOS 5D Mark III + EF15...
続きを読む
日録新卒カメラvol6

日録新卒カメラvol.5 ~Nikon D800~[2020年03月28日]

「日録新卒カメラ」は、昨年の春に入社した新卒による短期連載ブログです。 マップカメラで働き始めてから早いものでもうすぐ1年。 入社前から大切に同じ機材を持ち続けている人。 初めて自分のカメラを購入した人。 システムがガラッと変わった人。 いろんなカメラをたくさん集めた人。 十人十色、様々なカメラへの向き合い方があった1年間です。 この連載では各々が持っている機材や、...
続きを読む
M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

【OLYMPUS】お気に入りのレンズで根津神社・桜を撮る[2020年03月28日]

今回は東京都文京区にある根津神社に参拝と撮影に行ってまいりました。 いわゆる「谷根千」(谷中、根津、千駄木)と呼ばれる地域に行くのは今回が初めてです。 また、根津神社は特段、桜の名所というわけでもなく、境内に数本の桜があるだけなのですが、この時期に撮りたい被写体と言えばやはり桜。「桜の写真が撮りたい」「行ったとことのない所で撮影をしたい」という二つの動機から、行き当たりばった...
続きを読む
null

【Canon】日々の写真を覗いてみました[2020年03月28日]

だんたん暖かくなってきて外に出てのんびり歩きたいと感じておりますが それもなかなか難しい日々。 ふと手元のスマートフォンの画像を見返してみました。 毎日持ち歩き日々を一緒に過ごしておりますが、記録として撮って そのままで見返すことも少ないかもと気が付きました。 「Canon iNSPiC ZV-123」を持ち出してみました。 このカメラ、スマートフォンのプリンターとして使うことが...
続きを読む
Nikon F2

日録新卒カメラvol.4 ~Nikon F2~[2020年03月27日]

『日録 新卒カメラ』は、昨年の春に入社した新卒による短期連載ブログです。 マップカメラで働き始めてから早いものでもうすぐ1年。 入社前から大切に同じ機材を持ち続けている人。 初めて自分のカメラを購入した人。 システムがガラッと変わった人。 いろんなカメラをたくさん集めた人。 十人十色、様々なカメラへの向き合い方があった1年間です。 この連載では各々が持っている機材や...
続きを読む