Select Language

【Leica】The World of Monochrome Episode III

[ Category: Leica|掲載日時:2020年03月17日 22時45分]



ライカブティックスタッフがM10 モノクロームをリレーしていく連載ブログ
The World of Monochrom
早くもEpisode IIIです。
Episode IIIと聞くと、なんだか暗黒面の気配が…。

それで、という訳ではありませんが、
モノクロ写真を撮ると、フィルムの頃から黒め(暗め)の写真を撮りがちです。
増感してコントラストを上げて、階調とは何処へ…。という写真ばかりでした。
あの頃の自分は何がしたかったのでしょう。

前置きが長くなりましたが、ご覧ください。
Leica M10 Monochrom + Leica Super Angulon M21mm F4

Leica M10 Monochrom + Leica Super Angulon M21mm F4
F0 SS1/500 ISO400

今回のM10 モノクロームは3代目。
既にM モノクローム、M モノクローム(Typ246)という先達を見て、
本機の階調性や解像感に関しては疑う余地がありませんでした。

そこで私が一番気になったのが
M10 モノクロームスーパーアンギュロンM21mm F4のマッチングです。
Leica M10 Monochrom + Leica Super Angulon M21mm F4

Leica M10 Monochrom + Leica Super Angulon M21mm F4
F0 SS1/250 ISO160

このレンズは後玉が突出している関係で、
デジタルカメラでの使用に制限があります。
カメラ内部に干渉する可能性
測光が上手くいかない可能性
周辺部に色被りが出る可能性
様々な要因から、泣く泣く手放した方も多いかと思います。
しかし白黒なら?
Leica M10 Monochrom + Leica Super Angulon M21mm F4

Leica M10 Monochrom + Leica Super Angulon M21mm F4
F0 SS1/125 ISO160

既に他機種や歴代モノクロームでお試しの方も多いかと思います。
しかしそれでも新しいモノクロセンサーの本機で試したい。
ここまで数枚の写真をご覧いただいてますが、いかがでしょうか。
Leica M10 Monochrom + Leica Super Angulon M21mm F4

Leica M10 Monochrom + Leica Super Angulon M21mm F4
F0 SS1/500 ISO160

モノクロの為、当然色被りはありません。
代わりに周辺減光があります。
後処理でなんとかできると思いますが、
私はこの雰囲気が情緒や郷愁を感じられ好みです。
また、暗室で焼きこみ、このように仕上げた方も多いはず。

ちなみに、スーパーアンギュロン M21mm F4と
スーパーアンギュロン M21mm F3.4、
エルマリートM28mm F2.8 1stのように
後玉が突出しているレンズを使用する際はライブビューでのみ正確な測光が可能です。

Leica M10 Monochrom + Leica Summar L50mm F2 Chrome

Leica M10 Monochrom + Leica Summar L50mm F2 Chrome
F0 SS1/4000 ISO160
個人的モノクロで使いたいレンズの筆頭
ズマール L50mm F2
M10モノクロームの階調性をより味わえるレンズです。

Leica M10 Monochrom + Leica Summar L50mm F2 Chrome

Leica M10 Monochrom + Leica Summar L50mm F2 Chrome
F0 SS1/4000 ISO160
白黒といいながらも白と黒がほぼない程、トーンが豊富で
様々なグレーがあることに驚きます。


Leica M10 Monochrom + Leica Summicron M50mm F2 Rigid

Leica M10 Monochrom + Leica Summicron M50mm F2 Rigid
F8 SS60 ISO160
こちらはお気に入りのレンズの1本
ズミクロン M50mm F2 後期
絞り込み、1分露光を行いました。
空、富士山、雲、山、木、湖、その全てから
豊富なグレートーンが見て取れます。


Leica M10 Monochrom + Leica Apo Telyt M135mm F3.4

Leica M10 Monochrom + Leica Apo Telyt M135mm F3.4
F0 SS1/4000 ISO800
モノクローム×アポクロマート設計レンズの定番の組み合わせも。
雪が舞ってきたので暖かい室内から窓越しに撮影してみました。

Leica M10 Monochrom + Leica Apo Telyt M135mm F3.4

Leica M10 Monochrom + Leica Apo Telyt M135mm F3.4
F0 SS1/4000 ISO4000
この日、東京では桜の開花宣言と同時に雪が降りました。
うっかりISO4000まで上がってしまいましたが、全く気づきませんでした。
実用できそうです。

Leica M10 Monochrom + Leica Apo Telyt M135mm F3.4

Leica M10 Monochrom + Leica Apo Telyt M135mm F3.4
F0 SS1/4000 ISO6400
やはりアポ系のレンズは金属を撮りたくなります。
光沢、反射部分に出やすい色収差がなく、まるで肉眼で見ているよう
いえ、それ以上に艶やかな描写です。


最後にISO12500も。
Leica M10 Monochrom + Leica Super Angulon M21mm F4

Leica M10 Monochrom + Leica Super Angulon M21mm F4
F0 SS1/15 ISO12500
フィルムで増感処理をして遊んでいた頃を思えば、ノイズはうまく抑えられています。
とても気持ちが良い処理だと思います。
かえって粒状感が出て良い味です。


いかがでしたでしょうか。

僅かな時間でしたが、モノクロフィルムを楽しんでいた頃のワクワクが蘇りました。
フィルム時代からモノクロを使っていた方も、そうでない方も
きっとモノクロ撮影の虜になるはずです。

それでは次回
Episode IV ご期待ください。

これまでの『The World of Monochromeはこちら』






〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: Leica|掲載日時:2020年03月17日 22時45分]

面白いと思ったらコチラをClick!9票


Episode II

【Leica】The World of Monochrome Episode IV[2020年03月24日]

各スタッフが使うM10モノクロームの世界。 今回は第4弾。ストリートスナップで見せる陰影の世界。 先代のMシリーズから更に「身体的に撮影」ができるその理由を感じ取って頂ければ幸いです。 今回使用したレンズはCarlZeiss Distagon 18mm F4 ZMとvoigtlander NOKTON 21mm F1.4 Aspherical。 新旧広角対決…と行きたいところですがやはりどちらの良さも際立つ結果となりました。 ...
続きを読む
Episode II

【Leica】The World of Monochrome Episode III[2020年03月17日]

ライカブティックスタッフがM10 モノクロームをリレーしていく連載ブログ The World of Monochrom 早くもEpisode IIIです。 Episode IIIと聞くと、なんだか暗黒面の気配が…。 それで、という訳ではありませんが、 モノクロ写真を撮ると、フィルムの頃から黒め(暗め)の写真を撮りがちです。 増感してコントラストを上げて、階調とは何処へ…。という写真ばかりでした。 あの頃の自分は何...
続きを読む
【SONY / Leica】うちのワンコ

【SONY / Leica】うちのワンコ[2020年03月15日]

わが家にワンコが来て半年になる。 パピヨンと、おそらくジャックラッセルか何かのMIX犬。 年齢は推定3歳の女の子。 元々はブリーダーの所で飼われていたのだが、その環境が劣悪で動物保護団体がレスキューに入り、救い出されたのだ。 狭いケージから出される事もなく、仔犬を産むためだけに飼われていた彼女。 保護された時は今の体重の半分くらいしかなかったらしい...
続きを読む
Episode II

【Leica】The World of Monochrome Episode II[2020年03月10日]

私「ちょっと、写真撮りにいってくる……」 妻「えっ、出掛けるんですか? こんな時に…」 妻が驚くのも無理はない、まさに「こんな時」です。 いつもは、休日ゴロゴロ ダラダラしている私に不満だらけの妻ですが、このご時世、「外出は控えるように」というTVのアドバイスを率先的に守っています。 ならば私も、遠慮なくゴロゴロ ダラダラ… と思ったのですが、今私の手元には「Leica M10 Mo...
続きを読む
Episode I

【Leica】The World of Monochrome Episode I[2020年03月03日]

せっかくのライカブティック7周年、こんなご時世ですがお客様が見て何か楽しめるコンテンツは作れないかとスタッフで話し合った結果、 今回お届けするのはモノクロ専用機としては5年ぶりの新機種であるLeica M10 Monochromでライカブティックスタッフが撮影に臨む「The World of Monochrome」です。 十人十色という言葉にもあるように、十人いれば十通りの色があり、それは人それぞれであるという事...
続きを読む