Select Language

二眼レフは、いかがですか?!  その1

[ Category: etc.|掲載日時:2008年05月16日 12時45分]
「二眼レフ = ローライ」そんな風に思っている方、多いのではないでしょうか?(かく言う私がそうでした)完成度の高さにおいては、ローライがトップクラスに位置することは確かでしょう。でも世の中、本当にたくさんの二眼レフがあるんですね。日本でも二眼レフメーカーの社名の頭文字がアルファベットのAからZまで揃うくらい存在していたというのは、よく聞くお話。それぞれに個性的な仕組みやレンズを備えたカメラがありました。当時のメーカーの創意工夫・柔軟性には頭が下がります。
 で、今回は「フォクトレンダー ブリラント」ってドイツやん・・・ さっきの前ふりは何だったんでしょう・・・

ぶりらんと

 うーーん、かわいい!! 本当にブローニー判って思っちゃいますよね。
 フォーカシングフードを開けると、おーー、スクリーンがめっちゃ明るい! なんだ、この明るさは!! って感動すると、実は素通し・・・ なんと、目測なんですぅ・・・
 まあ、いいじゃないですか。二眼レフなんて今のカメラに較べたら、もともとかなりアバウトなんですから。もっと大らかにいきましょうよ。
 撮影レンズは、アナスチグマット スコパー。こちらはかなり抜けのよいレンズのようです。ピントさえ克服すれば、思わぬ感動が得られること必至!!(「必至」だったら「思わぬ」ではないですね。暴走してきちゃいました。)
 どーでしょう。トイカメラに負けないかわいさで、トイカメラを凌駕する写りが楽しめまる。持っといて損はないですよ!  (文責・イット)多分、続く。

[ Category: etc.|掲載日時:2008年05月16日 12時45分]

面白いと思ったらコチラをClick!266票


猫×男子

【Canon】猫×男子 ~猫とポートレート~[2019年12月13日]

絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:125 / 使用機材:Canon EOS R + RF50mm F1.2L USM Canon RF50mm F1.2L USMといえば、誰もが使ってみたくなるポートレートレンズです。 早速EOS Rと組み合わせて撮ってきました。 今回の被写体は『猫×男子』。 F1.2の極薄ピントと美しいボケ、50mmから得られる自然な画角、そして猫の愛らしさと猫好きのモデルさんの表情をお楽しみください! ...
続きを読む
新品・中古 人気アワード 〜 Vol.5 新品・中古デジタルカメラ 欲しいリストランキング 〜

新品・中古 人気アワード 〜 Vol.5 欲しいリスト 人気デジタルカメラランキング 〜[2019年12月13日]

2019年も残すところ1ヶ月を切りました。今年も数々の新製品が発売された一方で、消費増税もあり、より商品人気の明暗差がはっきり出た1年だったように感じています。 今回からは2018年11月1日~2019年10月31日を対象にカメラ・レンズ・アクセサリなど、各カテゴリーにおいてお客様が「欲しいリスト」に入れたランキングを集計。1年を振り返りつつ、今年最後のお買い物の参考にしていただ...
続きを読む

【OLYMPUS】晴色景色 2日目【E-M5 Mark III】[2019年12月13日]

筆者が写真を撮影しに出かけると大体雨が降ります。 帰り際、僅かに晴れることがありますが、それは稀です。 紅葉も終わりいよいよ冬本番。 今回は『OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III』を使って撮影を行ってきました。 焦点距離:12mm(換算24mm) /絞り:F4 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:200 / ArtFilter:ブリーチバイパスII 使用したレンズはPanasonic LEICA DG VARIO-ELMARIT ...
続きを読む
SONY 『α9II 』『α7R IV』開発者インタビュー Vol.3

SONY 『α9II 』『α7R IV』開発者インタビュー Vol.3[2019年12月12日]

α7R IVの登場によりレンズに求められる性能が更にシビアになったと感じています。ソニーからはハイクラスのレンズシリーズとしてGマスターがラインアップされていますが、6100万画素や将来登場するであろう超高画素センサーに対応はできているのでしょうか? 中西 氏: 以前Gマスターインタビューの際にも少し話させていただきましたが、ソニーはイメー...
続きを読む
SONY 『α9II 』『α7R IV』開発者インタビュー Vol.2

SONY 『α9II 』『α7R IV』開発者インタビュー Vol.2[2019年12月12日]

α7R IVに採用された6100万画素の超高画素センサーは、既にセンサーがあってカメラ(α7R IV)を作ったのでしょうか?それとも先にカメラの企画があり、センサーを開発したのでしょうか? 中西 氏: どちらが先かというようなことは具体的にお話はできないのですが、イメージセンサーのリーディングカンパニーとして、新しいイメージセンサーの開...
続きを読む