Select Language

二眼レフは、いかがですか?!  その2

[ Category: etc.|掲載日時:2008年05月22日 00時00分]
 北京オリンピック開催も間近に迫ったということで(?)、今回は「シーガル 4A-107」と「テクサ オートマット」のご紹介。


 この2台、国籍が違う双子の兄弟です。というと、複雑な事情でもありそうですが、中国製のシーガルを日本のテクサという会社で販売していたようです。
 プラスチックたっぷりの外観とちょっとぎこちない巻上げが、新品定価35700円(シーガル)というお値段に相応しい印象を与えてしまいますが、3群4枚テッサータイプのレンズは「本当に35700円でいいの??」と、買い物をしてお釣を多く受け取った時のドキドキ感にも通じるような(勿論すぐ返しますが・・・)驚きをもたらしてくれます。シャープでヌケも良く、本当にきちんと写るんです、これが。
 スクリーンも、昔の二眼を知ってる身からすると結構明るく全体も見やすいですし、ちょっと二眼でもやってみようかなぁなんて方にも、お試しにちょうど良いかもしれません。
 最近女性の方からも「二眼って、なんかかわいいですよね。どれだったら簡単に使えますか?」なんて問い合わせを多く受けます。機種はたくさんあるのですがそれぞれで使い方が異なり、また時代が古いものばかりで、そうなると本体もレンズも経年劣化を免れません。その点、シーガルでしたら現行品ですし、ローライフレックスに似た(というか真似た)シンプルな操作で、二眼の魅力を十分に楽しめます。唯一、シャッターチャージをする前にシャッター速度を設定するという絶対の掟(じゃないと壊れます)がありますが・・・
 先にテッサータイプで良く写るといいましたが、もっとお値段や外観に相応しくトイカメラっぽく楽しみたいという方には、3群3枚トリプレットタイプのレンズが入ったやんちゃな弟分「シーガル4A-105」がオススメ。どこがやんちゃかといいますと、このレンズ、開放気味で撮ると中心部はシャープなんですが周辺部が流れる流れる・・・ 長時間露光のお星様のような、眼に優しくない写り方をします。風景には向きませんが、これで彼女のポートレイトなんて撮ったらが人物が浮き上がって面白いんじゃないかと・・・ (試す相手がいなくて断言は出来ませんが・・・) ・・・ちょっと悲しくなったところで、北京オリンピックの成功を祈りつつ、続く。(文責・イット)

[ Category: etc.|掲載日時:2008年05月22日 00時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!276票


猫×男子

【Canon】猫×男子 ~猫とポートレート~[2019年12月13日]

絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:125 / 使用機材:Canon EOS R + RF50mm F1.2L USM Canon RF50mm F1.2L USMといえば、誰もが使ってみたくなるポートレートレンズです。 早速EOS Rと組み合わせて撮ってきました。 今回の被写体は『猫×男子』。 F1.2の極薄ピントと美しいボケ、50mmから得られる自然な画角、そして猫の愛らしさと猫好きのモデルさんの表情をお楽しみください! ...
続きを読む
新品・中古 人気アワード 〜 Vol.5 新品・中古デジタルカメラ 欲しいリストランキング 〜

新品・中古 人気アワード 〜 Vol.5 欲しいリスト 人気デジタルカメラランキング 〜[2019年12月13日]

2019年も残すところ1ヶ月を切りました。今年も数々の新製品が発売された一方で、消費増税もあり、より商品人気の明暗差がはっきり出た1年だったように感じています。 今回からは2018年11月1日~2019年10月31日を対象にカメラ・レンズ・アクセサリなど、各カテゴリーにおいてお客様が「欲しいリスト」に入れたランキングを集計。1年を振り返りつつ、今年最後のお買い物の参考にしていただ...
続きを読む

【OLYMPUS】晴色景色 2日目【E-M5 Mark III】[2019年12月13日]

筆者が写真を撮影しに出かけると大体雨が降ります。 帰り際、僅かに晴れることがありますが、それは稀です。 紅葉も終わりいよいよ冬本番。 今回は『OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III』を使って撮影を行ってきました。 焦点距離:12mm(換算24mm) /絞り:F4 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:200 / ArtFilter:ブリーチバイパスII 使用したレンズはPanasonic LEICA DG VARIO-ELMARIT ...
続きを読む
SONY 『α9II 』『α7R IV』開発者インタビュー Vol.3

SONY 『α9II 』『α7R IV』開発者インタビュー Vol.3[2019年12月12日]

α7R IVの登場によりレンズに求められる性能が更にシビアになったと感じています。ソニーからはハイクラスのレンズシリーズとしてGマスターがラインアップされていますが、6100万画素や将来登場するであろう超高画素センサーに対応はできているのでしょうか? 中西 氏: 以前Gマスターインタビューの際にも少し話させていただきましたが、ソニーはイメー...
続きを読む
SONY 『α9II 』『α7R IV』開発者インタビュー Vol.2

SONY 『α9II 』『α7R IV』開発者インタビュー Vol.2[2019年12月12日]

α7R IVに採用された6100万画素の超高画素センサーは、既にセンサーがあってカメラ(α7R IV)を作ったのでしょうか?それとも先にカメラの企画があり、センサーを開発したのでしょうか? 中西 氏: どちらが先かというようなことは具体的にお話はできないのですが、イメージセンサーのリーディングカンパニーとして、新しいイメージセンサーの開...
続きを読む