Select Language

二眼レフは、いかがですか?!  その3

[ Category: etc.|掲載日時:2008年06月06日 08時00分]
 今回は、東京光学機械のプリモフレックス オートマットです。


 前回のプラプラしたものと違い、メカ好きも納得できる重厚感があります。特に革張りされていないフォーカシングフードは、散歩中肩から下げていても自然と手でナデナデしたくなるような・・・(って、メカ好きを露呈していますね。)
 パッと見、ローライフレックスとコードを足して2で割ったような感じ、真似っこと言われてしまえばそれまでですが、クランク式はやっぱり使いやすいですし、コードと同じバヨネットⅠのレンズまわりで、コードのアクセサリーが流用できるのもうれしいところです。(日本の二眼レフって、アクセサリーが手に入りにくくなってしまって、困っている人も多いですよね。)当時の技術者がローライを細部まで研究して、追いつけ追い越せで作った渾身の作品という気がします。
 そう「追い越せ」です。何といってもすごいのが、最短撮影距離65cm!! ローライナーがなくっても近接撮影が気軽にできるんですよ。(この際、パララックスは気にしちゃダメ!) スクリーンも独自の技術で、当時としては明るくピント合わせがしやすいものです。 撮影レンズのトプコ-ル75cmF3.5は、3群4枚のテッサータイプ。シャープさに関しては全く問題なし。
 日本の二眼レフというとミノルタ オートコードを思い浮かべる人も多いと思いますが、使いやすく実用的なプリモフレックス オートマット、程度の良いものを見つけたら「買い!」かも。
 なお「プリモフレックスにふれるんだったら、こっちも忘れちゃいけないよ」のプリモジュニアに関しては、またいずれということで・・・ 続く。 (文責・イット)


[ Category: etc.|掲載日時:2008年06月06日 08時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!243票


Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4

【M42】スーパータクマー 50mm F1.4の魅力【PENTAX】[2020年01月23日]

今回はスーパータクマー50mm F1.4のレンズを使用し、撮影した写真をご紹介します。 使用カメラはCanon EOS 5D Mark IVです。 この日は、よく撮らせてもらっている友人と袴撮影をしました。 豪快なフレア・ゴーストを撮影できるのが大きな特徴のひとつです。 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 あえて逆光で撮影をし...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】ミラーレスで行くさんぽみち~成田参道~ 【Nikon】[2020年01月22日]

先日、久しぶりに成田参道を成田山に向かってぶらぶらと散歩に出かけてみました。 今回のお供はNikon Z50 16-50kitです。 この組み合わせのコンパクトさは素晴らしいと思います。 手元に構えても大きさがまったく気にならない。 グリップのホールディングの良さは歴代のニコンの機体から受け継がれたものを感じられます。 さて、1月の土・日曜日といえば成田の街中は人混みですごいイメー...
続きを読む
null

【Nikon】元祖Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct × 最新NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct の外観を比べてみまし...[2020年01月22日]

昨日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。 本日は歳の差 なんと約42歳! 『新旧 Noctノクト』を最新のNikon Z7に装着し、外観をじっくり比較してみたいと思います。 まずは元祖Noctのプロフィールからご紹介。 このレンズの誇るべきポイントは3つ。 1.サジタルコマフレアを開放から補正 2.6群7枚の変形ガウスタイプレンズ構成 3.線が細...
続きを読む
NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct で開放一本勝負!【カメラを愉しむ vol.9】[2020年01月22日]

受注生産モデルの新生Noct「Nikon NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」 実はこのレンズ、100万円を超える価格帯ながら予約殺到によりメーカーでのご予約を一時休止している希少品! 前回は外観をじっくり観察しましたが、今回はなんと『開放 F0.95』だけで撮影した作例を一挙ご紹介。 開放でも『ピント部の驚くべき立体感』 逆光では『太陽の暖かさを感じるボケ味』 それでは写真をご覧ください...
続きを読む
Nikon Z7 × NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct をZ7に装着してみました【カメラを愉しむ vol.8】[2020年01月21日]

2019年10月12日に受注を開始した受注生産モデルの「新生Noct」。 ノクトニッコールと言えば1977年(昭和52年)に発売された「Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct」。 Nocturne=夜想曲から命名されたと言われ、中古相場では今でも状態の良い個体で60万円近い価格で取引されている伝説のレンズだ。 この伝説のノクトニッコールの歴史を現代に受け継いだZシリーズ用レンズ。 これが今回ご紹介す...
続きを読む