Select Language

二眼レフは、いかがですか?!  その3

[ Category: etc.|掲載日時:2008年06月06日 08時00分]
 今回は、東京光学機械のプリモフレックス オートマットです。


 前回のプラプラしたものと違い、メカ好きも納得できる重厚感があります。特に革張りされていないフォーカシングフードは、散歩中肩から下げていても自然と手でナデナデしたくなるような・・・(って、メカ好きを露呈していますね。)
 パッと見、ローライフレックスとコードを足して2で割ったような感じ、真似っこと言われてしまえばそれまでですが、クランク式はやっぱり使いやすいですし、コードと同じバヨネットⅠのレンズまわりで、コードのアクセサリーが流用できるのもうれしいところです。(日本の二眼レフって、アクセサリーが手に入りにくくなってしまって、困っている人も多いですよね。)当時の技術者がローライを細部まで研究して、追いつけ追い越せで作った渾身の作品という気がします。
 そう「追い越せ」です。何といってもすごいのが、最短撮影距離65cm!! ローライナーがなくっても近接撮影が気軽にできるんですよ。(この際、パララックスは気にしちゃダメ!) スクリーンも独自の技術で、当時としては明るくピント合わせがしやすいものです。 撮影レンズのトプコ-ル75cmF3.5は、3群4枚のテッサータイプ。シャープさに関しては全く問題なし。
 日本の二眼レフというとミノルタ オートコードを思い浮かべる人も多いと思いますが、使いやすく実用的なプリモフレックス オートマット、程度の良いものを見つけたら「買い!」かも。
 なお「プリモフレックスにふれるんだったら、こっちも忘れちゃいけないよ」のプリモジュニアに関しては、またいずれということで・・・ 続く。 (文責・イット)


[ Category: etc.|掲載日時:2008年06月06日 08時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!245票


光害カットフィルター「StarScape」の魅力

【marumi】光害カットフィルター「StarScape」の魅力[2020年02月17日]

α7RⅣ + FE24-70mm F2.8 GM + M100 + StarScape for M100 + ND8 65mm | F8 | 31s | ISO100 東京都江東区にて 古今を問わず、写真撮影の応用として、「特殊な効果」を持ったフィルターは大変人気です。例えば、「C-PLフィルター」「NDフィルター」等はその中でも定番です。更に特殊なものとして、カラーフィルターやソフトフィルター、クロスフィルターなんかがありますが、昨今では夜景を...
続きを読む
null

私の現像レシピ[2020年02月15日]

先日、自分でフィルム現像をしていて本当に良かったなぁと感じたことがありました。 カメラ屋さん「ご自身で現像されたんですか?」 私「ええ、意外と簡単ですよ。」 カメラ屋さん「私も興味がありまして... 暗室でですか。」 私「いえ、暗室がなくてもできますよ。私はお風呂場を暗室の代わりにしてやってます。」 カメラ屋さん「すごい、私もやってみようと思います。」 自家現像...
続きを読む
port

【Lensbaby】創造者に新しい「創造」を。[2020年02月13日]

SONY α7RIII - Tokina atx-m 85mm F1.8 FE 1/80 - F2 - ISO:1600  皆様はLensbabyというメーカーをご存知でしょうか。  アメリカで生まれた、他メーカーにはない独特なボケの表現を可能とするレンズを生み出しているメーカーです。  写真の四隅がぐるぐるボケを生み出すBurnsideや、マクロのようにとても寄ることができ、さらに開放で使うと柔らかいボケを表現するVelvetや、独特な表現を一つ...
続きを読む
新品・中古デジタルカメラ人気ランキング

2020年1月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング[2020年02月10日]

新品デジカメ1月ランキング 1位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ 2位 Nikon Z50 ミラーレス一眼カメラ 2位 FUJIFILM X-T30 ミラーレス一眼カメラ 4位 FUJIFILM X-Pro3 ミラーレスカメラ 5位 FUJIFILM X-T3 ミラーレス一眼カメラ 6位 SONY α7RIV ミラー...
続きを読む
null

【七工匠】衝撃の出会いから1年が経ちました!【カメラを愉しむ vol.11】[2020年02月09日]

衝撃の出会いから、早いもので1年が経過しました。 その衝撃の出会いとは中国製レンズ「七工匠 7artisans」 筆者は「センサー性能」「高感度性能」「顔認識・瞳AF」というハイスペックなボディというのはあまり重要視せず、ボディは「好きな色が出れば良い」と割り切っています。 しかし装着する『レンズ』にはとことんこだわる。 純正AFレンズはもちろん、ライカやカールツァイス、フォクト...
続きを読む