二眼レフは、いかがですか?!  その5 | THE MAP TIMES 
Select Language



二眼レフは、いかがですか?!  その5

[ Category:etc.|掲載日時:2008年06月26日 17時40分]

ジワジワッと増殖中! (・・・って、カビじゃないっす)



 二眼レフ、当フロアでは一時期在庫が少なく、棚1段分くらいに押し込められていたんですが・・・ 頑張りました。 いっぱい集めて集めて、今ではローライフレックスで1段、コードで1段、その他の二眼で1段と棚3段にまで拡張しました。 同時に新しい品や良品クラスも増えてきましたので、一度ご覧になってくださいませ。 勿論、今後も増やしていく予定です。
 そこで、皆様にお願い!! お買い求めになられる方のご来店、通販も大歓迎ですが、お使いになっていないカメラがございましたら、是非お持ちください!! あと、「こんな珍しい二眼もあるんだよ、いいでしょう!」っていうご自慢でも結構です。 我々の勉強のためにも、宜しくお願いします。 



 そんなこんなで今、巷でも二眼レフ、流行ってます! 今月発売の枻出版社刊行「CAMERA magajine NO.7」でも、どーんとローライ特集! やっぱ、ローライといえば、エルスケンでしょうって、みんなローライ持ったら一度はショーウィンドウの前なんかで真似するんですよね・・・ え、しません、私だけ・・・ロングコートまで着込んで撮ったんだけど・・・・・・ あの頃は、若かった・・・続く。  (文責・イット)



[ Category:etc.|掲載日時:2008年06月26日 17時40分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】GoPro HERO7 ~ 立体 4K Drive ~ 【写真を楽しむ6月】GoPro HERO7 ~ 立体 4K Drive ~ 2019年06月24日
目の前に広がる世界とかけがえのない瞬間 【立体 4K Drive】 【GoPro HERO7のHyperSmooth機能】 GoPro HERO 7で最も注目すべき機能は「HyperSmooth」と呼ばれるジンバル並みの手ぶれ補正機能です。 この機能はスタビライゼーション機能と呼ばれ、いわゆる手ブレ補正機能の役目で驚異的な滑らかな動画を実現します。 実際の走行映像は愛車に乗って上から下へ、下から上へまた左から右へ、右から左へとまるで迷路に迷い込んでしまったような感覚で、一度入ったら抜け出す事の出来ない出口の見えない立...
続きを読む
写真展のご案内 〜 『第49回 ミノックス写真展』 写真展のご案内 〜 『第49回 ミノックス写真展』 2019年06月24日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『第49回 ミノックス写真展』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
初夏の森を歩く 【写真を楽しむ6月】初夏の森を歩く 2019年06月23日
私はよく森を散歩するのですが、カメラを持って森に入ると色々な発見に出会えます。 焦点距離:106mm 絞り:f5.6 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 森といえば木漏れ日。 至る所に射し込む光が森の木々をより一層幻想的にしてくれています。 焦点距離:18mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 池、もしくは沼と言うべきでしょうか。 森の妖精でも現れそうな雰囲気です。 焦点距離:250mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 この光景には頬が緩...
続きを読む
null Beautiful Harmonyフォトコンテスト 受賞作品のご紹介 2019年06月22日
いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。 EVERYBODY×PHOTOGRAPHER.com(エビフォト)のフォトコンテスト情報をお届けします! Beautiful Harmony フォトコンテストにたくさんのお写真 ありがとうございました!
続きを読む
水無月の古都 【写真を楽しむ6月】水無月の古都 2019年06月21日
6月某日。 バスは定刻通りターミナルを出発しました。 カバンの中に 【Leica CL】と【エルマリート TL18mm F2.8 ASPH.】 を忍ばせ、 週末の繁華な新宿を抜けて西へ向かいます。 西の都といえば京都を連想するかもしれませんが、今日行く都はこちら。 どこだと思われましたか。 奈良です。 まほろば、ロマン溢れる古代の都。 青々とした緑に初夏を感じます。 木、水、石、様々な質感を表現する描写力はさすがライカ。 身軽な見た目と侮れません。 【ササユリ】は...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]